海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:117分
    監督
    是枝裕和
    脚本
    是枝裕和
    キャスト
    阿部寛
    樹木希林
    真木よう子
    池松壮亮
    リリー・フランキー
    小林聡美
    橋爪功
    蒔田彩珠
    あらすじ
    笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

    「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

    池松壮亮のあたりももうちょっと掘ってほしかったな
    ザ・是枝ムービー。樹木希林が居なくなったときの日本の映画界はどうなってしまうんだろうかと早くも危惧してしまうくらい、樹木希林の存在感にただただ圧倒。映画の中でほんとに生きてるかんじ。あとさ、ここ最近の良い邦画には必ずリリーさん出てるんだよなぁ。。
    樹木希林が最高
    阿部寛のダメっプリも最高
    タイトルはあの歌手のあの歌からだったのね
    樹木希林はニッポンを代表する揺るぎないおばあちゃんだし、真木よう子は本作での"お母さん"と、「そして父になる」での"かあちゃん"を演じ分けてて本当にスゴイ
    大きな事件は何も起こらない。叶いそうにない未来を追いかけてばかりいた、ダメダメな主人公が少しだけ「いま」の大切さを知る。
    非常に日本的な良さ。
    そこかしこにありそうな日常を本当にバランスのとれた素敵な役者さんたちが演じていました。

    さらっとした台詞の中にも、
    すごく深みがあって

    親子、姉弟、別れた夫婦などの絶妙な距離感。

    ラストシーンも印象的でしたー。
    タイトルどおり、海よりも深い愛を描いた映画でした。ただ前半の阿部寛のクズっぷりに終始イライラ!それでも親の愛は、幾つになっても深い。それを十分に感じさせてもらいました。
    最初の親子の会話のシーンから、何処までが台本なの?と思えるほと自然体。樹木希林、阿部寛、小林聡美、リリー・フランキー、真木よう子、池松壮亮….どなたもとても素晴らしかった。
    だからこその説得力で、色々と考えさせてもらいました。
    孝行したい時に親はなし…いや、もっと深い内容の作品でした😅
    日常を表現した映画 しかも妙にクオリティの高い日常
    おばあちゃんちのにおいが手に取るように、、樹木希林また好きになっちゃったな

    このテーマで舞台がおばあちゃんち、というのがすごいうまい設定だなぁ、、と思う
    おばあちゃんちに家族で行ったときって、妙に改めて家族を意識するっていうのある
    >|