海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

池松壮亮のあたりももうちょっと掘ってほしかったな
2016年6月5日、丸の内ピカデリーにて鑑賞。

是枝監督は『歩いても 歩いても』のいしだあゆみと同様、今回はテレサ・テンの歌からのインスピレーションで、この映画を作ったのだろうか?

物語の舞台は、西武池袋線の清瀬駅からバスで行ったところにある団地。
離婚した夫婦と息子、その家族が描かれるが、物語は凡庸。

成瀬巳喜男監督と同様、阿部寛が金欠で姉に金を借りたり、母親などの金をゲットしようとする情けない男として描かれているが、成瀬監督の『杏っ子』における木村功ぐらいに徹底して情けなくしても良かったのではないか?
日本映画の日本映画らしい日本映画って感じで俺は好き
特筆してなにかイベントが起こるわけでもなく
ただ淡々と面白くもない普通の日常があれしていく

脚本の中に常に「あれ」が代用される日常会話が
個人的にとてつもなく好きで
しかもそれを使う各々が自然な所に違和感もなくいい

誰もが素直になれない、強がってばかりで虚勢を張って
本当は弱いのに弱いところを見せられない
理想と現実は違う今、望んだ結果と違う今
「こんなはずじゃなかったのになぁ」という嘆き

息子が父親でありながら息子で少年である所とか
部下の方がしっかりしてるとか
あとはなによりも樹木希林さんの母親がリアルな母親すぎて・・・
団地に一人で住む寂しさ、誰か来ないかなと待ちわびてベランダに出る
老後の人との繋がりをご近所のサークルで得て
でもたまにくる孫達に少ない年金から願いを叶えてやろうとする
たまにくる息子のためにカルピスアイスを2つ作る
そんな本当に本当に些細な所が「母親の愛」だなと思った

別に悲しくなる描写もイベントもひとつもない
本当に淡々と日常が過ぎていく
でも「自分が思い描いていた理想と違う現実」がまさにリアルで現実で
きっとみんな同じように思っているんだろうと思うが
ここで泣いてしまうとようは「自分の今の生活に悲観している」とも思えるから
あまり泣いてしまうのは嫌だなと思うんだけど・・・
それでも色々なことが今までの自分にも引っかかってきて
言葉には表しにくいけれども心にじんわりと響いてくる映画

それにつけても良多は哀れで弱くてクズなヤツだけどなw
自分がダメなことを時代のせいにしてね・・・
mk

mkの感想・評価

3.5
記録
がんばって働いてるのに金にならない。せっかく手にした金をあっという間にギャンブルで溶かしてしまう。部下に借りた金まで。
おかんに小遣いあげるために姉ちゃんに金を借りる。そんなおかんの家でコソコソへそくり探し。
別れた妻はいけ好かない成金野郎とデキてる。大好きな息子にお金大丈夫?と心配される…。

なんとも見ていて苦しかったが、アベちゃんだとクスっと笑ってしまう。カウリスマキっぽい悲哀。
池松くんがとってもやさしい部下だった。どうか彼をがっかりさせずにがんばって!と思ってしまった。
このふたりの浮気調査の場面に登場する、松岡依都美という女優さんがわたし結構好きです。ちょいブサなんですが、めっちゃエロい。アバズレっぽい役がめちゃくちゃハマります。もっといい役でいっぱい出てほしいなぁ。
リリーフランキーこわかった。

歩いても歩いてもとほぼ同じ役柄の高橋和也もとっても良かった。あれ?お兄ちゃんじゃないんだっけ?と思ったら、それは父になるやつの方でした。

おいしそうな希林さんの料理があまり見られなかったのが残念だけど、あのカレーうどんはおいしそうだった。
廣野

廣野の感想・評価

4.1
「歩いても 歩いても」とキャストと家族の話が似通っているのですが全然違います。
こっちのがコメディタッチですね。

阿部寛がダメ父親(ギャンブル、金無し)なのですが、息子と元妻への愛はしっかり伝わる分、憎めないです。
saeco

saecoの感想・評価

4.0
良い言葉がいっぱい。
3lO

3lOの感想・評価

4.0
家族の繋がりになんだかうるっとくる
急に死にそうな声出したり急に元気になっちゃうおばあちゃん
失ってその大切さに気づく愚かな男
素直で真っ直ぐな慎吾
凄くいいなあ
うて

うての感想・評価

3.9
生活感がものすごくリアル。
久しぶりにお父さんに会いたくなった
>|