海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

池松壮亮のあたりももうちょっと掘ってほしかったな
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

4.0
 一度賞を取ったものの売れず今は探偵をしながら書いている小説家。ギャンブル好きで妻とも離婚した彼だが、元妻と息子には未練ありあり。そんな元家族が団地で一人暮らしの祖母宅に台風の夜を過ごすことになる。

 是枝裕和監督のテーマである血縁なき家族と家族的なものがよく描かれている。親子は好き嫌いを超えて血のつながりがあって似ていて、しかも一生関係が消えない。逆に夫婦なんてものは家族であっても吹けば飛ぶような関係性でもあるわけだけど、そういう血縁なきつながりが大きかったりもする。しょうもない主人公を軸にそういう二つの家族の縁を描いていて、色んな関係性に目がいく。
 舞台は清瀬駅周辺のいわゆる昭和の団地で、かつての家族の場所の象徴だった場所。そういうとこもうまいなぁと思う。

 別に何も起きない、感動もないんだけど見てしまう。静かな家族の映画。
TRB

TRBの感想・評価

4.3
是枝監督作の中でも個人的お気に入りの作品。

自分に言い訳をして前に進めない主人公がどこか自分と重ねて見てしまう。
大きな事件はおこらないですが、誰しもが抱いてる理想と現実の狭間で揺れ動く日常をユーモラスに描いています。

嵐が去った後のシーン、そこからのハナレグミは最高に好きなラストシーンの一つです。

是枝監督、パルムドール本当におめでとうございます。
akira

akiraの感想・評価

3.5
記録。家族のめんどくささが愛だなって感じ。
おもろかった。
1234

1234の感想・評価

4.5
ちょーおもしろい はじめて是枝を心の底からいいと思えた
序盤『珈琲時光』ぽい質感 むこうよりセリフの間がみじかいけど こっちはすぐ人間関係のゴダゴタになっちゃうけど
けどそこらへんもよかった
「アレ」の多用てなにかと思ったけど観て笑った
台風の最中に団地でみんなで料理するとこあざといがグッときた
真木よう子がほんとうに嫌そうな顔で「あなたと人生ゲームなんてシャレにならないわ」最高
阿部寛のしょーもなさに既視感(誰とは言わないが)
あくまでも通俗映画に落ち着くのがいいとこでもわるいとこでもある
埼玉が舞台なのに海とはこれいかに? 樹木希林の象徴的なセリフがでてくるが、台風と絡めたほうがよくない? "After the Storm"(英題)のがいい
tamai

tamaiの感想・評価

3.9
平凡な話の中に、胸に響く台詞がいくつもあった。

20~30年後、中年になった自分がこの映画観たらどう思うんやろ。なりたい大人になれてるといいなぁ。
>|