海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

樹木希林が最高
阿部寛のダメっプリも最高
タイトルはあの歌手のあの歌からだったのね
NOa

NOaの感想・評価

3.8
鑑賞記録
Takhio

Takhioの感想・評価

4.5
「なんで男は今を愛せないのかねえ いつまでもなくしたもの追いかけたり かなわない夢見たり そんなことしても人生楽しくないでしょう」
--------------

微妙にネタバレしてるかもしれません。でも多分してないと思いますが嫌な人は...。




ストーリーといい情景描写といいセリフといい、溢れ出る重松清感......。「夫婦の形」「野球」「すれ違い」「父と息子」....こんなん重松清やんけ.....。

禅宗の言葉に「知足」という言葉があります。足るを知る、つまり自分の身分を弁えて、貪りの心を起こさぬという意味ですが、極めて難しいことです。

心の中ですっぱり断ち切ろうと思っても欲というのはなかなか簡単にカラダから離れてくれるものではありません。離婚した妻への未練、元嫁の新しい彼氏への嫉妬、ギャンブル欲...阿部寛は本当に見事に、「ダメ」な男を演じています。しかしどこか応援したくなってしまうところがあるのはギャンブルも元嫁へのストーカーも全て愛する人のことを思ってのことだから。野球で使うスパイクを買ってあげたい、どこの馬の骨かもわからないクソ男に自分が愛した人を取られるのが心配....そういった心持ちがあのような行動を起こしてしまうのです(もちろんそれはめぐりめぐって自分の為であると言えてしまうし、だからこそ姉も元嫁も彼を突き放しているのですが)。どうしようもないほどの情けなさが、彼をドクズだと一言のもとに否定出来ない気もします...矛盾してるようだけど多分共感してくれる人いるんじゃないかなあ。

「女性の恋愛は油絵である」とある人物のセリフがあります。新しい色をつけたら前の色は見えない。キャンバスには残ってるけれど新しい恋が始まれば(一旦は)見えなくなるのだ、と。
男性の恋愛は水彩画なのでしょうか.....。これは感ずるところ有りで涙ちょちょぎれです....。

「振らなきゃ当たらないだろ」「フォアボールを狙ってたんだもん」という重松清もびっくりの重松清感溢れる応答がありますが、もし自分に息子ができて「フォアボール狙ってたんだよね」って言われたらなんて答えるかなあとしばらく考えました。
自分が歩んできた道もまさにフォアボール狙いの人生。それを否定するつもりはないけど、やっぱりスポーツで、そして小学生でフォアボールは狙って欲しくないなあと最初は思いました。でもなんでフォアボールを狙ってはいけないんだろう、どうして年少者が安定を求めると人は批判するだろう、そう考えると分からなくなってきます。根性で上を上を目指せという日本的な考え方なのだろうか...それとも今までフォアボールを狙ってきた大人たちが同じ道を歩んで欲しくないから子供に諭すのだろうか...。

テレサテンの歌が流れるシーンがいちばんのお気に入り。何度もみたくなるスルメ映画です、、、。

是枝監督作品のキャストは本当にお芝居が見事です。真木よう子の棒読み感もあの役柄には合ってる気もします。笑
樹木希林はもう、樹木希林が泣いてるだけで僕も涙腺緩むくらいに怪演です...。
MJ

MJの感想・評価

3.7
記録
👼気まぐれ過去鑑賞作品補充分👼2018/2/16(金)

🎥『海よりもまだ深く』


2016/5/21公開


🐚鑑賞日・・・・・2016/11/12
映画館🎥




だいぶ楽しみを取っておいて
こだわる😘日取り📅に
こだわる😘映画館で鑑賞😂✨🎊
願いも込めて🎋
➡叶ったし❗🙌🎊👏(笑)ワァオ💕💃


是枝監督が学生時代に
フェリーニの🎥『道』を鑑賞して
感じてしまった😲映画館で🙆


ラスト、
ハナレグミ🎼がいい感じに入ってキテ
号泣でした😭


with misako thankyou😘🍛
素晴らしい!
日常を上手く切り取ってて、いや考えてみたら日常を上手く切り取ってるってだけで本当に凄い事だよ。

それぞれの家のルールや食べ物があるみたいに、最初のシーンの変なアイス(後に何かが分かるんだけれども)を阿部寛が食べづらそうに食べてるシーンだけでなんやねんあれ、と思いながらああ、なんか良いなぁと思ってしまった。
映画を見てると言うよりどこかの家族を覗き見してるみたいで是枝さんの作品て本当に自然で凄いなぁぁと改めて凄さを感じた。

阿部寛のダメな父親らしさ、樹木希林さんの自然さ。「幸せってのは何かを諦めないと手にできないものなのよ」名言やわ。
真木よう子、リリーフランキー、池松壮亮、小林聡美、他キャストも味があって全員良い。キャスティングって本当に大事。
そして主題歌ハナレグミの深呼吸めっちゃ良い曲!ばっちり映画とハマってる!

個人的に阿部寛が凄い自分と似てて感情移入しまくりやった。
また阿部寛と同じ年齢になって見ると違う見方になると思う。なりたかったものになれてるか。なりたい人になれてるか。
人生は海よりもまだ深い未知の世界。
本当に緩やかにすすんでいく。
こんな日常が毎日どこかにあって、
海よりもまだ深い様々なカタチが、
全国のどこにでも普通にあるのだろう
なと感じた。
全然特別じゃなさすぎて、凄く自然に
入ってきた。
23:50からみはじめるには、丁度いい映画。
bellecats

bellecatsの感想・評価

4.2
樹木希林さんさんが
とにかく最高です。

一番好きなのは
シャツに飛んだカレーを
ふきんに唾つけて拭くシーン
おばあちゃんあるある。笑

あとは息子が植えた木に
実も花も付かないわって言うシーン

阿部寛との掛け合い最高。

普通の家族をこんなに作品として
描けるってすごいです
y

yの感想・評価

3.9
家庭には向かないお父さん。
小説家目指して給料も低い。ギャンブルにハマる。元妻や母にも迷惑を掛けっぱなしな役を演じる阿部寛。
不器用ながらも父親としての姿を見せたがる様子や、男として示す姿は好きかなあ。
どうせ叶わないだろう。と諦めるよりも夢を追いかけている。
「お父さんはなりたい大人になれたか。」
との息子からの問いに、
「まだ慣れていない。」

ここの『まだ』というところが印象的であった。
きっと元妻は違う男と新しいスタートを切るのだろうし、母もそんなに長くない。
夢である小説家も現実的ではなく、探偵でも生計を立てていくのは難しい。
そんな難しい時期を切り取った静かな、そして観ている人の心の寂しいところを少しくすぐるような作品でした。
>|