海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

樹木希林が最高
阿部寛のダメっプリも最高
タイトルはあの歌手のあの歌からだったのね
Riku

Rikuの感想・評価

3.8
なんでもないような日常なんだけども、小さなイベントの積み重ねが振り返ると家族の思い出になるんだなって。こういうダラッと時間が流れるような映画は好きです。

やっぱり不器用な男を演じる阿部寛は良いです。

エンディングのハナレグミ「深呼吸」はスーッと染みてくる。
総じて気持ちが楽になり、心が浄化されるような作品です。
ええ映画や〜なんて面白いんや〜
人間って哀しくて可笑しくて優しいねぇ〜ってしみじみと沁み入る是枝監督らしい人間愛が詰まった映画でした。

妻と別れ、月に一度の息子との時間を糧にどうにか生きてる、かつて一度は輝いた小説家、今は兼探偵。もちろん金は無いw
そんなどうしようもない阿部寛演じる良多がこの期に及んで捨てきれないプライド。夫として、親父として、息子として何とか破れた穴を取り繕おうともがく。けどその場凌ぎの繕いはまた新たな穴を生むw切ない!

〝人生どこで間違ったんやろ〟こんな風に思ったことある人は少なくないと思うけどそんな嘆きに優しく道標を示してくれるようなそんな映画でした。池松君や樹木希林とのやりとり、会話の端々に感じる哀愁がめちゃくちゃ痛い。池松君のちょっとナメてはいるけどそれなりに慕ってる視線の感じとかスゲェ生々しいw
他にも普通な演技ができる役者さんが脇までビッチリ揃ってるので普通の会話がひたすら楽しい!この隙の無いキャストはホント見応えあるし、なんと言っても樹木希林!
やっぱ自分、樹木希林がダメなんですよ〜なんかわからんけどもう無条件で泣けてくるwなんなんだこのシンミリは〜!終盤の希林無双にはノックアウトです。やられました〜

うちのオカンだってそう遠くない未来にいなくなるんやから話せるうちにいっぱい話さなきゃアカンな〜ってしんみりしちゃいましたw樹木希林サンキュー!
まりこ

まりこの感想・評価

3.5
印象に残ってるのは
息子がフォアボールが好きなことくらい

エンディングがハナレグミなのは驚いた
夢へと踏み出す身振り。海よりも深い感情体験の震度を持たないでいる生活。息子とその親。叶えたい夢を自分の子に託す身振りもまた、親の典型である。子どもであり、大人であるようなとは、情けない父親の意思を意図せずして継承しているようで、滑稽だが、深い滋味がある。もうわかっていることをあたかもわかっていないかのように振る舞うことで抵抗するのは、情けないながらもとても痛切な人間味を看取せられる。団地でいずれ確実に死にゆくであろう母親が手を振っている光景は、なんともいえず台風一過。夢の終わり。とりわけ、あの遊具の中での語りは、語った直後に失効していた現実を自覚しなければならない父であり子である篠田良多の胸中は、ぜひ忖度していただきたいところ。
タツラ

タツラの感想・評価

4.0
色々考えさせられる映画

こういうベタだけど最後の質屋のくだりは泣ける

エンディングのハナレグミの曲も良かった
takuro

takuroの感想・評価

3.9
自分は人生の主人公であるべきだが、何事においても描いている理想通りの人生が送れるとは限らないし、なりたい自分にそう簡単になれるわけでもない。
そのときに、そこで終わりではなく、新しいことに楽しみを見出したり、新しい理想や夢を見つけたりしながら、自分を更新していき、少しずつでも前に進んでいけるような、過去でもなく未来でもなく今を大切に生きていくような人生は素敵やなと感じた。
その時々において、やっぱり挑戦は必要不可欠である。

篠田良多(阿部寛)は、小説家を目指し、日々を過ごしているが、一度島尾敏雄文学賞を受賞してからというもの、なかなかうだつが上がらない生活を送っていた。

小説家としての生計を立てることができず、小説のリサートと称して、探偵事務所で働き、親や周りからお金を借りながら、子供の養育費を工面するような生活。

お金を稼いだらギャンブルに使ってしまう、という世間から見ると典型的なダメ男ではあるが、何か放っておけない人物像。
阿部寛はやはりこういう役演じたら間違いない。

映画は、別れに至っていたタイミングでのスタートであったが、良多と響子(真木よう子)が別れた理由は、言葉しなくてもストーリーを追うごとにわかってくる。

良多にとって、月1回、養育費を払うことで会うことができる息子(吉澤太陽)と会うことができるのが、楽しみの一つ。
不器用で、自分の理想を追いかけながら生きていくが、思うようにはいかずに、それでいて夢を諦めることができず、とはいえ向き合って頑張ることができず、自分を取り巻く周り(時代や環境、人)に責任転嫁して、どちらにも振り切ることができない。

そんな中でも人生において楽しみがあるだけで、生きていく意味が生まれていくし、そのために手段を問わないにせよ、息子のために何かをしてあげたいという父親らしい面も徐々に生まれてくる。

「夢」や「理想」というものは、挑戦(真剣に目指すことを)しないと諦めることもできない。
良多は挑戦できずに、背けながら中途半端にずっと生きているからこそ、なかなか前に進むことができていなかったんだろうなーと。

人は誰かに支えながら生きていくものであるが、年を重ねるごとに支えて生きていくことも増えてくる。
夫婦こそ、まさに支え合いではあるが、良多にとって支えられることはあっても、支えることはできなかった。

支えられながら一人で生きていくことは、年を重ねても自分を心配してくれる誰かがいることで、何とか生きていくことはできるが、家族として暮らすことになると、やはり愛だけでは難しく、お金も必要であるし、支え合いというのが大切になる。
そこが良多の母(樹木希林)と響子の会話や良多との会話で伝わってくる。

また、人は当たり前であったそばにいる人がいるときではなく、いなくなったときに途端に愛おしくなることがあって、大切にしたいと思えるようになったり、後悔したりする。
何でそのときにできないんだろうなー人って。

幸せを掴むためには夢を諦めないといけないと悟る良多の母とそこになかなか頷くことができない良多のシーンが印象的。
良多の母は似たような夫がいたからこそ、人生を長く歩んできているからこそ、悟ってはいたと思うが、どちらかというと「色んなものに逃げずに向き合って夢を追って、諦めるか掴むかを選択して、とりあえず前に進むことが幸せに繋がること」を伝えたかったんじゃないかと思う。

男性と女性、それぞれからの人生の生き方と転機の捉え方、人生の進み方がしっかりと描かれていた、是枝監督らしい作品。

生きることにおいて、参考になるような名言がたくさん出てきて、捉え方も人それぞれによって異なると思うので、会話の節々まで聞き、意味を考えながら鑑賞することをおすすめします。

最近、是枝監督ブームがきてます!!

中村ゆり綺麗だなー。
大人な色気あって素敵だった。
池松壮亮もよい味出してたし、リリーフランキーは安定。

良多の母が言っていた、「海よりも深い愛」ってどんな愛なんだろう。
是枝監督の映画っぽい映画で
私はこの雰囲気好き
宝くじ当たればいいのになぁ
hanako

hanakoの感想・評価

-
阿部ちゃん、どうしようもない男。母親がカルピスで作るアイス。多分プリンか何かの容器だ。当たり前のように食べる息子。長い間の日常だったんだ。何も起こらない。こわい映画ね。
>|