海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

Eriko

Erikoの感想・評価

3.3
万引き家族見る前にみたかった作品。やっぱり自然な演技を引き出す力があるなぁ。ほっこりする。ダメお父さんと離婚した妻と息子。ちょっと羨ましい部分があった
たね

たねの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

樹木希林さんの演技力ってマジすげぇ。と思ったのが1番。
男はどうして今を生きられないのか。過去の想いとか、まだ見ぬ未来のことばかり考えて、今を一生懸命に生きられないのか。
という感じの樹木希林さんのセリフに、なるほどなと。
海より深く人を思ったことないけど、それでもだから幸せに毎日を過ごしてるというセリフも、目からウロコでした。
阿部寛さんのダメ男はとても上手に演じていて、途中、マジクソやなとか思ったけど(笑)、子どもと元嫁のことをまだ愛してたんだと思うと、それもまた良かったです。
やっぱ、こういう映画、好きかもしれない。
役者一人一人の味が出てて、特にやはり樹木希林とリリフランキーは是枝監督の映画には不可欠
namimaro

namimaroの感想・評価

3.8
離婚した夫婦と、息子を取り巻く家族のゆったりとした話。
小説家の元夫はキャンブラーで、小説の仕事もなかなかなく探偵事務所と二足の草鞋を履いていて、妻は息子を連れて出てしまった。
養育費の受け渡しと、息子が祖母や元夫に懐いているため、交流は結構している。
妻は新しい彼がいるが、元夫を完全には嫌っていない様子。
祖母の家に台風の日に泊まる。元夫は息子に宝くじやスパイクを買ってやったりする。
そんな間柄の人々の日常を描く。
何が起こるわけでも無い、どこかにいそうな家族の話。しかし、それぞれの人の描き方が良く物語に入り込めた。
新しい彼と結婚したのだろうか、後日談が気になる…。
yk

ykの感想・評価

3.9
樹木希林さん、さすがですね
yyk

yykの感想・評価

3.0
樹木希林の演技の自然さ…
Mipolun

Mipolunの感想・評価

3.3
う~ん、想像していたのとは違かったけど樹木希林さんの演技ってやっぱり自然で好きだなと再確認できたかな。
樹木希林演じる ダメな中年息子を持つ母親の表情、そしてちょっとした仕草がただただ素晴らしい「幸せってのはねぇ、何かを諦めないと手にできないものなんだよ」「何で男は今を愛せないのかねぇ」
子供の頃の自分が描く大人になれているのだろうか…
yuta

yutaの感想・評価

4.0
良い映画でした。徹底的な生活感というか、是枝監督の醸し出すこの空気感はやっぱり心をホッとさせるというか、ちょっとだけ元気にしてくれる。やはり家族をテーマにした映画なんだけど、みんななりたい自分があって、それを諦めて生きていたり、諦めずにもがいていたり、そんな人の生き方についてもふんわりと考えさせられたり。キャストが一人残らず素晴らしい。柔らかくて、温かくて、小さな世界で生きる家族の話。リリー・フランキーが社長で池松くん、阿部ちゃんが同僚の探偵事務所なんて働きたすぎるな。
sn

snの感想・評価

1.0
是枝作品は日常会話で話しが進んでいき
ストーリーの大きな起伏がないので、
ハマればはまるが今回はいまいち…

だが、樹木希林さんの演技力には感服するし、
劇中の家族の会話がすごく自然で
是枝作品の常連役者達の演技は見事だ。

「こんなんじゃなかった」
と思わずに生きていけるよう、
過去や未来ではなく『今』の選択や行動を
大切にしていこうと強く思う。
>|