また一緒に寝ようねの作品情報・感想・評価

「また一緒に寝ようね」に投稿された感想・評価

みず

みずの感想・評価

4.0
すごくよかった。現実から逃避したり、向き合ったりしながら、何かあっても何も無かったように振る舞いながら、上手に生きる術を探している。
稲生

稲生の感想・評価

-
賛否両論
なっちゃんはまだ新宿 予習用

このレビューはネタバレを含みます

さすがは首藤監督。男女の関係性や距離感の描写がやっぱりリアルというか非常に現実っぽいありふれたナチュラルです。

特に小西先輩との関係。池田夏海(役名は失念)はもちろん小西さんから行為を寄せられていることを知りつつも好きになれない。小西さんとの過去も思い出せない。

そこらの恋愛ハウツーには「好きな人には好意を伝えてデートに漕ぎつけよう」なんて書いていますが現実はこんなところだよ。

また、はたから見るとクソニート幻覚症の荻野より小西の方が男として良さそうなのに池田夏海の彼氏はあくまで荻野。浮気されても荻野。

着メロに歌詞をつけて歌う池田夏海のまあ可愛いこと。演技が下手!なんて意見もありますが、池田夏海であることに魅力があるんです。キムタクはどんな演技をしても所詮はキムタクだけど魅力的なのと同じです。池田夏海って普段からまるでオレンジデイズのようにキラキラした生活を送っていて本当にあのテンションで軍艦じゃんけんをやってそうな感じが最高です。首藤監督の世界観には池田夏海が適任です。

モテる女の子を好きになっちゃった男性ならこの映画がよくわかるのではないでしょうか?と考えると、男性的視点がないと取り入れ難いシーンがたくさんあります。こんな映画が作れるなんて首藤監督すごい。監督自身、変わった恋愛遍歴がありそうです。

でも最後のセリフなんてやっぱりピチピチの女子大生にしか思いつかないだろうし、首藤ワールド全開のこの映画は首藤作品でナンバーワンです。
こ

この感想・評価

3.0
『さよなら沢田先生』から明らかに成長具合が感じられた。演技やシーンの繋ぎには違和感を感じなくもないが、それも監督の味というかわざとなのかなと感じた。
仕事で精神的に追い詰められ幻覚を見るようになった男。
そんな彼と同棲を続ける彼女。
彼女がその逃げ口としているのが高校時代の同級生。

話的には凄く面白そうだったんだけど、とにかく全員演技が下手!!
その下手さが気になってストーリーに集中できんかったわ(笑)
T

Tの感想・評価

2.6
全編にわたり、気味が悪い演出と編集。病院の天井にコウモリがいる、と言っておかしくなり、会社を辞めた男と妻。そして浮気。俳優らの演技は言わずもがなだが、不自然に短いショットが本当に気になる。「あなたの前でした我儘言えないんです。でもそれは、あなたのことがどうでもいいからなんです。」、染みた。「コウモリなんていない」って言えないような相手と一緒にいることの意味とは。
穂洋

穂洋の感想・評価

3.0
2017/12/06@下北沢ライブハウス近松
日常を描いているシーンでも、何か悪い夢を見ているようなどこか不穏な印象を受ける
カメラワークとシーンの繋ぎ方がかなり独特

好きな人とのあれこれを全部覚えててそれに幻影を見てる人とその人に興味がないから昔のことは何も覚えてない人のすれ違いが痛い

荒々しいようで、登場人物のキャラは立ってるし細やかな感情も描けてる

本編が終わって、エンドロールで「え?何を見せられてたんだ」ってなるけどなぜかクセになる、もう一回観たくなる
不思議な魅力を持った作品
主演の池田夏海さんもとても魅力的
keiko

keikoの感想・評価

-
首藤凛ワールド
>|