Gaku

ある戦争のGakuのレビュー・感想・評価

ある戦争(2015年製作の映画)
4.0
戦争映画の中でも、とてもリアルで丁寧な作品だと思った。ストーリーや役者の演技はもちろんのこと、小道具や演出も過度なものはないが緊迫感を感じさせるとこがリアルさを感じさせているのだろう。
組織のリーダーとして、戦争法の上に立つ軍人として、一人の父親として、主人公は様々なジレンマを抱えながらも、自らの真面目な性格を貫き、子供の前では弱さを見せない。出来事に正否や意味はない。その現場に立たされていたのは、他の誰でもなく、現在の自分でもなく、その時の自分だから、後から振り返らないと整理できないのだ。
登場人物も華美ではないが、非常に皆かっこよく映っていたと思う。