ドント

天国はまだ遠いのドントのレビュー・感想・評価

天国はまだ遠い(2015年製作の映画)
3.7
2015年。いい…………。『ハッピーアワー』で世界に衝撃を与えた濱口竜介。是枝監督に隠れちゃったけど、実は今年のカンヌにも出品していた彼が撮った38分足らずの短編映画。これは何も知らずにご覧ください。私は何も知らずに観て度肝を抜かれました。
ちょいと変な状況に、合成もCGも使わず真正面から生真面目に攻め込み、惚れ惚れするような視線劇と構図をもってして、一歩間違えたらギャグになりそうな内容をこれ以上なく美しく仕上げていて本当にびっくり。
長回しが効いているし、撮る者/撮られる者/眺める者をいっぺんに画面に映しちゃうとことか、見えてる人を見えないまま進めちゃう度胸とか、溜め息が出るくらい見事。台詞が多い気もするが、やはり映像作品において台詞は映像を支えるモノなんだなぁとひしひし感じた。すごいなぁ~。