ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~2018年製作の映画)

Midnight Sun

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

あらすじ

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ち…

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ちていく。

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」に投稿された感想・評価

Ta

Taの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

結論、とても爽やかな青春恋愛物語で、観てる側がこーいう恋愛したい(亡くなるのはなしで、、)と思わせるのに、十分な雰囲気。

パトリック・シュワルツェネッガーの演技含めて、キャスト全員がストーリーにはまっていたように思います。

鑑賞後少し考えてみたけども。
嫌みなキャラクターがいないことも、気持ちよく観ていられる理由なのかもしれない。
全員がキレイな素直さで、行動している。
また、冗長なシーンがないことも良いのかと。

邦画版は観ていませんが、、邦画ではきっとこの手の病気物でさっぱりとした最期やその前後が描かれることはないように思います。
(命への執着や、抵抗、本人・周囲の悲しみはあって当然なわけですが、予想がつくし、映画でまで、そんな苦しいシーンはもう観たくない。というのが個人的思いです。)

ともかく、DVDが発売されたら、また観たいと思う映画でした。
日本でめちゃめちゃ流行らないのは、宣伝が足りていないのでしょうか、、、?
KIDO

KIDOの感想・評価

3.8
シュワちゃんJr. めちゃくちゃすてきじゃんかようう!

前ならたぶん2人の様子にキュンキュンしてなんてすてきなんだーと思ってただけなんだろうけど、難病のケイティを見守るお父ちゃんや友だちの愛情深さにぐっときた。泣けた。

それにしても上映館数が少なくて、なんだかもったいない気がする…
たくみ

たくみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

今回は珍しくネタバレで書きます。

観た後で知りましたが、これって邦画のリメイクなんですってね!オリジナルはノーチェックだったのでどうか知らないんですが、まぁ一言で言って「普通」ってのが正直なところ。

何よりも彼女が大好きな彼に病気の事を伝えていないのがどうにも理解できないので、共感度がだだ下がり。

もし自分が大好きになった人から「実は太陽の下に出れない病気なの」って言われたら、正直そんなにショックですか?だって夜なら会えるしデートも出来る。もう会えないって言われるより100万倍マシだと思いませんか?全然許容範囲だと思いませんか?

もちろん病気の事は気の毒だし、大変だろうとは思うけれど、それで相思相愛の人をあなたなら諦めますか?そして自分に負担をかけまいとして、病気の事を秘密にしていたその人をどう思いますか?

もしかしたら自分の感覚がずれているのかもですが、大好きな人に夜しか外出出来ないと打ち明けられたら。。。自分の反応は多分こうです。

「ふーん、じゃあ昼間のデートは諦めるね」

元々ヒロインは太陽の光に当たらなくても命は長くなかった?でも映画からはそんな設定は見えてこなかったし、彼女があんなことになってしまったのは、病気を彼氏に話してなかったせいだけに感じられました。

と言うわけで、なんか釈然としない作品でしたが、一応切なさは伝わって来たので評価は★★★。シュワJr.も良かったですよ。お父さんに似てるけど、もっとイケメンですね!個人的にはイーストウッドJr.よりシュワJr.のこれからに期待したいと思います。
MasakiMiyu

MasakiMiyuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

なんとなくストーリーは分かっててもぼろ泣きしてしまう。最後のラジオを聴くお父さんのシーンに一番泣いてしまった。
ユタ

ユタの感想・評価

4.0
ハッピーサッドな感じ。とても良かった。そして、とても美しい映画だった。
新宿ピカデリーにてジャパンプレミア。パトリック・シュワルツェネッガー来日。
ごてふ

ごてふの感想・評価

3.6
新宿ピカデリーにて。平日夜の部。観客は9割が女性であったが20名強と閑散。オリジナルの邦画は公開時に鑑賞。難病・悲恋モノはシンプルな造りに限りますな。儚くも短い恋に懸けるふたりにどれだけ感情移入できるかでありましょう。シュワちゃんの息子は武骨なようで繊細さがあり。口元など父親そっくり。日米ともにヒロインが「かごの鳥」そして「明け方までのシンデレラ」状態であり、ストリートシンガーであることが肝。ベラ・ソーンも決して悪くなかったが、華奢な少女だったYUIちゃんに比べると少々分が悪い。まぁ贔屓目もありますが。
samiam

samiamの感想・評価

3.0
切ない、シンプルなストーリーで悪くないです。

でも演技が。。。
ギター弾かないんだ。。。
唄も口パク(死語?)なんだ。。。
いいモチーフなだけに残念。。。

お父さんが宇梶剛士に見えてしまって。。

エンドロール見てたら、有名な俳優の名字が出てて、もしやと思ってググったら、息子さんなんだ。。知らなかった。
jpx

jpxの感想・評価

4.1
切ないんだけど明るくなれる素敵な映画でした。台詞の言い回しや、音楽も素晴らしかった。なにより登場人物がみんな良い人。シュワちゃんの息子も最高でした。
Aaaaa

Aaaaaの感想・評価

3.5
最初はイケメンのゴリゴリのパトリック・シュワルツェネッガー目当てだけやったけどラストの追い込みが凄い。
ラジオのとこそうやろなって想像してたけど涙がとまらんかった😩
ええ娘やしええお父さんやわ😭😭
音楽も好きなタイプやし見れてよかった
心が洗われた