ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~2018年製作の映画)

Midnight Sun

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

3.9

あらすじ

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ち…

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ちていく。

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」に投稿された感想・評価

Kitty

Kittyの感想・評価

3.8
ケイティの歌が良い!
どことなく「はじまりのうた」のキーラナイトレイの姿に重なった。
ケイティが輝いた姿が心地よい。
どう生きるかが大事だなあ。
yoshihiko

yoshihikoの感想・評価

4.0
日本版見てないまま、これを見ましたが、2回泣けました。涙するのは久しぶりかも。
主人公達も良いのですが、何より彼女のお父さんや親友の気持ちがとてもよく伝わってくる演出で、そういうところにもウルってきてしまう要因があったと思う。
日本版も見てみようと思います。
fly

flyの感想・評価

3.1
話の流れは本家とほとんど同じ。
当たり前だけど背景がすごいアメリカンだった、笑
淡々と進んでいった

二人の船のシーンがすごく綺麗だった。
saho

sahoの感想・評価

3.5
“remember i love you”

ハリウッド版タイヨウのうたってことで、一応見ておこうかなと(笑)
ものすごいなめてかかってたんだけど、最後ほろりと泣いてしまった。
100分ぐらいの短め映画だから、もっと長くしていいから描くべきものはあったはず。
だからちょっと物足りなかった部分はあるけど…。
今大変なことになってるベラがちゃんと女優してて安心しました(笑)

103本目 / 2018
Chika

Chikaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

パトリックがとんでもないかっこ良さでただただ眼福。
海外リメイクなだけあってパーティシーンがあったりキスシーンも多くオリジナル程のピュアさはないけど、パトリック演じるチャーリーがかっこ良過ぎて何でも良くなる。笑
ケイティの歌声も素敵でした。私は駅前で歌ってた曲が一番好き。
ケイティの父親と医師の会話には胸が痛くなり涙が出そうに。本当は沢山外で遊ばせたいのに、娘が泣きながらせがむことがあっても生きてほしいから許してあげられないもどかしさ。娘が父親を婚活サイトに登録するシーンでの会話も切なかった。
ただ、昼間に船に乗るシーンであまりにケイティの露出が多かったのでいくらなんでも危険過ぎるでしょ…と思っていたら次のシーンでは死後になっていて軽く唖然とした。
オリジナルをはっきり記憶している訳ではないので比較の為にも改めて鑑賞したい。
たく

たくの感想・評価

3.8
女の子はYUIの方がいいけど。パトリックがウルトラハイパーかっこいいからどうでも良くなる。
ys

ysの感想・評価

4.0
観る前に終わってしまい、
レイトショーでギリ鑑賞。
yui主演映画のハリウッドリメイク。
シュワJr.主演作。
似てますね。でも甘いマスクイケメン。
曲が良かった。
ベラソーンて全く知らなかったけど
シェキラ!というダンスミュージカル?ドラマで、ゼンデイヤとダブル主演なんですね!
itunesで見るとシェキラ!のサントラ3枚があって、ゼンデイヤとベラソーンのデュエットソングが沢山ある。
ゼンデイヤの映画、前の日に観ました。笑
オリジナルのタイヨウのうた🎬はレンタルで前に観たけど、そちらも良かった。
最近アイフルホームのCMでyuiのバンドFlower flowerの時計♬がよく流れてます。
Mステではパワフル♬を披露。
かなり攻めてる曲。
アラバキではリハでチェリー♬も少し歌った。
素晴らしい世界♬が名曲です。
バンドの方が全然いいな。
片平里菜と藤原さくらのルーツの人です。
まろ

まろの感想・評価

4.0
オリジナルのよさも残しつつ、より感動する感じになっててよかった。
邦画を洋画にリメイクとか、どんな感じになるんだろうと思ったけど、展開はほぼ同じで、変に改変されてないのもオリジナル好きとしては安心できる。
ただ雰囲気はアメリカン(笑)
オリジナルは高校生の男女の初々しさやまっすぐさが眩しい感じだけど、こっちは高校卒業という同じぐらいの年齢なのに、だいぶ大人な感じでした。
キスの回数も10倍以上だったし(笑)
彼氏の名前が歌のタイトルだったり、最後手紙を残したりと、二人の関係性がより強いなと思う反面、ヒロインの「生への執着」みたいなものがオリジナルよりはやや弱いかなと感じた。
だからこそ、最後のあのシーンはちょっとグッとくるものがあるね。
オリジナル見た人ならわかるかも。
テンポもよいし、オリジナル好きな人も安心して見られる映画です。
rita

ritaの感想・評価

5.0


シュワルツェネッガーの超イケメン息子(Patrick Schwarzenegger)とBella thorneのほんまに泣ける話
amyu

amyuの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人の健康は平等ではない

多かれ少なかれ
運命はだれにでもあるもの
人は、運命を受け入れるしかない。

誰かと比べて
自分の不幸をなげいたって
仕方のないこと

与えられた時間の中で、
自分らしく輝く事に
力を注ぐだけ。

そう感じさせてくれる
映画だった。

心に残るいい映画!
泣きました。