ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~の作品情報・感想・評価 - 22ページ目

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~2018年製作の映画)

Midnight Sun

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

あらすじ

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ち…

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ちていく。

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」に投稿された感想・評価

s

sの感想・評価

3.9
filmarks試写会にて(一度言ってみたかったセリフ笑)

泣かないつもりだったけど、結局泣いてしまった...
恋愛がメインと見せかけて、実は父と娘の映画なんじゃないかと思うほど、お父さんが娘を思う気持ちとか、娘の幸せを願うからこその決断が丁寧に描かれてて良かったです(;_;)

その反面、チャーリー目線の気持ちとかケイティの歌に対する思いとかがわかりにくかったのが残念。

人生の幸福度は長さじゃなくて、幸せだと思える瞬間を経験できるか否かなんだろうなあ〜

てかパトリックくん成長したなあ〜〜拗ねてる顔が可愛かった〜〜
ちょい

ちょいの感想・評価

4.5
Filmarks試写会にて。

パトリック・シュワルツェネッガーさん、かっこいい!なのに、いじけてる表情が可愛い!!

本編は親子のやり取りに涙でした。
koeda

koedaの感想・評価

4.2
試写会にて。日本映画のタイヨウのうたが大好きで、すごく楽しみにしてました!
結果…やっぱり涙涙涙。。強く明るいケイティの姿、優しい親友、パパ。そしてチャーリー。
皆生き方が素敵すぎる。特に、パパの娘を想う気持ちには心打たれました。。
次は泣きたい時に思いっきり泣ける場所で見たいな。
タラコ

タラコの感想・評価

3.8
王道なストーリーだけど素敵だった。みんなが愛に溢れてて心が暖まる。気づいたら涙が流れてた。そしてパトリックかっこよすぎ!!
akane

akaneの感想・評価

5.0
34_2018

Flimarks試写会にて

タイヨウのうたのリメイク版
もともとの話は知ってるし…とかちょっと思ってしまってたけど、試写会でティッシュ配られてた理由がわかった 笑 涙ちょちょぎれ


もちろん恋愛の話だからラブ要素が中心なんだけど、ケイティとパパが一緒にパソコンいじるシーン、切なすぎて声を上げて泣きたかった
どうしたらあんないい子に育つの?

パパもわたしと同じぐらい素敵な人生を歩んで欲しい、って娘に言われる気持ちってどんなんなんだろう


上映して5分でこの映画好きだわってなるぐらい映像の雰囲気とか音楽が素敵
はやくみんなにもみてほしいなあ
tetsy

tetsyの感想・評価

4.0
恋愛、家族愛、友情、多くの愛が詰まって作品。悪い人が一人もいない映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

-14-

Filmarks試写会にて

何度も声を上げて泣きそうになった。


お父さんのセリフ
"彼がいたら最高の人生になる"

チャーリーの言葉
"君は僕の人生を変えたのに
別れを告げるのかい?"


曖昧だけど、これが刺さった。
とってもあたたかくて柔らかい気持ちになった。
お互いがお互いのこと大好きなことがひしひしと伝わってきて、、


ケイテイがシアトルで囲まれて歌うシーンがとても好き。
ケイテイの歌がもう1回聴きたいから、
はやく公開してほしい。


周りの人も大号泣してて、
試写会でティッシュ配られたの大正解だと思った。
よ

よの感想・評価

-
親友役の女の子が超良かった、、あんなかわいい幼馴染と育ちたかったな〜〜
試写会にて。

恋愛、家族愛、友情すべてにおいてよかった。特に音楽は耳に残って離れない。
肉野郎

肉野郎の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

非常に良かったです。

悪い人間が1人もおらず、親子の愛情や友情に心が温まりました。
テンポも良くサクサク進み、中だるみなどなくスッキリした印象を受けました。
こんなにうまくいくわけないだろって展開でもありますが、そこは映画なので私にとっては許容範囲内かなと。

ただ、チャーリーに想いを寄せる女の子の存在意義や、ケイティの音楽に対する情熱など、もう少し掘り下げてほしい部分も多々ありました。

日本版は未見なので、この機会に見てみたくなりました。