ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~2018年製作の映画)

Midnight Sun

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

3.9

あらすじ

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ち…

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ちていく。

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」に投稿された感想・評価

amyu

amyuの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人の健康は平等ではない

多かれ少なかれ
運命はだれにでもあるもの
人は、運命を受け入れるしかない。

誰かと比べて
自分の不幸をなげいたって
仕方のないこと

与えられた時間の中で、
自分らしく輝く事に
力を注ぐだけ。

そう感じさせてくれる
映画だった。

心に残るいい映画!
泣きました。
鑑賞回数:1
物語:★★★☆☆ 3.5
配役:★★★★☆ 4.0
演出:★★★★☆ 4.0
映像:★★★☆☆ 3.5
音楽:★★★★☆ 4.0
再見:★★★☆☆ 3.0

登場する人物がみんないい人ばかりで、全く嫌な気持ちにならず
主役の2人は観ていて微笑ましく、父親や親友の存在は素直に羨ましい
特に父親の、娘への理解の良さと愛情の深さには尊敬の念を覚えた程
ただ楽しい時間も束の間、物語の終盤からは涙が止まらず
こうしていれば、こうだったら…あらゆるifが頭を過り、とにかく切ない
夕日のシーン、とても綺麗でした
mayu

mayuの感想・評価

3.8
良かった!!

恋に不器用ながらもずっと窓際から見ていた彼と付き合って幸せな日々を送る主人公の様子と、娘を想うお父さんの心情まで丁寧に描いていて、ストーリーに筋が通っている印象。

日本版は鎌倉の雰囲気や空気感が最大の魅力であったと個人的に思うけどあれは舞台が鎌倉だからこそのもので、海外版に同じものを求めるものではない気がする。
こちらは年齢設定も少しだけ上で、車に乗ったりちょっとパリピっぽいパーティーに行ったりしているので雰囲気が違うし、主人公も(表向きだけとはいえ)強い女の子という感じで、アメリカらしいと思った。ハリウッドでリメイクするとなったら、こういう設定変更をしたのは正解だと思う。

中盤の転の部分も緊迫した感じがとても上手く表現されていて、そこで一気に引き込まれた。

何より良かったのが、お父さんの心情の変化を繊細に描いている点。
娘にどんなにせがまれても身体のことを思って外に出さず、娘のためにいつも側で尽くしてきたお父さんの気持ちを考えると、発症してしまったときはやりきれない思いでいっぱいだったと思う。
娘に恋人ができて、恋人と過ごす時間が長くなっていき、少しずつ自分の手から離れていく感覚。しかし娘が人生でいちばん幸せそうにしている様子を見て、それがお父さんの何よりの喜びだということが伝わってくる瞬間。
表情ひとつでいろんな気持ちが伝わってきた。
あまり馴染みのない病気の話でも筋が通って説得力を感じられるのは、お父さんにもしっかりスポットライトを当てて、かつケイティがお父さんととても仲が良いという設定であるからだと思う。

それにしてもパトリックシュワルツェネッガーめちゃくちゃ良いですね、お父さんに似てかっこいいしめっちゃ良い身体しててびっくり!!



以下ネタバレあり















どうしてもヨットに乗りたいとケイティが頼み込んで自ら太陽の光を浴びる最後の展開、
日本版のラストで、海辺で楽しそうに遊ぶ親子を見て思わず薫に防護服を脱がせてあげようとしたお父さんに薫が「死ぬまで生きると決めたから脱がない、生きて生きて生きまくる」と宣言した日本版とは逆の展開ですね。。
もし自分が頼まれる側だったらすすんで望みを叶えてあげられるだろうかと、ちょっと考えた…
Hinako

Hinakoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

シュワちゃんの息子、、かっこいい、、笑

最初らへんのシーンから泣きそうになったのは涙脆すぎるかな…


チャーリーとケイティが出かけてる中、すっごい楽しく過ごしてるのにいつの間にか太陽が…
日に当たったら死んでしまうかもしれないケイティと、何をそうパニックになってるかわからないチャーリーの演技が見物


最後もう死ぬことを分かっててお父さんを婚活サイトに登録したり…最後の最後にチャーリーとボートに乗ることが実現してよかった😢

お互いを支え合えるって素敵だなって思った

キュンキュンしたけどチャーリーが腰に手をまわしてダンスするところとか、手繋ぐところとか、ケイティは10年も窓越しに恋してたのだから、初めて駅で会ったときみたいな心情をもっと出して欲しかった!!!

ケイティが歌うところをチャーリーが動画で撮ってたシーン好き
ゆうか

ゆうかの感想・評価

4.0
日本版はドラマも映画も観た状態で鑑賞。

変な悪役をつくらず、純粋にふたりの恋愛、お父さんから娘への愛、親友との絆というようにきっちり要素を絞って描ききっているのがとてもよかった。

それが結果的に作品全体を主人公に対する愛で包んでいたような気がするし、最後に温かい気持ちで涙を流せる要因になっていたと思う。
個人的にはお父さんを心から尊敬した。

設定がいくつか変更されていたが大きな違和感はなく、リメイクとしては成功なのではないかと思う。

あまり大きな話題になっていなかったのが残念なくらいに素敵な作品でした。
movieman

moviemanの感想・評価

4.4
泣いた
映画で涙が出るのは久々だ

日本版の「タイヨウのうた」は食わず嫌いで見ていないので新鮮な気持ちで見れた
全体的には色々はしょりすぎているところもあるが、色々付け加えて上映時間が長くなるよりいい

この映画に出てくる人はみんなが良い人すぎて
それぞれの愛が温かかった

すこぶる評価が悪い作品だが個人的にはかなりヒットした作品

このレビューはネタバレを含みます

ケイティが自らの死を悟ってお父さんを婚活サイトに登録するところで号泣。悲しすぎる。
チャーリーはイケメンだしケイティも美しいし、美男美女カップル。少し平野ノラに似てるかな?
そしてケイティの親友なんて良い子なんだろう…

あまりに短い人生だったけれど
良い友達に良いお父さんがいて、
そして幼い頃から想い続けた人と愛し合えてよかった。
しん

しんの感想・評価

3.7
2018094
育ってきた環境の違いもあると思うけど、やっぱりオリジナルの日本版がいいと改めて思った
それでもアメリカに合うようにうまく作ってあるし、感動もする

シュワちゃんの息子は面影あるけどイケメンだった

歌は断然YUIがいい
とてもさわやかですがすがしい二人がいとおしいです 。
リメイクでどうなるかと思いましたが、よかったです。
日本版は、はじめからお涙頂戴感が強かったですが、アメリカ版の解釈はそのあたりが軽くなっていて、泣いて笑って泣いてがほどよく、個人的にはこちらのほうが好みでした。

少しずつ縮んでいく二人の距離感がかわいくて応援したくなって、好きだから普通の女の子に見られたいという思いから終局に向かう様子はじりじり苦しいような切なさで、わかっていてもどうにかなってほしい!と願ってしまいました。

笑って応援して泣きましたが、後味はとてもさわやかですがすがしく、優しい涙を流すことができました。
Mayu

Mayuの感想・評価

3.7
日本版のタイヨウのうたを見ているからか、あー。このシーンはこうなんやとか思ってしまって泣けず笑
けど、よかった。