ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~2018年製作の映画)

Midnight Sun

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

あらすじ

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ち…

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ちていく。

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.0
ハッピーサッドな感じ。とても良かった。そして、とても美しい映画だった。
新宿ピカデリーにてジャパンプレミア。パトリック・シュワルツェネッガー来日。
ごてふ

ごてふの感想・評価

3.6
新宿ピカデリーにて。平日夜の部。観客は9割が女性であったが20名強と閑散。オリジナルの邦画は公開時に鑑賞。難病・悲恋モノはシンプルな造りに限りますな。儚くも短い恋に懸けるふたりにどれだけ感情移入できるかでありましょう。シュワちゃんの息子は武骨なようで繊細さがあり。口元など父親そっくり。日米ともにヒロインが「かごの鳥」そして「明け方までのシンデレラ」状態であり、ストリートシンガーであることが肝。ベラ・ソーンも決して悪くなかったが、華奢な少女だったYUIちゃんに比べると少々分が悪い。まぁ贔屓目もありますが。
samiam

samiamの感想・評価

3.0
切ない、シンプルなストーリーで悪くないです。

でも演技が。。。
ギター弾かないんだ。。。
唄も口パク(死語?)なんだ。。。
いいモチーフなだけに残念。。。

お父さんが宇梶剛士に見えてしまって。。

エンドロール見てたら、有名な俳優の名字が出てて、もしやと思ってググったら、息子さんなんだ。。知らなかった。
jpx

jpxの感想・評価

4.1
切ないんだけど明るくなれる素敵な映画でした。台詞の言い回しや、音楽も素晴らしかった。なにより登場人物がみんな良い人。シュワちゃんの息子も最高でした。
Aaaaa

Aaaaaの感想・評価

3.5
最初はイケメンのゴリゴリのパトリック・シュワルツェネッガー目当てだけやったけどラストの追い込みが凄い。
ラジオのとこそうやろなって想像してたけど涙がとまらんかった😩
ええ娘やしええお父さんやわ😭😭
音楽も好きなタイプやし見れてよかった
心が洗われた
hirogon

hirogonの感想・評価

3.9
YUI主演の邦画オリジナル版は未見。

XP (色素性乾皮症)という病気を小さい時に発症したケイティ(ベラ・ソーン)。太陽の光に晒されると命に関わるという。
こんな病気を取り上げた時点で、話の大きな流れはおおよそ予想できますが、見所は俳優さんの演技や演出の細部。
そして、本作は細部が良いので、話の流れが素直に入ってきます。

お母さんは昔に亡くなっていて、お父さんのジャック(ロブ・リグル)と二人暮らし。昼間に寝て夜に起きる昼夜逆転の生活。
夜しか外出出来ないケイティにとって、モーガン(クイン・シェファード)は唯一の親友。
好奇心旺盛な子供時代に昼間に外に出られないのは、すごく辛いこと。モーガンの飄々とした感じいいですねぇ。同年代の友達がいたことでケイティはとても救われたのだと思う。
ジャックも、よくケイティを支えています。いいお父さんです。

チャーリー(パトリック・シュワルツェネッガー)は小学生の頃からケイティの家の前を通るようになり、そんなチャーリーを見るのがケイティの数少ない楽しみ。

ケイティ、モーガン、チャーリーは同年代で、高校卒業を迎える。
ケイティは、学校に通っていないのでネット等で勉強していたようです。“ホームスクール”と言ってましたね。卒業記念にジャックからお母さんのギターをプレゼントされます。お母さんのギターは、小さい頃ケイティに歌を唄ってくれた思い出のギター。

ケイティは歌の詞をノートに書きためていて、ギターの弾き語りもします。お母さんのギターで駅で唄っているところにチャーリーが現れて歌に聴き入ります。
ケイティはチャーリーのことを良く知っていますが、チャーリーにとっては初めての出会い。二人は当然のように惹かれ合います。
昼間に会えないケイティは、チャーリーと夜のデートを重ねます。ただ、病人と見られるのがイヤで病気のことはなかなか切り出せない。


(以下、ネタバレ)
ーーーーーーーーーーーーーーー


終盤、ケイティがチャーリーに「駅で会った時、あなたことを既に知っていた、、、」と小さい頃から窓から見守っていた話をするシーンは、ジーンときましたね。

そして、ケイティが「チャーリーとヨットに乗って一緒に夕日を見たい」と最後のワガママを言い、それをジャックが許すシーンは父親としての心情が胸に刺さります。

チャーリーは、スタジオで録音したケイティの歌をネットにUpします。
バークレーに向かう車のラジオからケイティの歌が流れてきて、そのことをジャックにメールで知らせるラストは良かった。
チャーリー、本当にいい奴!爽やか好青年。

役者さんの演技は、ベラ・ソーンとパトリック・シュワルツェネッガーが初々しかった!
ロブ・リグル、クイン・シェファードもいい味でてました。

邦画版の出来も気になります。
Ayame

Ayameの感想・評価

-
日本版のドラマが大好きなんだけど
これもこれでとってもよい!!
結末わかっていても終盤は
いろんな人に感情移入しちゃって
涙が止まらなかった。

そして最近のベラってすごいパンクだけど
こういうピュアな感じの方がいいよね。
らいと

らいとの感想・評価

3.7
良かった。
リメイクだが、アメリカらしい家族愛も足されていて、素敵な父親が出てくる。
主人公の二人がいい感じで見ていて暖かい気持ちになる。
ラストは、こう描くかぁ、変えてきたなぁと思ったよ。
こうが

こうがの感想・評価

3.8
俺こういうの好きよー
普通の女の子として生きたかったのはいいことやけど、そこしっかりしな!
難病ってほんまに難しいな。

なんといってもダディよね
絶対彼氏のことこっそり一発は殴ってると思う笑

あとターミネーターJrさんは水泳の浮き上がり1発目に呼吸は良くないよ。
あれじゃタイムが落ちる。だから前半出遅れてるねん。