ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~の作品情報・感想・評価 - 91ページ目

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」に投稿された感想・評価

3.27.18 @@Cineplex Odeon International Village Cinemas
Midori

Midoriの感想・評価

3.2
日本のしょうもない恋愛映画みたいな感じかと思って期待せずに観に行ったけど、意外にも素敵なお話で終始泣くという、、、。映画の中のデートが完璧。ファンタジーだと思えばすごく楽しめるロマンス映画。
Karlene

Karleneの感想・評価

4.8
最高。嗚咽出して泣いてしまって、一緒に見た友達を笑わせちゃった。とっても綺麗なお話で、日本の映画は見たことないけど見たいと思ったし、ベラちゃん歌すごく良かったし、パトリックも本当に綺麗な顔で、うっとりした!
h

hの感想・評価

3.4
Holly pregnant cow は笑った、使う明日から 笑笑

電車でシアトル連れてってくれて車中に中華料理は私が求めているデートですよね、いいなあ。
その後ビーチはずるくないですか。
(分かってるけどね、ファンタジーですある意味。)
ヒロインの相手役、シュワちゃんの息子は最近の中でもずば抜けてイケメン❗オッサンから見てもすっごいイケメンだよ
ボウイ

ボウイの感想・評価

4.7
ハリウッドで新しく生まれ変わった『タイヨウの歌』に涙涙。ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガーがとてもうまい。
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

5.0
【記録】公開前・未見での記録。u.s. 23 march in 2018.

【付記】原作が日本の『タイヨウのうた』。この原作(原案)は坂東賢治という脚本家のもので、その氏の原案を天川彩という方が小説化した。どっちが先かはわからないが同名のタイトルで映画にもなっている。

16歳の女性の物語。「色素性乾皮症」を発症して日中日光に当たれず外出ができないという(皮膚症と神経症との併発)。
映画の舞台が鎌倉・七里ヶ浜。段丘の多い地形に、「七里ヶ浜海岸」のバス停が重要な場所として登場している。
主人公に歌手の方(YUIさん)が出演し自身が歌のパフォーマンスをしていて、海岸近くの鎌倉の情景に時代時代を象徴するソングの効果が相まって、作品の出来は度外視、この「情感」という奴に日本人なら先ずはやられてしまう。
この情感を帯びる日本作品を原作にした本作で、どんな物語になっていくのか非常に興味はある。つまり情緒的な効果マジックが使えない中で作品自体の面白さが問われている。23 march 2018, us.
|<