ゆっけ

ダンケルクのゆっけのレビュー・感想・評価

ダンケルク(2017年製作の映画)
-
クリストファー・ノーラン初の戦争映画。
ちゃんとIMAXで観ました。

第2次世界大戦中の1940年に起こった「ダンケルクの戦い」。
ドイツ軍によってフランスの港町・ダンケルクに追い込まれたイギリス・フランス連合軍の兵士40万人をいかに救出させるかを描いた作品。陸(1週間)、海(1日)、空(1時間)、3つの時間軸で、3つの物語が同時に進んでいきます。

一言。
120分ないのに、長く感じた。

正直、上の説明以上のことは起きないと言っても過言じゃないです(決して悪い意味でなく)
ドラマ性がないというか、誰かを主軸とした物語を描いている映画なのではなく、あくまで史実を”映像化”することに主軸を置いているかと思います。(あと、3つの時間軸が交差されるのですが、自分の理解力が足りず、そのすごさが分かりませんでした、、、)

戦争によって振り回される「大衆」こそ描いていていますが、一人一人の「個」がない(セリフや人物名などもあまりないです)からこそ、客観的な感じはしますが、心揺さぶるものがないから、そういった意味での感動は少ない。なので、ノーラン映画の特色(CGを使わない映像の迫力や、時間軸などの演出など)が好きな人以外は、ちょっと渋い印象を持つかなと思いました。(分かりやすいエンタメ性がない、一種の芸術的な映画に属するんじゃないかと思いました。もちろん、観るべく人が観たらとてつもない映画なんだろうなぁというのは感覚的に分かります)

戦争映画で救出劇として今年の『ハクソー・リッジ 』と比べてしまうのですが、『ハクソー・リッジ 』は一人の男の人生を描き、その救出する相手も顔が見えるレベルなので、感情移入しやすいですが、『ダンケルク』は個は大きく描かれていないですし、救出の人数も段違いに多いですし、登場人物の関係も掴みにくいので、顔もいまいち覚えづらく(そもそもドイツ兵の顔も現れない)、ふわっと話が進んでいく感じ。

だからこそ、映像と音の迫力が際立っていいのですが、
Netflixなどスマホでいつでもどこでも観れる時代にこそ、こういった映画館でしか味わえないような映画を製作するノーランの強い想いが伝わってくるようでした。(なので、DVDなど家で観たら、割と退屈して寝てしまうような映画なのかもしれません)

ということで、自分は絶賛できるほどはまることはできなかったのですが、一度映画館で観る価値のある映画であることは間違いないです。解説を聞いた上でもう一度映画館で観たいと思う映画でした。