こいけ

ダンケルクのこいけのレビュー・感想・評価

ダンケルク(2017年製作の映画)
3.8
これはすごい。
普段戦争映画は観ません。なぜなら不意に飛び込んでくる残酷な描写、一般人がミサイルで撃たれていくシーンなどが苦手なのと、歴史に詳しくないので、その映画の前後の時代背景がわからなくてなかなか大満足できないからです💧

ダンケルクはその両方がまったくないに等しい!
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
ダンケルクの戦いという、第二次世界大戦のドイツ軍のフランス浸攻における、フランス軍の全船舶を動員した史上最大の撤退作戦がが元になっているらしい。

フランス海辺の町ダンケルクに追い詰められた40万の兵士、彼らの救出作戦は成功するのか…彼らは無事にダンケルクから脱出できるのか…
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

映画は三場面がどんどん切り替わり構成されている。
ダンケルクにいる兵士達の一週間。
救助に向かう民間船の一日。
敵軍と空で戦う戦闘機の一時間。
この三場面の同時進行。

それぞれの場面を同じくらいの時間写しているので一週間と一時間が映画内で同じに感じられる。SFかと思うくらいの時間の迷宮‼️
さらにその中で陸海空の美しい映像‼️
さらにさらに救出と脱出のアクション‼️

欲張りなノーラン監督。笑
一体これは何の映画なんだ‼️笑

サウンドミュージックはなく銃撃音、爆撃音、と時計の様な音の繰り返しで観ている側は動悸、息切れがしそうな心臓に悪い映画。
終始ドキドキハラハラさせられました💦


ドイツ兵の姿もなく何と戦っているのか何から逃げているのかという感じでパニック映画っぽい作りなので戦争映画苦手な僕としては観やすい作りでした。

人物に焦点が当たってないから血生臭くなく観やすかったのだと思うのですが、焦点が当たってない分人物の把握が難しいと感じました。

戦争映画なのに自分がすんなり観れたということは戦争の苦しさ、悲しさを伝える映画ではないんでしょうね〜