kana

ダンケルクのkanaのレビュー・感想・評価

ダンケルク(2017年製作の映画)
4.3
気付いたら呼吸をするのを忘れてました。
それほどの迫力と緊張感。
凄い!なんて感想は
チープに聞こえちゃうかもだけど
本当に凄かったんです。
今までに
味わったことのない映画だったのは
確かです。

冒頭のダンケルクの海辺のシーン。
わたしは
『つぐない』を思い出しましたね。
不安と絶望の中で
ひたすら助けの船を待ち、
列を作る兵士たち。
聞こえてくるのは戦闘機の音。
そして静かな波の音。
悲壮感は半端じゃない。

物語は
陸地の1週間、
海での1日
そして空での1時間を描いています。
時系列がバラバラなので
ついていくのには
結構苦労しました。
その辺はノーランらしい編集の仕方。
バラバラのストーリーが
1つになった時、ニヤけましたね(^.^)
さすがっ!!

そして
過酷な状況とは裏腹に
海と空の青がとても綺麗だったのが
印象的でした。

『映像や音響、
ストーリーの持ってき方がすごい!』
これが見た直後の感想。


でもこの映画、
これだけじゃないぞ!と、、、
日が経つことに
少ないセリフの中で
彼らが発していた言葉、
ちょっとした彼らの行動が
実に感慨深く
胸にしみてくるようになってきました!

甘くない現実。
生存本能剥き出しで、
立場を利用したり、
たとえ卑怯であっても自分第一優先!
兵士たちのなにがなんでも生き延びる!
というよりかは
早くこの恐怖から抜け出したいといった
強い思い。
逆に自分が犠牲になっても
兵士たちをなにがなんでも
助けるんだという
民間人、パイロットの強い思い。
いろんなコマから
ひしひしと伝わってきて、
いろんなシーンも思い出すたびに
この映画の奥深さを感じました。

そして兵士同士の
プライベートトークは一切なし。
そこもとってもリアルでしたね。

ダンケルクを見てからというもの
仕事中、
ダンケルクのことを考えてばかり笑
以下、
私が何度も思い出したシーンたちまとめ。






ネタバレです。








ダンケルク脱出のため、
船からフランス人を降ろそうとしたが、
主人公トミーが
それは間違っていると言いつつも、
自分が降りることは
頑なに拒否したあの表情。

マークライランスが
大人たちが始めた戦争で
若者が犠牲になってる。
だから助けに行くと言ったところ。
→ダンケルクに着いた民間船には
年配者が多く、
みんな同じ気持ちだったかなーと
思ったら泣けた。

盲目のおじいさんが
トミーの顔を撫でたところ。
よく帰ってきた!
そんな気持ちが伝わってきた。

何が見える?
『Home』

そして
スピットファイヤ操縦士、コリンズの
Good Afternoon( ^ω^ )

ほかにもまだ心に残ってるシーン
たくさんあるんですけどね。
要するに全編通して
心に響く映画だったってことですね。

ダンケルクスピリッツ。
今の世界に必要なこと!!

あーまた観に行きたい!!


☆映画館にて鑑賞☆
2017年124本目