Dachiko

ダンケルクのDachikoのレビュー・感想・評価

ダンケルク(2017年製作の映画)
4.2
恐怖を感じた。実際に戦場に身を置く時のそれとは比較出来ないほど薄まっているに違いないが、映画館で恐怖に身震いする事なんて中々経験できることではないだろう。

銃声、跳弾音、戦闘機のエンジン音、爆弾の落下音、軍服の擦れる音、兵士達の荒い息遣い。

見たのは1週間以上も前なのに、未だにその音を覚えている。IMAXのお陰なのかそれともこの映画自体の魅力のお陰なのかはわからないが、この映画はとても好きだ。

この映画に出てきた兵士や民間人は決して現実に存在したわけではない。だが、彼らのような境遇に置かれた人間が戦時中に存在したことは間違いない。

急襲で命を奪われる者、
祖国を救い死んでいく者、
戦争とは無関係に命を落とす者。

多様な死が戦争によって人間にもたらされた事は間違いない。

「何が見える?」「故国だ。」
生き延びた兵士達はもちろん、死んでいった兵士達が故国を臨めていればいいのに。



戦争がなければ今の名作と呼ばれる戦争映画も存在しなかったと考えると、とても皮肉だなあ、と思う。