天狗

ダンケルクの天狗のレビュー・感想・評価

ダンケルク(2017年製作の映画)
4.0
このような史実があったことはこの作品のおかげで知ることができました。

さすがにC.ノーランが撮ることになると世界中で自分と同じような人もめちゃくちゃ多いのではないか。

第二次大戦を描いた近年の作品としてはスピルバーグのプライベート・ライアンが有名ですが、それを観たときほどの衝撃は本作からは受けませんでした。

ただ、本作で採用された編集手法(陸海空スイッチ法?)は、歴史を誤解なく伝える手法としては最善だと思いました。

ただ、これまでのノーラン作品とは違うものになっており、一部のノーラン・ファンはがっかりするような作品だと思います。

自分はリアリティある本作はとても好きです。