あおい

ダンケルクのあおいのレビュー・感想・評価

ダンケルク(2017年製作の映画)
2.5
生きろ、救え、諦めるな。そこに同士がいる限り…

クリストファー・ノーランが初の実話に挑む!と大々的に宣伝された作品。まわりの評価良くなかったから、ほんまかと思って観たけど、あかんかった( ^ω^ )

第二次世界大戦におけるダンケルクに取り残された英国軍を救出する、それだけに特化した映画。よって、ストーリーと呼べるストーリーはありません。史実をある一定の人たちから見た結果のような作品。その時点で、派手な戦闘を期待してる人はやめた方がいい。

また、感動を求める人もやめた方がいい。無機質に戦争表現されてるだけなので、その他の戦争ドラマと混同すると全く味気ない。本当に眠すぎる。

逆に、戦争というものを映像を通して体感するという意味では需要があるかもしれない。飛行機や銃器の爆音はDVDでもすごかったので、これは劇場でもかなりの臨場感が味わえたとは思った。

イギリスやイギリス人にとっては、記憶に残る歴史的事実だと思うので、イギリスの魂を感じたいなら観てもいいかもしれません。

意見は別れるのは仕方のないことですが、あんまり良くなかったという評価を見たり聞いたりして、見る気が失せてしまった人は絶対観ない方がいいです。