ダンケルクのネタバレレビュー・内容・結末 - 79ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿されたネタバレ・内容・結末

imax試写会

ありがたいことに初試写会がこんな大作でとても光栄だった

最初の銃声から音の拘りを感じることのできる音響。航空戦の迫力は唯一無二。駆逐艦多数登場(ほぼ座礁)。ミリオタ歓喜

ロケーションは代わり映えこそしないが流石imaxの画面作りというべきか。空、海、陸の背景から戦艦、戦闘機に至るまでCG感はほぼ感じない(というか使ってないのか…)

話の展開は時系列がとびとびで小難しいと感じることがあるかもしれない。
史実とかみておくと理解しやすくなるかな。かなり緊張感は高く目が離せない展開

とても楽しく鑑賞できた。週末に史実などを確認してもう一度鑑賞したいと思う
戦争を淡々と描いてる感じが良いし、いろんな立場から描かれてるのも良い。高ぶるシーンを引きずらないで新たな恐怖が私たちをかっぱらっていく感じもいいし、話の進み方が新しくて最初ついていけないけどわかってくると面白い。
ダンケルクの映像を借りて実際に死んでいった一人一人のこと考えたりすると、戦争なんて何やってんだかって気持ちになる。いろんな才能が死んでいったんだろうなあと思うとやるせないですね。もったいない
戦争中実際に前線に立ってた人の気持ちはもちろんわからないけど、誰でもヒーローになり得て、それを讃えることで一つになったりと…(省略)いろんな事柄というか可能性が溢れてるなあと

短いからとてもいい
観て損はなさそうIMAX良かったと思う
なんせ映像が本物、スピットファイア…

プロペラ止まった戦闘機スピットファイアかっこよすぎかよ
迫力がスゴかったです。銃声がする度に一々ビックリしてました。
大抵誰かに感情移入するのですが特定の人に感情移入することはなかったです。
途中イチゴジャム塗ってある食パンが出てきてとても美味しそうでした。
息が詰まるような緊張感。登場人物の回想は一切描かれず、上映開始数秒で戦場へ連れて行かれる。姿の見えない敵から、銃撃と砲撃と水の暴力に晒され続ける。
終始サスペンスに徹底しているように思われるが、ノーランらしく、しっかりとヒューマニズムも感じられる作品となっている。
構成の巧みさやハラハラ感で混乱したが、生きて故国へ帰ることが抵抗であり勝利であるというメッセージをなんとか受け取ることができた。次回はIMAXで楽しみたい。

2017/9/18
IMAXで鑑賞。試写会とは比べ物にならない画面・音響設備で大興奮。2回目なので時間軸を整理しつつ、サスペンスをじっくり楽しめた。「何が見える?」「故郷だ」でケネス・ブラナーと一緒に涙ぐんでしまう。
戦闘機のシーンがどれも印象的。
映像の魅せ方だったり、時間の概念だったり…見所が多すぎて一度では味わいきれない映画。

『エイリアン』に納得!
人生初の試写会参加が
この映画で良かった。

しかもそれは偶然友人に誘ってもらったから行けたってところにも、何かを感じる。

息をするのを忘れる映画。
視覚的な意味で、こんなに美しい戦争映画は初めて観た。

_

日本の戦争映画は、少なからず「死ぬ覚悟をする」シーンが多いと思うけど、
この映画は本当の意味で「生きる事を諦めない」美しさも感じた。


戦争の渦中にいれば、
常に危機的状況。

そんな状況から”逃げる”ことは
決して悲観的なことではない。

むしろ、その行為は
文字通り”生きる事を諦めない”ことであり、次に訪れる希望を迎えにいく為の行為とも捉えられる。

その希望に何度跳ね除けられても、
正道を進み続ければ、いつか報われる。

そう信じるしかない。




この映画には、「船」と「飛行機」が主要なシーンで登場する。
映画の中では、まさに「命を運ぶもの」として。

「船」は「飛行機」に何度も沈没させられるけど、その度に少年達はそこから脱出する。

船が”運命”だとしたら、
それに抗ってるように映った。

ともなると運命には抗うべきものなのか?と疑問が生まれるが、きっとそうではない。

「運命にすがるな。」という気がした。
生き延びた人は「船の中は安全」と考えていなかった。いつ何が起こるかわからない事を前提に脱出口を意識していた。

「生き延びる」という唯一にして最もシンプルな目的を持った人間が行っていた行動は、「自ら考え続ける」ことだったように思えた。

この態度は、どんな時代でも言えることなんじゃないかって気がした。

だから改めて、仕事でも
「言われた事に素直に躍起になる」
だけじゃなくて、
「言われた事をすれば絶対安心なんてあり得なくて、疑問を持って自分で考えて、最適な準備と行動をする」
って事を再度意識してみようと思う。

この教訓は、
この映画を観たら一発で思い出せるだろうから、多分、また観ることになるなあ。
これぞ本物の戦争映画
第一次世界大戦の最中、実際に起こったダイナモ作戦をリアリティーに描く。
この映画にキャラクターの紹介などは詳しく描かれない、なぜなら実際にこのような状況におかれた際自己紹介などたわい希ない会話をしている暇などない。
暴力描写は案外少なく、その反面心理的に訴えられる描写が多い。
本物の飛行機を実際に使用したドッグファイトのシーンはリアリティーを追求したのか、もっさりしてる。
心して観て、期待して観て、気付けば戦場にいた。
2Dで、あれだけの音量と臨場感。
1発目の銃弾から100分間、ダンケルクにいた。
空から狙撃し、溺れては逃げ、船酔いしそうな、逃げても逃げても逃げられないことにずっと心臓がざわざわして涙が出ていた。
主人公なんているようでいないもので、陸海空3点から何十人もの視点で進むから余計しんどいし笑 でも、セリフのあった人はみんなほんっとうにかっこいいのに、やれジョージクルーニー、ブラッドピット、トムハンクス、トムクルーズみたいな大物がいない、あのポスターの青年だって、他に何に出ていたかわからない、1Dのハリーががっつり映画に馴染んでいる。主役がきちんといるわけではないからこそ、○○のあの映画!にはならない。
けど、個人的にはあの海軍トップ的な大佐が、空を感じ海を読んでる様があまりにかっこよく、そしてなぜか海軍制服の下にタートルネックの白ニットを着ていたことが激しく気になった笑
あと、よくあるみいな恋模様は一切なかったから変に家で帰りを待つ妻や彼女、母親な気持ちへの感情移入による涙はなかった。もちろん現実的には家族が待ってただろうけど、とにかくこのダンケルクでは1人でも助けることが、1秒でも生き延びることが最大で唯一の目的だったから。
ひたすらに逃げ惑い、生きることに全力な、CGのないイギリス人の映画魂を体感した。
あんなに泣いたタイタニックみたいなことが数分おきに起こり、嘘のない空と海と陸とに完全に持ってかれた...
誰を主役にしても映画1本作れそうだから
戦争を体験していないのにも関わらずこの100分を作り出したことは本当に本当にすごい。
観ただけでもノーランと同じ時代に生きてることに感謝やのに、出演者、スタッフ全ての関わった人はこれから一生ダンケルクに関わったっていう感謝と誇りで食べていけると思う!!
映像であり作り物であることを忘れるほどのリアルを超えた臨場感です!

ということで2回目は日本で一ヶ所しかないIMAX次世代レーザーでワープ!

たて18mよこ26m通常の40%増量...すごすぎた、地鳴り爆撃魚雷..全部受けてちょっと酔ったくらい笑 素晴らしい!ノーラン監督がこの撮影法を選んだ意味が詰まってた!
始まってから最後の一息つくまでずっと鳴ってる時計の秒針の音が終止ざわざわする。陸海空と三場面と微妙な時系列で展開されるが誰が主人公ってのはなく、それぞれの場面でスポットを当てた人を追う感じ、愛読してるブロガーさんがこの作品にはヒーローがいないと書いてたが、誰かを助けたいと思って行動を起こした人達が沢山いて、みんなヒーローじゃないか!って思った。
台詞が数える程しかないのもいい。
あと、みんな役者がハンサム!
フィンくんはこれから沢山の作品に出るような役者になるのかな、トムグリも癖のある俳優さんになりそう。
1Dハリーはちょっとやな奴だったけど、人間味ある役だったしアイドルヲタ的目線から見ると役者デビュー作がノーランなんて羨ましい。
あと、一番気になったギブソン役のアナイリンバーナードさん!トビーとイライジャに似てる、
彼は生き残れた??そこがちょっと分からなくて、見た人教えてくださいっ
○回想などバックボーンは描かれはしないにも関わらず、年寄りのセリフは背負うものを示し、その後の行動の動機を説明するに充分の言葉

○飛行シーンをカットせずに、そのまま長い1ショット1ショットをスクリーンで無音で見続けたい、それほど美しい

○おそらくだが
ドイツ軍は鉄の塊として登場するもののドイツ人そのものは一人も登場しない。
敵であるにも関わらず実態が出ていない、それを観客に気づかれずに遂行するのはノーラン監督の挑戦のようにも思える。

○生き残る事に価値がありそれ以外の何物でもない、それは逆説的に殺し合いをする戦争の無意味さでもある