ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

予備知識入れてから観に行く事をお勧めします。
最近、実話ものは正直お腹いっぱいだった。
なぜならその事実を伝えることにほとんどを割いて、映画としての個性が感じられなかったから。
しかしそれは本作に関して杞憂だった。
ノーラン監督の手にかかれば、ここまで衝撃的で、かつ個性的な映画になるものなのかと感心した。

怖くて鳥肌が立つなんて初めてだ
roki

rokiの感想・評価

3.9
映画の概念が変わるぐらいの作品。
冒頭の銃撃戦から思わず、手に汗握ってしまうほどの臨場感◎。
映像と音響の迫力が凄まじくて、恐怖すら覚えました。
映画というより、体感型のアトラクションのような印象を持ちました。そういう意味で、好みが別れる作品にはなっていると思います。
ぜひ映画館でこそ見て欲しい作品です。
zaizen56

zaizen56の感想・評価

2.5
「ダンケルク」を鑑賞。
改めて思ったけれど、自分はそもそもノーラン作品で当たりだと感じたのは実はそんなに多くない。(メメント、インセプションくらいか)今作も同様で自分にとってはいまいちだった。何がなのかはあまり説明できないが、全体的にぼんやりした印象。
ただ商船の中の緊迫したシーンや砂浜の冷たい絵図、そしてもはや相棒的な存在のハンスジマー音楽は素晴らしかった。
けん

けんの感想・評価

3.5
IMAXでみた。撃たれた兵士のうめき声とかは消して銃声と戦闘機のエンジン音だけで臨場感を演出してた。写っている人物はどうでも良くて、その時ただ何があったのかを描くような形。
時系列はぐちゃぐちゃで見やすい映画ではない。映画館の逃げられない環境か、余程体力ある時じゃないと見れないなって 良くも悪くもノーラン感。
中庭

中庭の感想・評価

1.8
冒頭の市街戦をかいくぐった先に広がる絶望の砂浜へと至る一連の空間的な演出は冴えていたように思う。
それだけに、極限状態における人間の時間感覚の生理の矛盾を、モンタージュと突飛な構成によって婉曲的に結晶化させようとするあの痛ましい試みを取っ払い、一つひとつの場面を丁寧におさめてダンケルクという場所性の構築に努めればよかったのに、と悲観的な思いに駆られる。
海面を斜めにとらえて迫力を演出するような自制のきかない撮り方を我慢出来ずに本編へ組み込んだり、燃え盛る戦闘機がブラックアウトした直後に「ひと呼吸」の拍動に合わせて青年の姿を瞬間的に浮かび上がらせるなど、映画を信じていないような振る舞いが随所に立ち現れては消えていく。
終始鳴り続けるあの音楽を消したらあるいは、と感じてしまう場面も多かった。新聞に載った青年の顔は、文字にパンする前でなく、前後の順番を入れ替えるべきだったと思う。
兵士たちの匿名性とワンダイレクションの彼がぶち込まれたことについて(重油まみれ、顔面では国籍が判らないサスペンス、帰港した先で物資配給の老人男性に顔を撫でられる、駅で待っていた国民たちに顔を見せられないetc)など、どこかで議論でも巻き起こっていたりするんだろうか。
横山

横山の感想・評価

4.1
面白い、面白い、面白いんだけど期待していたのとはちょっと違った

そして改めてノーランがリアル志向ではないということを確認しました

ヒッチコックとかを参考にした恐怖描写とかは本当にピカイチでしょ!
motoki

motokiの感想・評価

4.3
もうハンスジマーだし65mmフィルムだしって事でimaxで観ました。公開翌日に。

クリストファーノーランはこんなものも撮れるのかというのと同時に音がとても良かった印象です。戦争下の音しかり、音楽と言えるようなメロディーは特徴的にはないのですが、人物の感情や場面の緊張感を現すハンスジマーの音楽がとても良かったです。
優雅に空を飛ぶかのような映像から機銃の音で唐突に現実に引き戻される感覚。お得意の印象的なメロディーリフレインがなくてもめちゃくちゃ価値出してくるところ流石だなぁと。

トムハーディはどんな役やってもかっこいいですね、男の中の男っぽく。

ビクビクしながらずっと観ていました。たまたま この世界の片隅に を観た次の日だったのですが戦争映画はやはり身につまされます。
>|