ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

まるも

まるもの感想・評価

3.0
いつもの事ながら、戦争モノというほか、あらすじも知らずに観たため、初見ではうまく飲み込めなかったです(ハリーを見たかった)

ダンケルクの戦いの歴史について、事前に下調べをしたらよかったかな。
自分がその場にいるような、臨場感と緊迫感がすごかった
戦争を題材にした映画はいくつかみてきたが、これまで観てきた映画は、人間にスポットライトが当たっていたように思う。
戦争という極限状態の舞台、そこに生きる人間ドラマが描かれていた。
(ぱっと思いつくかぎりでは『プライベート・ライアン』『シンドラーのリスト』『ライフイズビューティフル』『アメリカン・スナイパー』など)

それに対し、本作は戦争や戦闘そのものを直接表現しようという意欲を感じた。
上に挙げた作品が劇中に登場する人物に感情移入することで、戦争の悲惨さを追体験するというよなイメージならば、『ダンケルク』は観客自身が登場人物になって戦争の恐怖、生と死の狭間の中にいる感覚になる。そんなイメージ。

印象に残ったシーンは、船の中で味方の救出を待つも敵兵士に外から銃を打たれ、鋼鉄の船体を弾丸が貫通して登場人物たちを襲うシーン。
銃の音といえば、"バン!"という擬音が代表的だが、作中で弾丸と船体、金属と金属が生み出す音は「チュイン、チュイン」という、文字にするとスズメのさえずりと間違えてしまいそうな音。
密室の中で外から銃で打たれるというシチュエーションに加え、聞き慣れない音に恐怖を覚えるシーンだった。

『ダークナイト』や『メメント』『インセプション』『インターステラー』のクリストファー・ノーラン監督を期待している方にとっては、『ダンケルク』が物語を楽しむ構造ではないので期待外れになるかもしれない。
しかし、戦争映画におけるリアリティという点においてオリジナリティはあったと思うので、監督の新たな一面を楽しめるという点では期待を良い意味で裏切ってくれたのではないか。
chiho

chihoの感想・評価

2.3
実写にこだわったそうで、そういうのが好きな人はいいと思う。
ストーリー性は乏しい。
tekito

tekitoの感想・評価

3.8
2017.映画館、2017.12.機内鑑賞 思い出し

淡々と、冷徹に、主人公無き物語が描かれる。映像は圧倒的だし、冒頭から緊張感の連続。
海からの寒風が映像越しに伝わってくるのか、緊迫感からか終始身震いしてるような感覚。

3方向の異なる時間軸のベクトルがある一瞬に集約してまた解散するという流れは、アモーレスペロスを思い出させた。

一定以上に素晴らしいのは間違いないのだか、冷徹さに徹した映画故に、これまでのノーラン映画に満ちていた極上のエンターテイメント性が薄まって見えるのだろうか。

同時期に見た戦争映画としては、ハクソーリッジの壮絶さ、恐怖にはやや劣るという印象となってしまうのが惜しまれる…
ツカサ

ツカサの感想・評価

2.0
DVDで観ました。あまり事前知識なく観たら、どんな話だったのか理解しにくかったです。映画中のテンションも単調に感じてしまい、楽しむのが難しかったので2点。
観た後に、いろいろな人のレビューや解説を読んで、なるほどーと思ったところはいろいろあったので、観る人を選ぶ映画なのかなと思います。
朱音

朱音の感想・評価

3.5
ノーラン監督が実話に挑むと聞いてソワソワ。でも実話に忠実だからこそいい意味でノーラン監督っぽくなかった。「撤退」をメインに描かれているけど、撤退するから負けるって事でもない。撤退側を描いているからか、戦闘意志のない兵たちを徹底的に追い詰める様子は観ていて気持ちのいいものでは無かった。まぁ、戦争ってそういうものなんだろうけど。。
しかしラストのトム・ハーディに全部持ってかれた感やばし。
戦争映画だがドンパチなく救出に視点を置いた映画。 時間軸が入り乱れるのでチョット混乱
ドイツ兵が殆ど出てこない
ごーだ

ごーだの感想・評価

4.0
戦争ダメ絶対
>|