ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

ノヴ

ノヴの感想・評価

4.0
時間軸をうまく操るノーラン監督の作品として、実話をどう表現するのかと思えば…。

うまーくやりおる。
穂波

穂波の感想・評価

4.0
淡々としてていい
画がとにかく美しい
saki

sakiの感想・評価

3.6
たとえ自分が犠牲になったとしても国の為に戦うのが正義、という当時の感情を描くのが戦争ものには多いと思うのですが、この映画はそれとは違いました。

この映画に出てくる若者たちは、それぞれ《生き延びたい》理由があって、死の間際でも生き続けられる僅かな望みに賭け続けます。ある意味戦争という洗脳の中でも自分を見失っていない、人間らしさが存在し、何故だか少し安心しました。

戦争映画は国に洗脳された若者たちを描いている部分がどこかあるような感じがして(言い方は正しくないですが)共感できない事が多いのですが、この映画は生きたいと願う若者たちの必死な心情の描写を上手く描いているなと思いました。
Lcapl

Lcaplの感想・評価

3.4
即席桟橋は上がる
RiRi

RiRiの感想・評価

3.7
たぶんIMAXで観たの正解でした
KZ

KZの感想・評価

4.0
息を呑む106分。
誰も戦いたくて戦争しているわけではなく、何かを守ろうとしてたのだ。帰還して祝福される兵士。小さな勇者を生んだ船。そして多数の兵士を守り投降した飛行士。それぞれのラストが良かった。

2017 036
chi

chiの感想・評価

3.7
ずっと楽しみにしてたノーランの最新作。
時間が取れず機内で鑑賞したけど、これ、映画館で見たらもっと大迫力で、もっと壮絶に感じたんだろうな。

色彩の美しさと戦争の悲惨さがミスマッチなようで、逆にお互いを引き立たせていたように感じる。

考えていたような戦争映画とは違って、「戦う」というより、「生き延びる」をテーマにした映画だった。さらに言えば、それぞれの「なぜ戦うのか」に焦点を当てないことで、戦争の悲惨さだけに集中することができた。

予備知識として、ノーラン監督は赤色と緑色を識別しにくい先天色覚異常(1型2色覚)の持ち主であることを知ってたからこそ、余計に色彩に目がいってしまった。
青が本当に美しかった。


p.s.トムハーディ出てるって知らなくてヘルメット?取った瞬間びっくりした〜〜(笑)
ノーラン監督、トムハもキリアンマーフィも好きだね〜〜〜〜
>|