ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「ダンケルク」
原題「Dunkirk」
2017/9/9公開 アメリカ作品 2017-156

戦争映画であって戦争映画ではないそういう作品です。戦闘シーンではなく怖気付き、逃げ惑う兵士の「撤退」を描く、一人一人の置かれた状況をリアルに描く人間ドラマです。
今回、ノーラン監督は空、陸、海の3つの視点で語られる物語を執筆しており、サイレント映画を研究してし、台本に台詞はほとんど存在せずに実際も極力関わら台詞を抑えて、ディテールのみでサスペンスを描きました。
特にIMAX70mmフィルムで画面サイズ、解像度にこだわった撮影を行い、音響のすごさとハンス・ジマーの音楽でそのディテールを極限までに効果的に描いています。
最初のフレームから最後まで、驚異の視覚効果で第二次世界大戦を描今までにない作品ですね。
唯一、トム・ハーディだけが戦争映画のヒーローとしての役割を担っているのでしょうか。

大きなスクリーンで観る必要がありますね。

「ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話をもとに描く戦争映画。史上最大の救出作戦と言われる「ダイナモ作戦」が展開された、第2次世界大戦のダンケルクの戦いを描く。出演は、今作が映画デビュー作となる新人のフィオン・ホワイトヘッドのほか、ノーラン作品常連のトム・ハーディやキリアン・マーフィ、「ブリッジ・オブ・スパイ」でアカデミー助演男優賞を受賞したマーク・ライランス、ケネス・ブラナー、「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズらが顔をそろえている。
けん

けんの感想・評価

4.1
IMAXで見たけど神だった
Mina

Minaの感想・評価

3.2
戦争映画が嫌い、苦手、観ない、な私ですら分かる。この戦争映画の異質さ。他作品は割と好みなクリストファー・ノーランの独特な映画表現は流石、時間軸のいじり方も面白い。予告編も何も見ていない状態の鑑賞だったので、映画の始まりは少し戸惑ったけれど、それでもついてはいけるレベル。戦争映画をたくさん観てきた人も、全然観てこなかった人も、観るべき作品ではあると思う。

---------

以下超自己満自分語り。どうしてもテーマが戦争というだけで、たったの106分が苦痛。銃声がなくても、流血がなくても、戦争映画は拒絶反応、、どうしてだろう。帰還兵の物語は観るし、殺人やら爆発にまみれようと普通のアクション映画なら問題ないのに。戦場での人間の心情や行動を映画にされても、興味を惹かれることはない。ひたすらに嫌悪しかないから、真っ直ぐに観ることができない。映画に入り込むあまり、選り好みするようになってしまったのかもしれない。広い目で映画を観るべきだと思う、でも克服しようにも苦手な映画を手に取るのはなかなか勇気がいる。
淡々と時間が過ぎていく中で、時折顔をみせる人間の激しい感情がすごく印象に残る作品

戦争兵器の前での人間の無力さに言葉が呆然とする
brouillard

brouillardの感想・評価

4.0
ひとつの話を描くだけでも大変なのに、3つの出来事を同時進行で描いていって、しかも、どの出来事も、ずーっと緊張感を切らさず、最終的にはひとつにまとめてしまう…。例えるならね、3人のピッチャーが空中にボールを投げて、3つのボールとボールとボールが同時に綺麗にぶつかる、しかもスローボールじゃなくて、かなりのスピードで、みたいなことですよ。

さらに、超一級エンターテイメントとして観客の心臓をバクバクさせながら、戦争の怖さもしっかり脳裏に焼き付けてくる。

現在のハリウッドで最も実力のある映画監督は、このひとかもなー。
ひな

ひなの感想・評価

3.9
「音」の映画だった。観終わると負傷した兵士の叫び声、不気味な飛行機が近づく音、鉄板を銃弾が貫く音とかが耳に残ってた。そういう撮影手法だったのかな?
第二次世界大戦のヨーロッパ舞台の映画を観ると毎回思うのは、防衛線が生死を分けてること。防衛線から一歩出ると普通に撃たれるし、その防衛線の攻めぎあいが1大陸で行われてたと思うと恐ろしいね。
撤退も一つの戦場だったんだと思わせられた。
Meg

Megの感想・評価

4.0
何度かじーんと来る。
民間のイギリス人がフランスまで救助に向かう場面をみて、「ああ、そういえばこの人たち、なんだかんだでこういう性質だった」と思い出す。
niikulion

niikulionの感想・評価

3.6
現象としての戦争
kenji77760

kenji77760の感想・評価

4.3
戦争の恐怖が伝わりすぎるくらい伝わって来た。迫り来る低音が響き渡り、恐ろしさが倍増した。空の闘いも臨場感ありありで見応えがあった。海に沈んでいく恐怖もドキドキした。場面の切り替わりも激しく、さまざまなところでの戦争の悲惨さが表されていた。
いやぁ面白かった!
>|