ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

ichi

ichiの感想・評価

-
170920 14:15〜 2D字幕IMAX
明烏

明烏の感想・評価

2.5
正直、困惑してしまった。
自分にとっての「いい映画」ってなんなんだろうと。

リアリティを追求した撮影や演出、セリフに頼らない心情描写、音楽と音響の使い方、凝った構成、息を呑むほど美しいカット。
この映画には全部あります。高評価を得ているのも頷けます。ノーラン監督、流石の映像マニアっぷりです。

けど、これを「戦争映画の良作」として認めてしまうのは違う気がする。認めてしまうと自分の「映画観」を否定してしまう気がする。
あまりにもコマーシャルされた話題作なので辛めにたくさん書きます。

この作品、流血描写も殆どなく、ひたすら淡々と進んで行きカタルシスも微弱で、だからメッセージ性も弱い。何より「痛さ」が無い。血が出ない(これ重要だと思う)。死というものがあまりに軽くて、心を抉るような鋭さに欠けた作品な気がする。
映画としての完成度は文句無しに高いと言える要素が目白押しなのだが、その反面先述した描写が甘くて(浜辺で爆死した兵の死体とか寝てるみたい)、そういう点では重要視している筈のリアリティが皆無で自己矛盾起こしてしまってます。

そもそも映画は大衆へ向けたモノなので、ストイックさを多少犠牲にしてもある程度の分かりやすさとメッセージ性は必要なのだと思うし、ましてや戦争を描くのであれば美談をも美談としない決断が必要だと思う。
結果、ドイツ兵が登場せず、敵国の兵士の死が只の出来事としか描かれていない本作は「ダンケルク撤退をリアルに美しい映像になる様に描きました」っていう芸術家の独り善がりな作品でしかない。
ハンスジマーの音楽もそれを強調している。

IMAXで観れば映像&音響効果も倍増し、過去に無い映画体験が出来るがそれってこの作品に限った事じゃないしIMAXが必須レベルの要素になっているって点でいつ何処で観ても評価できる作品ではない。

皆さん、この映画ホントに素晴らしい映画だと思ってるのかな、、、。
「ノーラン=面白い」っていう大衆迎合的な意見じゃないと言える?確かに監督としての力は示せてるけど、、、ねぇ?

それと、最後に思ったのは「戦勝国はこういう切り口で戦争と愛国心を語れるのだな」という事。決して戦争賛美な映画では無いが、この救出劇を「勝利」としたチャーチルのスピーチは強烈なプロパガンダであり、その後和平交渉を蹴っての徹底抗戦→世界大戦→英国の衰退、への流れを決定付ける一因でもあるのだが、、、。

ノーラン作品って映画愛と拘りは滲み出しているけど、映画においてかなり重要なものが抜けている場合があって、本作はそれに当たると思う。この人はストーリーテリングが下手というか、わりとどうでもいいと思っている節があるなと思った。
映画人というよりはアーティストなんだよな。
自分の中の映画観を見つめなおすのに良い機会でした。
t800

t800の感想・評価

4.0
78年前の今日もダンケルクの戦いの最中だったと聞いて。
ずっとカタカタいってた‼
ERiKA

ERiKAの感想・評価

2.5
戦争映画を普段観ないためか残念ながら映像メインの映画としか思えなかった。主人公のセリフが少ないのもそういうことなのかな?
もちろん映像としては迫力があったが、内容がその迫力に追いつけていない気がした。
技術9.6
好み10.0
ShigenKubo

ShigenKuboの感想・評価

3.5
クリストファー・ノーランの作品ということで鑑賞。

ちゃんとした歴史背景、現実に起きた戦いについて学んでから見るとより深く楽しめたのかな。理系の僕にはなんの知識もなく、ただハラハラが続き、かっこいいで終わった映画になってしまった。くやしい。
絶望的な状況で淡々と生き延びるためのすべを模索するしずかな一面が印象的
トム・ハーディーだけ強さの次元が違う
>|