ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

yosumi

yosumiの感想・評価

2.6
麺:やわらかめ
脂:多め
味:薄め
Kalizabeth

Kalizabethの感想・評価

3.8
原題「Dunkirk」

空、海、陸。
1時間、1日、1週間。

この3つの時間軸をたったの2時間でまとめることで、
見ている私たちの体感時間をさらに緊張感あるものにする。

もう嫌になる程、陸の時間の辛さ。
早く助けて欲しい、祖国に帰りたいという
戦争を生身で戦う彼らの恐怖感が…。
1週間分、しっかり見せられたなという満足感があるのはさすがだなと思う。

逆に空の戦いは、スピード感が命。
地上や海上とうまいことリンクさせながらも
最後の着陸まで目を離すことができない。


正直、世界大戦におけるダンケルクの戦いを知らない人は、
というか私はダンケルクの場所さえ調べながら見ていたのだが
ぜひ簡単でいいので予習してから鑑賞して欲しい。
"会話する"ことがないので、きっと最初は戸惑うはず。
マキ

マキの感想・評価

4.3
まず言いたいことは

「映画館で観れば良かった・・・・・・」

必要最低限の台詞や、音楽、そして臨場感のある陸・海・空のザッピングに息を呑みます。
この作戦の英雄の運命をラストカットで魅せるあたり、ダイナモ作戦やチャーチルの賛美ではないと、私は感じました。
時間差がスバラC。
Emma

Emmaの感想・評価

4.5
なんともいえないあの音の臨場感がすごい。。ハリーもちゃんと、役者になってた。
ヂミー

ヂミーの感想・評価

3.8
最初の方〜極力セリフを排した感じが、切迫感というか生きる為に動くことに手一杯というか、なんというかよかった。
実話なのか。誰が誰だか、ラストの新聞の人も、どのひと?みたいな、名前がほぼでないからもか、わからんかったが、
空中戦のシーンのリアリティとか緊迫感、沈む船、戦闘機、溺死の恐怖、
重油が漏れることで海の上で炎が出る描写になるのか、と、知識の乏しい私はようやく納得した。
たろう

たろうの感想・評価

3.7
戦争映画って、派手な戦闘とかすごい手に汗にぎるドンチャンとかあついストーリー、あついキャラクターで魅せるってイメージあるけど、ダンケルクは徹底して地味で重くて、苦々しくて。
あーいう息詰まるような重苦しさがリアルだったのかなって感じられた。

時間軸ずらしてたりのそうーいう演出でそれぞれのストーリー同士の繋がりを興味深くしてた。気がする。
gou

gouの感想・評価

2.9
誰がダレだか良く分からなかった。
り

りの感想・評価

3.5
ストーリー性は無い。ただ、どんどん引き込まれていくのはなぜだろう。
敵の姿や顔は映らないし、登場人物についてもほぼ説明はない。感情移入のしようがないこの映画。今までの戦争映画にどこか一石を投じようとするノーランの意図があったのかな。
ノーランの映画はどれも芯となるメッセージがあって、観た後にあれこれ考えさせてくれるのが楽しい。ダンケルクもそんな映画でした。
>|