ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2017/9/18鑑賞。1940年、ドイツ軍の侵攻で英仏連合軍の兵士40万人がフランスの港町ダンケルクへと追い詰められる。イギリスでは民間船を徴用した大救出作戦が勧められるが…という話。突然大きな音がするシーンがいくつもあり、映画館鑑賞は心臓に悪いです。史実で結末は分かっているものの、「この後、この人はどうなってしまうのだろう」という不安で目が離せません。魚雷被弾の瞬間が非常にリアルで怖かったです。ただ、非常に評価の難しい作品でした。 70点。
たいへん迫力ある映像と音響で、ずっと全身カチコチに緊張しながら見てた。で、見てる間は、こんなの見たことないヤバい!って確かに思ってたはずなんだけど、見終わってみると、ん?あまり心にズシッと残らないのは、どういうことだ…

映画同士を比べるのは好きではないけど、やはり無名の若手俳優を起用した近年の戦争映画では、「ヒトラーの忘れもの」の方が、視点のユニークさ、人間ドラマの深さ、反戦のメッセージ性、といった点で、わたしにとっては長く心に刻まれそうなインパクトある映画だった。全然タイプ違うので比べても意味ないけど。
(日本公開時のレビューです)
ただの戦争映画じゃない。好き嫌いも分かれそう。どう思うか、全て観客に委ねているようだった。
わかりやすくなんて全然なかった。みんなただの人間だった。わかりやすい人柄、役柄じゃなくて、あるただの人間を演じている役者をほんとにすごいと思った。
この映画のわからないところに自分の未熟さを感じた。だから何度も見たくなる。
あやか

あやかの感想・評価

4.0
戦争そのものについての映画だった。
大抵の映画だと、ひとが死んで恋人家族が泣いてっていう感じだけど、それより淡々としてた。というイメージ

敵陣も映画では出てこないんだよな、奇妙だな。他とは違う面白さがあった
ダンケルク大撤退の様子を一難去ってまた一難を繰り広げる一兵士の姿を軸に描いた一作で、海軍将校役のケネス・ブラナーが神がかりなほどカッコイイという眼福モノ。
ともあれ、苦難乗り越え一般市民の自己犠牲的活躍で生還したものの、新聞記事で未だ戦争は継続中だと思い知らされるトミーの暗澹たる表情が印象的。確かに、ダンケルク大撤退ってWW2始まったばっかりに等しい頃だもんなァ……。
寅さん

寅さんの感想・評価

4.0
映画館を出た後のメモがこれしか残ってなかった。


「音がすごい」


圧倒されたのだろうがこの一言とは。
この映画、はっきり言って面白くはないです。だだっ広い海や砂浜がのぺーっと映し出されるしド派手な戦闘シーンやグロ・切り株描写もないし主人公がヒーロー的な活躍をするわけでもないですからね。特に人間ドラマがあるわけでもない。やたら戦闘機に詳しいおじさんの話は胸を打たれますけどね。ひたすら逃げて逃げて逃げまくる。訳わからんと言う人が多いのもわかります。
で、何が言いたいかというとね、この映画はそんな訳わからんことを106分にぎゅっと詰め込んで、戦争ってこういうことだよ、戦場の中の兵士たちは結局何だかよくわからないまま戦わされてるんだよ、ってことをリアルな映像と少ないセリフと登場人物の表情をもって示してるのかなと思うんですよね。
なので物語的な面白みはない。その代わり観ている側は、登場人物と同じ目線でそこに自分がいるかのような緊迫感や恐怖や絶望感を味わうことで戦争というものを自分なりに感じ取れるんではないかな。そういう意味でわたしはこの映画を高く評価したいと思います。偉そうにすいません。
あとね、イケメン率高くてお母さん非常に困りました。女性ホルモンドバドバですよ。やだねー歳とると平気でこんなこと言っちまうからねー。とにかく観て良かったと思います。でもやっぱり劇場で大音量で観たかったっス。
かいと

かいとの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ドイツ軍からひたすら逃げて生き延びようとするイギリス軍と少しのフランス軍と、それを助けようとするイギリス人達のお話。

「俺たちは生き残っただけだ」
「それで十分さ」

「お前がしたことは彼らが知っている」

などのセリフが心に残った。

戦争を通して人間の脆い精神を描いているけど、それを静観している自分がいて、すごく冷静に見た作品。

最後にフランス軍のために残る将軍かっこよすぎ!!!
>|