ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

habtex

habtexの感想・評価

4.0
2回目


これまでのノーランの作品との比較、戦争映画の文脈を考えると、失敗しているが、映画単体の試みは挑戦的で面白い。

これはドランの『たかが世界の終わり』と対照的で、あちらはドランの映画を踏まえてないと面白くない。

観ていて興味深いのは映像の運動。
画面の中の水平方向の運動。
物語上設定された陸海空の垂直方向の運動。
そして、時間という、それらを包括的に取り囲み、無限の伸縮性と方向を持つ運動。


映像は伸縮性のあるメディアであり、物語もまた然り。上記の3つの運動が各ステージで展開されて、ステージは融和していく。
『ダンケルク』はあらゆる意味で「旧い世界から新世界を救い上げる」術を見つけていく映画であるのだろう。

しかし1回目に観たときのことを感じたのもまた事実。普通に物語だけで追ったらそうなってしまう。戦争ということを考えたら、やっぱり多少の美談化は感じちゃう。
自分も何回か観たり、いろんな人の解説を観ないとここまでいろいろ感じなかったけど、もし上記の推測が実際に意図されているならノーランさん、そりゃちとハードルが高いんでない?

とは思うが、感想や批評や考察解説がインターネットに溢れているしこのご時世きっと分かるでしょって魂胆なのかも。

しかしそういう作り方ってアリなのか?




1回目

これは駄作だ。
映画の評価が個人的な体験に基づくものだと分かりながら、敢えて駄作という言い方をしたい。

うんこをしに来たならうんこを映せ。
目の前で人が吹っ飛ぶなら血を映せ。

戦争の美談なんかするな。敵の死体を映せ。

画面に汚いものを映すことに躊躇するな。

それがあっての「圧倒的映像美」と「爆音」とか「轟音」とかの臨場感だろ。


これがドローンの戦争なら成功していたかもしれない。

関係あるか分からないがノーラン作品で好きな作品は大体弟のジョナサン・ノーランが脚本を書いてる事を知って、妙に納得してしまった。
jj

jjの感想・評価

4.0
まさしく欲と恐怖。
セリフ少なく描かれる映像。
映し出される兵士たちの緊迫感がひりひりと半端なくて。
テレビ画面からでも凄まじい臨場感でした。
やっぱり映画館のスクリーンで映像体験したかった。
再見。傑作。

美しさと静けさ。

物語説明ゼロの演出が、まるで自分が戦地に迷い込んだかのような悪夢体験的な演出となり恐ろしさが増す。

余計な台詞も一切ない。一つは、ただあの船に乗りたいだけ……

劇場での初見では、少し眠ってしまい、起きても覚めない悪夢を自ら演出してしまい、本当に何がなんだかわからず、溺死しそうになったり、本当に見ていて苦しかった。

チクタクチクタク時計の針を刻むハンスジマーの音楽がまたもう……
pecoo

pecooの感想・評価

4.0
ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)
「スピットファイアのエンジン音は、スウィートだ」という(ような)セリフにグッとくる。

戦争で息子を失い、行動を共にしてるもう一人の息子もどうなるか分からない。
それでも誇らしげな表情をしてる。

「何が見える?」
「home (故郷だ)」ボルトン海軍中佐(ケネス・ブラナー)が答える。

拠り所がないと、生きていけない。
会話のない家族が増えると、戦争が起こりやすいのかも。
さん

さんの感想・評価

3.9

クリストファー・ノーラン監督が第二次世界大戦を描いた戦争映画🎬

いわゆる王道的な戦争映画とは全く違う、「意外性あふれる」作品でした。王道的な戦争映画ですと、
・主人公たちの戦闘シーンが全くない
・血も全く流れない
・敵のドイツ軍兵士の姿が全く描かれない
・映画中で善悪の価値判断がなされない
上記のようなことが描かれています。しかし、今作は「丸腰での撤退作戦」なので、敵襲や過酷な自然環境の中、主人公たちがこの撤退戦を「どう生き延びて」「どう協力しあうのか」という「サバイバル」に焦点が当たっています。

今作の見所は生き延びようと必死な兵士や、名も無き英雄たちの活躍です!!死と隣り合わせの生き地獄のような戦場で、兵士たちの「生」への渇望を感じられる映像は凄まじかったです👏 そしてサバイバルが克明に描かれる一方で、さり気なく描かれたのが名も無き英雄たちの尊い自己犠牲精神でした✨30万もの兵を救う為、多くの人が命をかける、、自分たちにできる利他精神を淡々と発揮して、撤退戦に協力したお陰で30万の兵を救い出す大成功に導けたのだと考えました。

そしてこの映画は、ゲイリー・オールドマンがアカデミー主演男優賞を獲得した「ウィンストン・チャーチル」と密接に繋がっています。「ウィンストン・チャーチル」でもダンケルクの戦いについて一瞬だけ触れますが、ほとんど内容については触れられませんでした。ダンケルクの戦い後、世界はどうなったかというと、ラストシーンのすぐ1ヶ月もしないうちに、フランスはドイツにあっさりと降伏してしまいます。ヒトラー率いるドイツ軍は、フランス軍の構築した防衛戦「マジノ線」を突破し、電撃的にパリを占領。そして装備・兵力ともにドイツ軍に劣るフランス軍は、1940年6月には降伏し、フランスに親ナチスの傀儡政権が樹立されました。

ついで1940年7月以降、ヒトラーはイギリスにも空爆を開始し、上陸作戦を実行します。しかし、撤退作戦の大成功で、チャーチル首相以下、徹底抗戦への士気が高まっていたイギリスは、ギリギリのところで本土決戦を防衛してピンチを切り抜けました。以後は、連合軍にアメリカが参戦したことによって形勢は徐々に連合軍側に傾いて行きました。しかし、イギリスにとっては「ダンケルクの戦い」で撤退作戦を成功させ、約20万人の遠征軍の将兵を無傷で温存できたことが、精神的にも物理的にも、占領される水際でドイツ軍を撃退する力になりました。

これはチャーチルの演説から抜粋したものですがとても印象に残っています。
we shall defend our island, whatever the cost may be. We shall fight on the beaches, we shall fight on the landing grounds, we shall fight in the fields and in the streets, we shall fight in the hills; we shall never surrender
「ダンケルクの戦い」直前、65歳にしてようやく念願の首相の座が回ってきたチャーチルは、周囲の側近たちが弱気になる中、「徹底抗戦」を主張して一歩も譲らず、国民を力強いスピーチで鼓舞し続けたました。嫌われ者だったチャーチルが英雄に変わった瞬間です👏
福田

福田の感想・評価

2.8
空、海の煌めきと 頭上をかすめる戦闘機の轟音
「きれいな映像」だったけど、きれいな映像のために「綺麗じゃない」描写を避けている感じがして 血の出ないゲームみたいだった

銃弾は花火じゃないし こういうテーマは美談として語られるべきじゃないと思う
IMAX字幕鑑賞!

サボって採点!
東

東の感想・評価

3.6
メメントてきな
木更津キャッツアイてきな
Kennedy

Kennedyの感想・評価

2.5
機内で観たけどデジタルアルバムを眺めているくらい暇だった。なぜここまで評価されているのか…。
>|