ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

4.0
このような史実があったことはこの作品のおかげで知ることができました。

さすがにC.ノーランが撮ることになると世界中で自分と同じような人もめちゃくちゃ多いのではないか。

第二次大戦を描いた近年の作品としてはスピルバーグのプライベート・ライアンが有名ですが、それを観たときほどの衝撃は本作からは受けませんでした。

ただ、本作で採用された編集手法(陸海空スイッチ法?)は、歴史を誤解なく伝える手法としては最善だと思いました。

ただ、これまでのノーラン作品とは違うものになっており、一部のノーラン・ファンはがっかりするような作品だと思います。

自分はリアリティある本作はとても好きです。
知識不足。

ノーランはいつもこうだ。
圧倒的に不足している説明とセリフ、猫の目のように変わる時系列に明確な答えのないラスト。who is the winner?

知ってた。
それこそクリストファーノーランである。

撤退の最中、最後であると思われる英国兵士を船に乗せて、英国海軍大佐は言う。

“I'm staying, For the French.’’

各人の生に対する渇望と祖国への愛、そしてそれぞれの矜持。

戦争に是も非もない。あるのは、勝利と敗北、そして犠牲。ただそれだけ。
期待大で映画館に足を運ぶも期待はずれ。
銭子

銭子の感想・評価

3.8
軍服姿の異人種、見分けるの難しい問題に苦労する
Shurita

Shuritaの感想・評価

2.5
期待しすぎると…

話題作だっただけに期待しすぎてしまった…。

ウィンストンチャーチルを観てから観るとなお良し。
イギリスが自分の国に誇りを持っているのがわかる。
民間船が来るシーンで涙。

あと一番魅力的だったのは「ダンケルク飯」と巷で言われるトーストにイチゴジャム載せて食べるシーン。

ここで人が死ぬ⁈ってシーンがあって違和感。
どき

どきの感想・評価

-
記録、川崎
Yu

Yuの感想・評価

3.1
「サバイバルはフェアじゃない。」

音楽がないと、どこがいいシーンなのか全然分からない。

あと、なぜ時間軸が交差しているのか分からなかったが、wiki見て3幕構成だったことを知った。たしかにopでそれっぽいこと書いてたな。。。しかし、、、3幕構成の意味はあったのかな?1軸のほうが面白かったのでは??

あ、でもwikiで、パイロットがフォローしていたのを陸軍が全く気がついていなかったという話はちょっと辛かったかな。いや、映画よりwikiに心動かされてどうするんやってことなんやけどw

そして、なぜこんなにみんな興味があるのか考えた。
そうかぁ、殺すのではなく、救う映画を見たかったんだなぁと。ハクソー・リッジもそんな映画らしいので、今の流行りなのかな?

CGがないことと、兵士が段ボールで出来ていることにビックリしたw
これは、映画館で見るからこそ価値ある映画だと思う。
>|