ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

4.0
このような史実があったことはこの作品のおかげで知ることができました。

さすがにC.ノーランが撮ることになると世界中で自分と同じような人もめちゃくちゃ多いのではないか。

第二次大戦を描いた近年の作品としてはスピルバーグのプライベート・ライアンが有名ですが、それを観たときほどの衝撃は本作からは受けませんでした。

ただ、本作で採用された編集手法(陸海空スイッチ法?)は、歴史を誤解なく伝える手法としては最善だと思いました。

ただ、これまでのノーラン作品とは違うものになっており、一部のノーラン・ファンはがっかりするような作品だと思います。

自分はリアリティある本作はとても好きです。
久しぶりにこういう映画みた
ルリー

ルリーの感想・評価

2.9
戦争でフランスのダンケルクとゆうところに追いやられたイギリス兵士を ひたすら救出するお話
民間人の芯の太さにふれた
あいり

あいりの感想・評価

4.5
ストーリー性はそこまでないのに臨場感と迫力で見入ってしまいました。最近の映画だけあって映像が綺麗な上に、その技術に劣らない撮り方の上手さがマッチしててよかったです。私的には戦争らしいバンバン血バシュバシュっていう感じより戦争の中での人間臭さを感じました。
ノーラン節が非常に出ていた映画ではあったが、ジャンルがジャンルなだけに少し作品そのものには物足りなさを感じた。
また、演出もベタなところがあった。やはり映像美に関してはさすがの一言。
ダンケルク大撤退、作戦名ダイナモ作戦を陸、海、空から描く戦争映画作品

バットマン3部作ではそのヒーロー像のかっこよさに酔いしれ、インセプションでは圧倒的な世界観に度肝を抜き、インターステラーでは親子の絆に感動して…とノーラン作品は何かしらの心が揺れる要素で畳み掛けて来たのでやはり今回も期待値高めで観てみる。
実際の病院を爆破したり、実際のトウモロコシ畑を車で疾走したりと妥協を許さない手法に感嘆していたが今回のアクションは全てにそのノウハウを詰め込んでいた印象がした。
陸と海と空は全く違う場所に見えて、全てが同じ場所、同じ時間で進行していると言う壮大さに心が踊ってしまう

ただ、ひたすら映像に拘ったのか、嫌に少ないセリフが気になり、そちらに耳を傾けているといつものノーランらしくない様な底浅いストーリーが際立っていた
kin

kinの感想・評価

3.1
映画の中で、敵の姿、血 など
戦争の話なら必ず登場するものが、全く出てこなくても、その場の緊張感を味わえるのがすごいなと思った。
ストーリーを楽しむ映画ではなく、臨場感を味わう映画。
映画館で見たらもっと感じることがあったのかも。残念。
yukio

yukioの感想・評価

3.2
早稲田松竹で、なんと豪華なインセプションと二本立て!

インセプションが縦に時間を行ったり来たりしているとしたら、ダンケルクは横に行ったり来たり。ハラハラドキドキしまくりだった

少ないセリフもあいまって、銃声がとにかく響く。

エンジン止まってから着陸できんのかっこよすぎ
ひこ

ひこの感想・評価

3.5
「ただひたすらに戦場から帰りたい」映画
3つの視点から描かれとにかく無駄がなくて、セリフも少なくて、心情を、空気感を感じる映画
インセプションの時間処理がこっちだと自然な形に昇華されてる。
>|