ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

4.4
2018年に入ってしまったけど、やっと観れた!!
こういう映画を待ってた気がする!クリストファー・ノーランありがとう。
どこに行っても逃げ場が無い…この緊迫感はすごい。やっぱ戦争映画は怖いな。海も空も陸も怖いよ。誰も死にたくなんて無いのに、どうして戦うのかな。歴史的背景なんかチンプンカンプンですが、凄く心に刺さりました。
大層なCGも大げさなセリフも、そんなん無くても大作は作れるものですね。まあ、お金は掛かってるだろうけど。笑
色んなことが裏で重なって、最後に繋がっていくのが素晴らしい。最初は時間がよくわからなかったけど、途中からなるほど!ってなった。感動なのか、わからないけど最後は涙が止まらなかったよ…。最近よく映画観て泣くな。歳かな。笑
若い、知らない役者さん達が多かったけど、凄くリアルだったな。セリフ少ない中で演じるのは大変だと思うのに、ね。
トミー、ギブソン、コリンズの役者さんをすぐに調べてしまったですよ。笑
でも、やっぱりトムハ演じるファリアがヒーロー過ぎて格好良すぎて。私は、一番の英雄は彼なような気がするけど…。彼のことを考えると、もう…また涙が、ね。
ファリアさーーーーん!!!
さむ

さむの感想・評価

3.5
劇場で観た時は、緊張感が凄くて長く感じたけど…2回目家で観たら、意外にあっさり終わった。展開が早くて思ってたより感動が薄かった。ただ映像がしこたま渋く美しくカッコ良くて涙が出そうになる。トム・ハーディ兄貴が抜群にカッコ良く。ワンダイレクションもいい味出してた。冒頭の逃げるシーン、素晴らしい掴みだと思いました。
ストーリーそのものは史実とあって面白い展開があったりするわけではないがそこは求めない方がいい。

戦場の臨場感が半端ない。
映像が素晴らしい。
その戦場にいたかのような余韻が残るほど。

空、海、防波堤と3つの視点で描かれるが時間の流れがよくわからなくなる事を除けば凄く良いい。
戦闘機からのシーンを見てその時船からどー見えていたかを見せてくれる。
そこが凄くいい。

素晴らしい映画です。
“ノーラン”の『ダンケルク』

ノーランはどんな作品でも独自の作家性を貫き通し自分の作品を生み出すことが可能なことがわかった。
特に、体感時間の使い方はとても面白かった。1週間、1日、1時間。人それぞれに流れる時間と出来事。この編集の仕方には圧巻。
sfやヒーロー映画を作ってきたノーランが戦争映画を撮ったというのは少し抵抗感があったが、戦争映画とてノーラン映画にした。
貫く作家性は素晴らしかったのだが、正直長くも感じた。同じ出来事を3つの視点から描いており、同時進行しながらも行き来する場面もある。そのため、長く感じた。
あと、ストーリーに関してあまり何も感じなかった。臨場感はあるのだけれど、正直何を伝えたかったのかもわからないし、過激なことが起きるわけでもないし、見てる側としては戦争が起こっているという感じが続いた。

ノーランは好きな映画監督だけどノーランの中ではあまり好きではないかな。
そよ号

そよ号の感想・評価

4.0
ダンケルク救出作戦のことをこの映画で知れたので見て良かった!
外国の俳優さんの顔の区別がつかなくて、色々もったいないことになりました
ふに

ふにの感想・評価

3.5
臨場感がすごくてドキドキしっぱなし
もち

もちの感想・評価

4.0
もはや戦争映画ではなくホラー映画
スピットファイアがかっこいい
016

016の感想・評価

3.7
セリフが少なく、臨場感があった。
>|