ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価


リアルさは凄いけど
盛り上がる部分とかが無かったから
うーーーーんって感じだったなあ

途中海に不時着して助けられたパイロットがイケメンすぎて惚れた
Den

Denの感想・評価

3.8
【見えない敵から逃げる緊迫感】
1.1時間半でこの満足感の10秒チャージ系映画。
2.史実を予備知識として入れて見ると尚良し。

ダンケルクの戦いでは、英仏合わせて36万人の兵士が英国本土へ帰還した。地上戦での劣勢を受け、ダンケルクの街へ逃れた兵士は戦車をはじめとした地上戦の兵器を捨て丸腰で帰国した。帰還した段階では、物的リソースの困窮で戦況は悪化したが、長期化し人的なリソースが不足する戦況化においてその後の兵力を保てた事が連合国軍側の優位性を保つ事になる。
それを端的に描写しているのがこの映画。

地上戦の描写は、ダンケルクの市街地を逃げ惑う冒頭だけ。その後、海岸線に追い込まれた40万人もの英仏の連合国軍を待っていたのは、空と海からの見えざる攻撃。

空からはメッサーシュミットの空爆が海岸線や救出を試みる駆逐艦を襲う。余談だが、ダンケルクの砂浜がクッションになり爆撃の威力が収まり、本来の効果を発揮出来なかった。よって地上戦を推し進めなかったドイツ軍の選択は過ちの1つとされている。

九死に一生を得て沖に出た駆逐艦も、海面下に潜むUボートの魚雷に怯えながら航路をドーバーへ進む。

ノーラン監督お得意の時系列ぐちゃぐちゃ系の進み方がより物語を複雑にするのは健在。
それは静かに始まる。空から降ってくるチラシはドイツ軍ものものなのだろう。お前たちは包囲されているぞという毒々しい赤のチラシが、まるで散ってゆく花のように舞い降りる。まだ静かな街を進む6人の小隊に、突然、銃声が襲いかかる。空気が切り裂さかれ、壁や塀が炸裂し、跳弾が巡り、制服やヘルメットを貫通する。走り出す肉体は次々と倒れ、倒れてくれた誰かのおかげで、たったひとりが、友軍のバリケードの向こう側に駆け込むことができた。このフランス人の兵士から、ボンヴォワージュ(bon voyage)という言葉がかけられるとき、ぼくらはこの生き残るべく定められた青年トミー( フィン・ホワイトヘッド)とともに、その意味を思い出すのに、すこしばかり戸惑わなければならない。

ボンボワージュ、それが「良い旅を」という皮肉であることは、トミーを捉えるカメラが教えてくれる。背後での銃声から逃げるように走り出したこの青年を、怖いまでに震えないフレームがつかまえてはなさない。それはまるで、背中を未来に向けて飛ぶように後退してゆく「歴史の天使」の視線のようではないか。とらえられるのは、恐怖とかすかな希望の入り混じったトミーの瞳。街の通りを走り過ぎ、海岸線への通路を抜けるところで、青年の足が緩む。カメラは、一瞬その背中に回るものの、また正面に戻ると、立ち止まる青年を残して、後方へと飛び続ける。まるで、その絶望を俯瞰しようとするかのようではないか。

それは、1940年5月の終わりのダンケルクの海岸線。C.ノーラン/ホイテ・ヴァン・ホイテマのカメラは、まるでそんな「歴史の天使」のような視点から、その場所で繰り広げられる歴史的な大撤退作戦(ダイナモ作戦とも呼ばれたらしい)を見つめようとする。それは「ダンケルク・スピリット」という表現として残る作戦のこと。

しかし、である。勝利のために力を合わせて戦う精神であることを誤解してはならないと思う。たしかにイギリス人の父を持つノーランは、もしかすると「ダンケルク・スピリット」を称揚しようとしているのかもしれない。それはたしかに敗北のなかの勝利なのだけれど、歴史上、敗北というやつは、いつだって美化されてきた。

実際、最後のところでトミーが読み上げる新聞の言葉は、チャーチルの有名な演説"We shall fight on the beaches" (1940/6/4) 。ダンケルクの撤退によって、ナチスドイツのイギリス上陸の可能性が高まったなかでの演説として有名なものであり、もちろん、ぼくだって不覚にも感動させられそうになったのだけど、それでは何も見ていないのと同じなのだ。

そうではなくて、ぼくらが見るべきは、この言葉を読み上げたトニーの表情なのだ。少なくともぼくにとって、その顔は、あの「歴史の天使」の表情へと近づくもの。それは未来に背を向けて、人間が歴史に刻み込んできた悲劇の数々を、これまでもこれからも、ずっとその大きく見開かれた瞳に焼き付けてゆくことになる。

死んで英雄になる少年や、英雄的な空中戦の末に不時着して捕虜になるパイロットよりも、ただ呆然と、その大きく見開いた瞳に刻みつけてきたトニーの闇に消えてゆく表情にこそ、ぼくらは歴史と出会う場所を求めなければならないのだと思う。
キヨ

キヨの感想・評価

3.5
台詞が少なくて良い

民間の船、パイロット、イギリスの司令官、最後までかっこいい
ゆうた

ゆうたの感想・評価

3.0
んーノーラン監督作品の中では微妙か。
終戦記念日に戦争映画をセレクト。

どこの誰だかも分からず進んでいく。
だから、知り合う者同士も隣り合えば助け合う。
生き残るために、生きる。
みな祖国に戻りたい。
どこの誰でも同じこと。
生きて帰りたい。
帰ってきた者は、出迎えてもらえる。
生き残っただけで、十分。

マークライランスの存在は緊まる。
akane

akaneの感想・評価

3.8
じりじり
aloniatree

aloniatreeの感想・評価

3.8
WOWOWにて。

アカデミー賞の時に凄いスゴイ言われてて映画館で見ないとあかんやつやん!って言われてたのすっかり忘れてテレビで見てしまいました(笑)
多分、映画館でみたら面白さ倍増だったんだろうな〜というのはわかった!くそー!(笑)
普通にテレビで観ての感想は、なんか思ってた脱出劇と違ったけど、観てる間の時間があっという間でした!ストーリーとか脚本うんぬんというより、リアルな戦争を描きたかったんですかね?臨場感すごい!体験型戦争映画って感じ。
ところで、船長さんの息子の友達?なのかな、なんで死んじゃったの?どういう意味があのシーンにあったのか?ちょっとよーわからんかった(苦笑)
それ以外は特に心に残るとか響くとかそういうのとは違うタイプの映画だな、オリンピックで体操の凄い選手のすごい演目を見たときの感動に近かったな、という感想でした!(例えがよくわかんなくてすんません(笑))
時系列バラバラで分かりにくい
あとジャムパン美味しそうでした
>|