ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価


リアルさは凄いけど
盛り上がる部分とかが無かったから
うーーーーんって感じだったなあ

途中海に不時着して助けられたパイロットがイケメンすぎて惚れた
ストーリーではなく、状況のみを描く戦争映画。斬新でした。プライベートライアンが只管グロく死体を描く事に比べ三つの閉塞的な場所を同時に描く。そのどれもが水中、それは苦しいでしたね。撮影はグレート!本物の戦闘機を使ってるっぽい!
戦争物語というより、戦場体験アトラクション。観るというよりは居るという感覚。観終えたあと、「なんとか生き残った…」という気持ちになったくらい、少し疲れた。特に音にこだわった環境で観るのがおすすめ。
Erina

Erinaの感想・評価

3.8
軽い発砲音と共に人がパタパタと倒れるシーンから、生と死が隣り合わせな場であることがわかります。

ダンケルクについて無知だったのですが、この映画で知ることができました。

クリストファー・ノーラン監督の作品は、
淡々と静かに進みつつも、音楽や映像からふつふつと湧き上がるような熱を感じます。

たくさんの船が来た瞬間は、じわじわと心が温まりますね。
リアルな戦争映画を見たい方は是非。
セリフが少なく緊張感がすごい。
https://youtu.be/gni7A5EePy4
↑見る前に林修の解説があるのでみといた方がいいかも。
セリフが少ないからなのか、緊迫感がすごい。
音楽によって気持ちを誘導されてる感覚。
無駄がない映画って感じでした。

太陽の光の安心感がすごい。

あと海のモコモコってなっとったのが
すごい気になって調べたけど
「波の花」とか「カプチーノコースト」とか
言うらしい…

「強い風や波、豪雨で海中のプランクトンなどの有機物質が攪拌されて起きる非常に珍しい現象。」
だそうです。

2018年24本目
んー

最初の期待値が恐ろしく高かったので、その反動

音響効果を駆使し過ぎな気がしてしまう

史上最大規模の撤退戦なんだけど、あまり刻一刻と迫り来るドイツ軍の影が少ない気がする
ダンケルクの撤退の際にけっこう重要な役割だったカレーに残った部隊ことがあまり触れられてないのも残念かな
トム

トムの感想・評価

3.4
分かりやすくあらすじを...
1940年ダンケルクという港町にイギリス、フランスの連合軍は北のイギリスからの海を越える救助船を待っていた。連合軍はドイツ軍の侵攻により追い詰められている。逃げるのは海を渡ったイギリスしかない。ところが、駆逐艦の救助がくるもののドイツ軍の空軍により沈没が相次ぐ。そこでイギリスが出した決断がイギリス国民により一般船によるダンケルクの救助だった...そういう映画です。

流石、クリストファーノーラン、映像美が素晴らしい。
この戦争映画は〝逃亡〟と〝救出〟がメインなので陸軍の戦争映画を期待してると全く違うので注意。
個人的には人物像をもっと出して欲しかった。台詞も少なめ。そのほうが、その場のリアルな雰囲気がでると高評価の声もありますが、私は感情移入してストーリーを楽しみたいため微妙だった。あと展開が遅いかも。

ただ、救出シーンは感動ものでトム・ハーディの乗る戦闘機での空軍戦は非常に良くできていた。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.8
今作は人を殺す戦争ではなく、人を救う戦争。

陸での1週間。海での1日。空での1時間を106分でまんべんなく見せる技量。

ハンスジマーの音楽。様々な映画から良いところを取り時間との戦いとヒーロー映画ではない、逃げる負け戦を描いた今作はとても不思議な時間だった。

ノーランの他作品は重厚なストーリーがあり感動させられたが今作は観客も戦場に連れてかれる体験型映画なのがヒットの要因だろう。

ーノーランが言いたかった事ー
今作では人が死ぬ場面というのはあまり出てきません。ノーランは人というのは殺す生き物ではなく助ける種なんだと主張しています。人殺しの戦争ではなく人助けの戦争だと。

ーダンケルクスピリットー
軍と民間人が一体となって戦争に勝とうとした魂の結合を今でもダンケルクスピリットと呼ばれています。
>|