ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

 もの凄くビックリしました。史実に残る事実なんだけど、イギリス国民一人一人の勇気に驚嘆し、自分に同じ事が出来るか問いかけました。

 第二次大戦中ドイツ軍は、イギリスとフランス連合軍の兵士たちをフランス北部にあるダンケルクに追い込みます。ダンケルクは、見渡すかぎりのビーチで、建物もなく、隠れる場所もありません。内陸の市街に戻れば、銃をもったドイツ兵が待ち構えていて、銃撃されます。連合軍の兵士たちは、武器もなく、対抗するすべもありません。その広いビーチにいるしかないのですが、当然ドイツ軍は空爆にやってきます。
 きっと、ここにいたイギリス兵とフランス兵には絶望しかなかったと思います。

 そして、当時のイギリス首相のチャーチルは、とんでもない救出作戦を打ち出します。

 「船を持っている国民は、ダンケルクに兵士の救出に行って!」

 船を持っている国民といっても、殆どが漁師。

 これが、イギリスの漁師たちは行っちゃうんだよ。フツー行ける?
 
 映画のなかでは、50半ばのお父さんが、高校生くらいの息子を連れて救出に行くんだけど、行くか、行かないかの漁師サイドの葛藤が強く描かれていないので、救出に行くのが当前みたいに見えて、メチャクチャカッコイイ。
 イギリス国民って、すげぇ。

 僕は、よく海に出かけるので、漁師をみることも多いんだけど、あのオッチャンたちが、日本兵を救う為に竹島や尖閣諸島に当たり前のように向かうと考えたら、すげぇオッチャンたちぢゃないかと思った。ダンケルクとイギリス本土を挟むドーバー海峡は、40km前後で、距離が違うけど、イギリス漁師なら遠くても行っちゃう気がします。

 この救出作戦はダイナモ作戦という作戦で、史上最大の救出作戦らしいです。

 また、物語には、いくつか伏線があって、イギリスの作戦だから、フランス兵をないがしろにするシーンなど戦争と人間の情景が描かれています。僕は、とても楽しめて、勉強にもなりました。テンポの速い映画ではないので、自宅でDVDで観たら、僕は寝ちゃいます。映画館で観て良かったです。見応えありました。

 映画館なら★★★★★。
 DVDなら ★★☆☆☆。
suzuki

suzukiの感想・評価

4.6
IMAX試写会で最初に観てレビュー書いてなかったのでNetflixで再鑑賞。

「ただ生きて帰っただけだ」の言葉の重み。戦争映画と思って観たら全然戦わないじゃん逃げてるだけじゃんって思ったけどこの部分こそ真の戦争の姿なのかも。

それとハリーの登場シーンが好きすぎて3回は巻き戻して観た…演技初挑戦とは思えんわもっとスクリーンでみさせて下さい…

このレビューはネタバレを含みます

初レビューです。
好きな映画以外最後まで観れなかったりするので、レビューしてる時点で個人的にとても好きな映画です。


史実ベースなんでネタバレもクソも無いですが一応設定しておきます。

40年代軍服とイギリス人のかっこよさを堪能できる作品でした。


物語の展開を楽しむというよりは各シーンで描かれる風景や台詞にグッときたり、こなかったりする感じなのかなと思います。
グッとこない人はこないと思います。

硝煙と潮の匂いが混じる曇天の海岸線の鬱屈とか
そこに整列して帰還のための船を待つ兵士達の複雑な心情とか
彼らが着てる荒々しい織りのウールアイクジャケットとか
美しい海と澄んだ青空のダブルブルーとか
それに挟まれてる戦闘機との悲しいコントラストとか

水没寸前の戦闘機から命からがら救出されたパイロットの第一声が「やあ、どうも」ってところとかです。


僕は全部大好きでした。

テーマこそ戦争ですがそれを通して見えてくる人間のかっこいい部分がありました。

ジャパニーズ義理人情とはちょっと距離を置いたテイストです。



あと、ちょこっと予備知識あった方がこの映画は楽しいと思います。
あらすじ+αくらいでいいので。
海での戦いの恐ろしさを感じる作品
マツモ

マツモの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観たかったなあ…。
クリストファーノーラン監督とあって色眼鏡で観ていたけど割と五分五分だった。

独軍(兵士)が一切出て来なかったということについてがいまいちよく分からなかった、なんでだろう?
本当に30万人規模でダンケルクの街に英兵居たか?とかも疑問。

ただ、時間軸の斬新な感じや全体通してのクオリティ、雰囲気、または映画のメッセージ性・戦争映画なのにそれと感じさせないようなノーランらしさは個人的に大好きだったので。

生きてさえいればいいおじさん、どうして顔を見ずに、触ったんだろう…
映像へのこだわりが凄まじい。設備の良い映画館で観るべきだった。
なか

なかの感想・評価

4.2
面白い。
映像もテーマも構成も素晴らしいと思う。

しかし期待していたほどは楽しめなかった。
やま

やまの感想・評価

-
終始流れるエンジン音と不穏な空気しか感じない音楽、セリフが少ない分ドイツ軍戦闘機の迫る音がめちゃくちゃ怖く感じた…
全体的な画面の色とすごく好きだった
大きな船がどんどん沈んでいくのが絶望だった
あと、俳優の顔が良すぎる………良すぎる…
せい

せいの感想・評価

4.0
映画館から逃げ出したくなるような緊迫感ある音と映像😳
メインキャスト以外のお気に入り人物がたくさん見つかる!
>|