ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

律

律の感想・評価

5.0
臨場感の頂点って感じですね。
迫力と臨場感の演出が秀でている。
映画館で見るべき映画。
ただ、裏を返せば映画館以外では見ようと思わない。

このレビューはネタバレを含みます

ノーラン監督作品なので期待して鑑賞。異なる3つの時間軸が平行して描かれているため、若干難関でした。ノンフィクションの戦争映画のためハラハラ感があった。とはいえ、インセプションほどの引きのある作品ではなかった。
s 0.7
p 0.9
c 0.7
r 0.8
m 0.2
g 0.3
陸海空と凄い
fool

foolの感想・評価

3.4
これは見る前にある程度の予備知識を入れておいた方がいいかも
全く知らんとこからクリストファーノーランの独特な時間軸の描き方で話しが分かりにくい
終盤の飛行機が浜辺を飛ぶとこはおもちゃにしか見えへんけど製作費が尽きたか?
クリストファーノーラン好きなら面白いと思えるはず
神戸典

神戸典の感想・評価

4.0
心臓が潰されるような銃弾の音、爆撃機の通り過ぎる音、迫り来る波
今まで見た戦争ものの中でも群を抜いて恐怖を覚えた。
戦争に勝利することではなく、ただただ生き残って故郷に帰るということさえも命がけで難しい事である事がわかる。

上層部の者はそれまで仲間を切り捨てて生き延びる選択をしたが、やがて、民間船の勇気やファリアの強い気持ちが心を動かし、最後、自らが残り、まだ助けを待つフランス兵を助けると誓う。

作品を通して鳴り続けていた秒針音は、イギリスに帰り、列車の中に乗り、眠りについた時に鳴り止む。
彼らの心がはじめて休まり、本当に故郷に帰ってきたことを表している。
撤退は勝利をもたらさないと言われ唾を吐かれると思った兵たちは全国民から帰りの祝福をされた。

生き延びることこそがこの先も決して敵に屈せずに前を向き続ける一歩となる。
HyperR

HyperRの感想・評価

2.9
敗走劇をちょっと感動的に。戦争というドンパチをみたいなら違う映画を。
って感じですね。
基本的に陸や海にいる兵は戦争から逃げたいだけです。
空での戦いも、静かに地味に行われます。

でもそれがあえてのリアルかなと思ったら死体が割と綺麗でリアルじゃないという。
2uu

2uuの感想・評価

3.5
火垂るの墓をインド人が見たときの感情を味わえる
goliath

goliathの感想・評価

3.7
ノーランにはやはり未来を描いて欲しいが、この映画の映像と音はIMAXで体験してみたかった。
>|