ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

たは

たはの感想・評価

4.5
機会があって、IMAXで2回観ました。話の構造とか作品としての面ではめちゃくちゃ面白くて、ほんとノーラン頭の中ぐっちゃぐちゃだなあ、よくこれを具現化できるよなあ!と戦々恐々です。やろうと思ってできることじゃないレベル。あとIMAX用のカメラで撮影したとのことでしたが、これほんとにIMAXでこそ作品の凄みを体感できると思いました。まるで自分が本当に戦場にいるようで、恐怖。戦争映画ということもあって少し懸念がありましたが、たくさん人にも薦めました。映画はここまで進化しているということを、ぜひ体感してほしいです。
BAC

BACの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・陸海空、一週間、一日、一時間と字幕が出るように
ダンケルクからの脱出までに、それぞれの立場で感じている体感時間には差があることを描いてる。いわゆる戦争映画とは違った印象なのも、そのせいだろう。パズル的な面白さというか。

・時間の進み方が違う状況を描く点では
「インセプション」や「インターステラー」等と同じで
ノーランの興味が時間操作にあるのは間違いないと思う。

・これもノーラン印のIMAX撮影が強力。
空戦も見事だけど、艦船の量感やリアルさに目を見張る。

・空戦のパイロット主観から時間を遡って
海の船からの主観で、その空戦を目撃するとか
キューブリックの「現金に体を張れ」の強盗場面の手法をヒントにしたか。つか「その手法をいつかやりたい」というのがダンケルクという題材より先にあった気がする。
Ryumeeey

Ryumeeeyの感想・評価

3.7
こってこての戦争映画

第二次世界大戦時の連合国軍視点のお話です。敗戦濃厚なフランスにて連合国軍は撤退を試みます。しかし、生き残っている兵数約40万人に対して、救える人数はおよそ3万人。もちろんドイツ軍もそうはさせまいと追い討ちをかけます。

エンターテイメント性はほとんど無く、淡々とダンケルクからの脱出を描いています。ただ、より多くの命を救うために動くパイロットや民間人に心を打たれます。

確固とした主人公が存在しないので、「兵士達の熱い絆」というよりは歴史を忠実に再現することによる戦争の悲惨さを強く表現しています。

ドイツ兵を一切映そうとしないのが徹底されてるなーと。「ドイツ下げ映画」ではなく「大英帝国の勇姿」を感じさせられる映画です。

パイロットや桟橋で最後まで残ったおっさん将校がかっこいい。
KonKon

KonKonの感想・評価

3.4
鑑賞記録
Deち

Deちの感想・評価

4.0
いい意味でノーランらしくない。
第二次世界大戦のダンケルクの撤退作戦だけに的を絞った意欲作。
無駄を徹底的に削ぎ落としてひたすら映像・音楽に特化してる。
凝ったストーリーなんて無くても良い映画は作れるんだよ!という意思が込められているのかもしれない。
試みは無事成功したのでは?と個人的に思う。賛否があるのも勿論理解できるが。
最初から最後まで怖い。戦時中、現場にいた人たちの緊張感が伝わってくるかのよう。名もなき兵士たちのリアル。
なぜか見終わった後には自分まで疲れていた。

ウィンストンチャーチルと併せて観るのも良いかもしれない。
万人には評価されないかもしれないけど僕にとっては間違いなく良作。
ゆーと

ゆーとの感想・評価

4.1
凄かった
ノーランだからよかったのか?
ほかの監督でもよかったのか?

喋らん戦争映画
そい

そいの感想・評価

4.4
スタートから画面に釘付けになり、一瞬たりとも目が離せない感じ

チャーチルの方の映画を観てからだったので、ストーリーとかは分かりやすかった

台詞は極限まで少なくしてあって臨場感がすごい

不気味な効果音やBGMの使い方もお洒落

みんな救出されてハッピーで終わるんじゃなくて、誰かの犠牲の上に勝利はあることを示していたラストも良かった
Skip

Skipの感想・評価

4.0
最近ブラックホールを人類が初めて目にしたけど
地球での過去の出来事もすてたもんじゃないよね。
この人たち自分には全く関係ないけど
応援したくなった。
ファリアかっこよかった。
トム・ハーディをこういう使い方するのいいね。
ハリーのポテンシャルが高かった。
リアクションは微妙でしたけど。

ノーランすごい
これ下手にノーランじゃない
イギリス人監督がやったら
良い作品にもならないし
観てて楽しめたり気持ちが高揚する作品にもならないし
退屈な映画になってたと思う。
>|