ダンケルクの作品情報・感想・評価・動画配信

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

事前情報なしで鑑賞
完全に置いてかれてよく分からないまま見終わってしまった。
アクションシーンは言わずもがな、臨場感抜群で特に音が凄かった。
あとノーラン映画常連のマイケル・ケインが出てなかったね。
ゆい

ゆいの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

この戦いについて全く分からない状態で見たから、どれが敵で味方なのかもよく分かんなかったけど、最後に繋がっていって、みんな味方だったのね、、、って分かった!
最後に繋がるっていうのが見てて面白かった。
よく分かんなくてもそれが分かっただけで面白く思えた!

空の最後船守ったところは泣きそうになっちゃった。
あと、船乗ってるおじさんが、ギリギリで避けろってなって無事だったところも良かった!
最初から逃げ回る主人公?の男の子も助かって良かった!

てか、かっこいい人しか出てなくて、色んな意味でビックリした、、、笑
あの亡くなった男の子、見たことあると思ったら聖なる鹿殺しだ、、、今回はいい役だったから、前より好きになった。笑
これIMAXで観たぞ!
なんか絵画的な体験だったぞ!
世界史好きな人は見るといいぞ!
lani

laniの感想・評価

4.0
映像がとにかく綺麗で音にもこだわっててクリストファーノーランさすが。CGを使わないでできるだけ忠実に再現しようとしているから臨場感がとにかくすごい。登場人物の1人にスポットをあてるのではなく陸、海、空の3つの状況を均等に映し、登場人物の過去とか細かいとこまで情報をだしていないから変に気持ちが入らずこの戦争のリアルをみれたような気がする。
みどり

みどりの感想・評価

3.9
音楽がクリストファー・ノーランってかんじ。陸海空で時系列違うのもクリストファー・ノーランってかんじ。圧倒的な映像美もクリストファー・ノーランってかんじ。笑 よき。
不愉快です
映画館でみてないので、「見た」と言っていいのか迷う部分もありますが、"冷たい戦争映画"という印象

残酷描写は少なめだし、ドラマ性が強いわけでもなく、良い意味で坦々と描いている。

この"坦々と"の部分はフルメタルジャケットの後半を彷彿させる。

淡白であるが故に抗えない怖さが浮き彫りになる。

陸海空という視点を軸にしているのが面白い。最初は交わることのない3つの視点が段々と交差してゆくあたり、すごいノーランっぽさを感じた。

ノーラン監督は毎回何かしら面白い仕掛けを入れてくれるのが良いんだよねー

また、この3つの視点があるからこそ感情移入の幅が広がったと思う。

個人的には「空」のファリアさんが一番惹かれたかな。


ストーリー的には淡白でも映像の拘りが凄まじい。

IMAX映えする画を撮りまくってる。

海岸や水面や駆逐艦など言葉で表現するのは難しいけどなんかワイドなもの。

冷たい戦争映画という印象を受けたのはこのせいもあるかもしれない。

絵面のキメがとにかく細かい。

とにかく"ばえ"を意識した映画です。
これは映画館で観るべきだった。


ウィストン・チャーチルの映画と繋がって、歴史をちゃんと知らないといけないなと思った。
アカリ

アカリの感想・評価

3.9
『テネット』でクリストファー・ノーランの世界観に惹かれたのでこちらも鑑賞してみた。
さすが、ノーラン監督らしい映像美と観客側の想像力が試されてるようなストーリー展開。
大海原の美しさの反面、水中の苦しさや爆撃の悲惨さが伝わってくる撮り方も見事でしたし、よりリアリティがありました。
全体的にセリフが少ないけど、だからこそ次の展開が気になったのでどんどん映画の世界に引き込まれていった。

1Dのハリーは映画初出演にして存在感ある演技を見せてくれたので、学生の頃から1Dをよく聴く身としては嬉しい限り。
トムハは、ほぼほぼ戦闘機に乗っててやっと最後に素顔を見せてくれました。
DAIRIKU

DAIRIKUの感想・評価

4.8
めちゃくちゃ良かった、、
>|