ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

aka2kA

aka2kAの感想・評価

1.5
兎に角戦争から逃げたいんやなという感じで、良い悪いじゃなく国民性の違いが出てるなぁ。
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.9
3つの時間軸をうまく設定することで緊張感のある仕上がりになってる。
実際の戦争ってこんな風に、派手なストーリーなんてないよなと思った。
Kyon

Kyonの感想・評価

3.8
さすがの展開。世界観。暗い内容なんだけど、最後に希望が灯る。
インターステラーをもう一度見直した。
ak

akの感想・評価

1.8
色んなところで話題になっていたので観ました。

台詞が少ないとは聞いてましたが、本当に少なくてびっくりしました。台詞もですが、BGMもあまりなく、音が必要最低限になっているので、無駄がなく世界観にすぐに入り込めます。またBGMの代わりに時計の音や心音ぽいものが流れていたので、より登場人物達と密な距離感を感じることができたかと感じました。

ただ、ストーリーは流れるように過ぎてしまい、気づけば終わっていたので、ストーリー重視な方は少し観るのがしんどいかもしれません。でも、戦争の虚無感や達成感とはいえない複雑な気持ちの繊細さを、緻密に表現していた作品でした。
katie

katieの感想・評価

2.0
MX4Dで見ましたが寝てしまいました。
どの辺を楽しめばいいのかわかりませんでした。
ノーランが戦争映画を作るとこうなるのか、IMAXはやっぱすごい
個人的に予告から想像してたものと違いました。ダンケルクの戦いをよく分かってる人が観るととても面白いんだと思います。知らずに観てしまったのが少し勿体無かったと思いました。
ストーリー性の薄い感情移入のしにくい作品ではあったけど、記録映像みたいという感想を持てるだけのリアリティを出すのはすごいのかなと思った
自分はストーリー性のあるものが好きなんだなと思ったけど観れてよかった

インセプションと一緒に観た
インセプションは展開の魅力等を描いている中でダンケルクはリアルに沿い過剰な演出を排した印象
ただ雰囲気映画ではなく1シーン1シーンの人の仕草等残るものがいくつもあった

事前知識とか背景を入れて観るとよいかも
僕はストーリー厨なので仕草の裏の心の機微みたいなものを想像しながら観た
有難いことにレンタルも出ているこのタイミングで、IMAXリバイバル上映をしていてくれて、IMAXで鑑賞。
クリストファー・ノーラン監督の表現力にただ圧倒される映画だった。

第二次世界大戦で実際にあったダイナモ作戦の話。
ただ、それに対する大局的な状況説明や戦略的な話はほぼ出てこない。
最初に観客に渡される状況は「防波堤」「海」「空」3つの視点から物語が進んでいくこと、各々のシーンの主人公たちは皆結構追い込まれて危機的な状況であるということ。そしてそのまま、とにかくミクロな視点で戦争映画が進んでいく。

戦争映画であるが、基本的に撤退作戦で、印象的なのは「敵」の姿がほぼ出てこない。
なのでドンパチやりまくる映画ではなく、比較的地味な映像が続く。
ただそこでモノを言うのがノーランの表現力。

息苦しいし、寒いし、どこから撃たれているとも知らない銃撃が来れば観客も息を潜め、狭い空間から外に出ればやっと肺に息が入る。
そんな体験を気付いたらしていたレベルの表現力。
まさに「体験」としての映画でこれ以上無いほどの没入感だった。
「その場に居るような」ではない、確実にその場にいたと思わせられるほどの。

その生々しさはCGに頼らない撮影からも醸し出されてるのかな。
IMAXカメラによる空撮は息を呑んだ。こんな贅沢な空戦が見れるなんて、それだけでも満足度が高いかも笑
こっちまで苦しくなる映画好きです
うまく呼吸ができなくなった
クリストファー・ノーランすごい
早稲田松竹の2本立てのインセプションも見たかった~