ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

cool

coolの感想・評価

3.3
救出劇という今までにない観点からの戦争映画。

救出されてもまた新たな戦争が始まる。
これが戦時中ということなのか
nico

nicoの感想・評価

-

陸、海、空がそれぞれ時間の流れが違うの気づかなかった。
単調で盛り上がりに欠ける感じ。
知識なく観たからか、いまいちよく分からなかった。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
けっこう好き、台詞少なくて画で勝負してくるのかっこいい、役者もみんな良くて痺れた、とにかく最高にクール

チャーチルも見たのに結局ダンケルクの戦争のことよく分からんかった笑 それにこの映画陸海空の時間の流れ方がバラバラとかそんなのわからなすぎる…まあとにかくその場その場の緊迫感は伝わった、閉じ込められたり狭い場所で死ぬのこわいな

そして今回何よりやはりイケメン俳優の大量生産が目立ちましたね、最高です
キリアンマーフィーがブルブル震えていて可愛かった…ムリ…すき、キリアンマーフィーみたいな旦那さん欲しいな(ベタ惚れ)
主人公のフィンホワイトヘッド演技うまかった、個人的にこういう顔とても好き!私の中でトムコートネイ、ベンウィショー 系列の顔と位置付けた
救出されるパイロット、ジャックロウデンはサイモンペッグに似ためちゃくちゃ美男子だった
ハリーも演技うまかった
マークライランス…バリデー…ただの英国ダンディおじさんやん…

そして!みんな…落ち着いて聞いてくれ…嘘じゃないんだ…頭もおかしくない…実は…この映画を見ていて…バリーコーガンのことが好きになってしまったようだ…情が湧いてしまったと言うべきだろうか…あれっ?バリーコーガン可愛くね?なんかもしゃもしゃしてるし瞳の色淡いし声は子どもっぽいしあれっ?バリーコーガンあれっ?これは好き…まさか好き…えっそんなえっ…(素直になれ)はい。。。好きみたいです…これからも応援してるぞ…!(だからといってスパゲティの食べ方は許されん)(聖なる鹿殺し見てない人は見てね)(てかバリーコーガンが「目が…見えないんだ」って言っててまさかのここで復讐された感)

結論
若手イケメン俳優が出てればそれでいい

トムハーディ顔…全然見せてくれない…
観終わって印象に残っているのが、冒頭で空爆を受けて人が垂直に吹っ飛ぶところと、少年がある嘘をつくシーンしかない。マーク・ライランス以外の俳優は顔も肉体もその特徴をフィルムに残さない。
救出劇にすることで堂々とイギリス礼賛映画をやってのけている点について、もう少し批判的な視点があってもよいはずだ。


演出0.7
人間0.6
構成0.6
驚き0.6
趣味0.5


演出=総合的な演出
人間=俳優および被写体の魅力
構成=脚本や画面の全体的な構成
驚き=斬新さ、意外さ
趣味=個人的な好き嫌いの印象
M

Mの感想・評価

4.5
逃げても逃げても攻撃される戦争の苦しさ、それでも必死に生きようとする兵士たち。陸軍、空軍、海軍それぞれの厳しさ。いろんな思いで助けにくる民間人。すごく感動した。セリフはあまり無いからこそ伝わる世界観。
ルイ

ルイの感想・評価

3.9
1940年5月
"私たちは戦い続ける。新世界の大きな力が、古き世界を救済し解放する時まで。"
ktmrdmcy

ktmrdmcyの感想・評価

3.0
ハリースタイルズの演技を見るため&クリストファーノーラン監督作品ということで閲覧。
サノ

サノの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ブルースウィリス並みに運いいな!


戦争が絡んでいるとだいたい作品ごと嫌いになるんだけど、これは比較的いけた

映画として、魅せ方に工夫が凝らされていて、綺麗なだけじゃない映像になっているのが良かった
話の大元が綺麗なだけじゃない手の物だから当たり前かもしれないけど…


なんとも言えない感情で後半ずっと涙が出たけど、最後の新聞記事が全然好きじゃない
というか、戦争において生まれるそういった思考を受け付けないんだということを再認識した
sriwhrk

sriwhrkの感想・評価

1.4
記録🐰
あんまわかんなかった。セリフ少ないし説明する気もない映画だったから予備知識ないときびい。解説みてあーねって感じ。この監督は帰還する話好きだね。空軍のパイロットばけもんかっこいいかよ。戦争ってかサバイバルな映画だった。
ミサ子

ミサ子の感想・評価

3.5
戦争もの苦手だけど観たよ。陸1週間、海1日、空1時間という描き方なのは観た後で知った。そういう描き方にした利点はよくわからないけど、とってもまとまっていている作品でした。