ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

ゆえ

ゆえの感想・評価

-
THE・ノーランが撮る戦争映画、という感じで、史実に基づく戦争映画は辛すぎて苦手なわたしでも、映像や音響の美しさが芸術性を高めてるようでなんとかなんとか…なんとか見れた。
淡々と進んで行くのに緊張感がすごくて、気付いたら自分で自分のことギュウウウウッと抱き締めながら見てたよ…疲れた…

マークライランスが相変わらず素敵でした。
そして、トム・ハーディーってイギリス人だったんだね。知らなかったよ。
天然色フィルムのような色合いで描かれたダンケルクの撤退戦。
ドイツ軍が人間的な性格付けがなされていない不気味なものとして描かれていて、まるで『ジョーズ』だなぁと思った。
kwn

kwnの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

派手さはなく、会話は少ないけど常に緊張感が走っている。語られてることは少ないけど感じられる。

個人的に印象的だったのはピーターが大丈夫だと嘘をついたシーン、大丈夫か?と聞かれた瞬間殴りかかるかと思ったけど、堪えるように大丈夫だと言った。
ファリア、、終戦まで5年くらいか、実在したんかな。
IMAXで観ると面白さマックス。
途中ダレるけどアトラクション気分で楽しんだ。
チャーチルの映画を見て、ダンケルクでの救出劇が気になっていた時にこの映画を見ることが出来た。
真実がいかだったかは想像出来ない。でもこの映画はどんなものだったのかを教えてくれる映画だと思う。
確かに助けれて命はいくつあっただろう。そして救えなかった命がいくつあっただろう。
過去から学ぶ大事な映画
Pikao

Pikaoの感想・評価

3.9
手に汗握る。
いつ死ぬかわからない状況、本当に怖い。

あとイギリス人はやっぱり紅茶が好きなんですね
戦争映画らしくなく、盛り上がりもなく、淡々と進んでいく。
そこには好感が持てた。
ドイツ兵の顔は一切登場せずに、織りなす断片が交錯しながら進んでいく。
ヒーロー的な主人公もいないところもいいと思う。
ただ、僕はこの作戦あたりの史実に明るくない。
そこはもう少し解説して欲しかったなあ。
まあ、それも狙いなんだろうけど。
Sabrina

Sabrinaの感想・評価

4.0
私は好き

やはり空

戦争映画のイメージと異なり
展開していく様とか

どこまで飛んでくんだ!
もう、自分が乗ってる感覚になり、
過ぎ去って行く帰るべき場所!

この流れでチャーチルを観たのは
正解でした。
記録✍️

Go back to homeland


“We shall go on to the end.
We shall never surrender,”
ー Winston Churchill ー

DUNKIRK
みゃけ

みゃけの感想・評価

3.5
いろいろと当時のイギリス・フランス・ドイツの情勢を知っておかないと楽しめない映画かなと思う