ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

2017/9/16 シネマサンシャイン土浦にてIMAX2D鑑賞。

IMAXの音響効果とハンス・ジマー先生の音楽は相性抜群で、開始5分で死を悟った…。
上映時間は106分と戦争映画では短い方だが、これでも「もう勘弁してくれぇええ」と終始思ってた。というか何度か死んだ。

効果音に関しても、兵士たちが船底に息を潜めるシーンの銃撃音には、そこらのホラー映画より恐怖を感じた。

また、本作は"体験型ムービー"であり、『最後の騎士王』同様、「面白い。面白くない。」だけで済ませる映画ではない。

ただ強いて言うなら、個人的には「海の1日」が気に入っている。

なぜなら、再度"立ち上がる"キリアン・マーフィーと、戦争というものを理解し、彼を"許す"ピーターに、人間の強さを感じるからだ。
もちろん、マーク・ライランスの名脇役ぶりも、ストーリーを極力廃した本作に安定感を与えていた。

そして、ノーラン監督の徹底したリアリズムは、映画が新たな次元を切り拓く瞬間を我々に提供する。
『インターステラー』同様、35mmフィルム版もまた違った印象を与えてくれるのだろうか…。いつか観てみたいなあ!
juri

juriの感想・評価

3.0
戦争追体験映画。
映画館でIMAXでみといてよかった〜
個人的には質のよい音響と大画面が鑑賞には必須だと思うので円盤はパスかな
RH2017

RH2017の感想・評価

2.0
何故こんなに評価が高いのか謎。
勧められて見に行った分、がっかりが大きかった。
映像がすごいのはよく分かったから、もう少しストーリーを面白くする努力をしてほしいと思った。
死んでしまう少年のエピソードなんかもすごく安直。
良かったのは、コンパクトにまとめられてて、上映時間が短かったことかな。
ぴ

ぴの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

やっぱノーラン好きだな…ってなる。戦争映画は見ると自分のためになる気がする
おつる

おつるの感想・評価

3.5
人によって評価が分かれる作品かなと思う
IMAXで見たが映像と音響はすごかった。
銃音や爆音で戦地にいる気分にさせられた
もう少し戦闘シーンとかあれば良かった。そういう映画じゃないのはわかるけど…
いずも

いずもの感想・評価

4.9
3回目の鑑賞。
見れば見るほど、アイマックスの綺麗さ、演出の細やかさ、言動のリアリティさが分かってくる。
それぞれの人物の何気ない言動や時代背景、まだまだ理解が及んでいないから、理解したい!
本当に素晴らしい映画だ。
U96

U96の感想・評価

2.1
クリストファー・ノーランだからって期待しすぎたのかもしれない。
この時代この瞬間に生きた人のそれぞれのドラマがあるということ。
戦時中を描いているだけあって、命の儚さを感じる。
manifonte

manifonteの感想・評価

2.8
プライベートライアンの冒頭シーンを全編にわたって繰り広げられたような映画
えだ

えだの感想・評価

4.5
IMAX次世代レーザーで鑑賞、スクリーンと音響が凄かった。久しぶりにずーんとした気分になった。自分が戦場にいるかのような錯覚に襲われ、敵の銃弾がどこからいつ飛んでくるのかとひたすら怖かった。戦争映画はあまり得意ではないけど、定期的に観て暗い気分になってあれこれ考える時間も必要なのかなぁとも思う。すごい映画だった。