ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 921ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

asaka

asakaの感想・評価

4.4
IMAX2Dで。アイスティーのMサイズ買ったのに冒頭から引き込まれ過ぎてエンドロールまで一口しか飲まなかった。ノーラン天才。トムハの眉毛と眼だけで炸裂する演技が今回も素晴らしかった…
煽りでもなんでもなくて、この映画観て意味がわからない、って言ってる人は何について言ってるんだろ?ダンケルクのwikiで流れは充分ではないか!ケネスがあんなにベタにかっこいい上官役なのに!!
史実に基づく系は当たり外れがありますがこれは大当たり。若手俳優の表情が全て良くて、撮影の過酷さも想像できるw
最後の新聞読んだ後の表情が、全否定なのが最高です。戦争、絶対反対!!!
圧倒的な臨場感に圧倒される作品。
IMAXで観るべし。

地上海上からの空軍の恐ろしさが凄まじい。ただただ撃たれるがまま落とされるがまま。こちらに撃たれないのを祈るしかないことがあそこまで絶望的だとは。

最後の最後に燃料が切れたにも関わらず敵機を撃墜したファリアが最高にカッコよかった。独軍に囲まれる最後は救いがなさすぎる。

一週間、一日、一時間、三つの時間軸で進むので少し混乱する。まぁ最後に全部繋がるから良いんだけど。

全体を通して映像を楽しむ映画なのでストーリーに工夫が欲しい人はイマイチかも。
俺は好き。
CTB

CTBの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映像の臨場感だけで大満足なので音楽無しでも見たい気がした。ラストの滑空は最高というか、その後の炎上、放火、連行の流れは素晴らしい。少年の件は急過ぎやしないかい。少年、語り出すし…。有名なエピソードなのかな?
hiroyoshi

hiroyoshiの感想・評価

3.4
臨場感、緊張感、音響、凄かった!!!
知識無く観たが楽しめた。
ドキュメンタリーを観てる感じがした👋
様々な目線で描かれていてとても良かった!!!
しかし戦争映画としては物足りないかな〜
ノーランが戦争映画作ったらこんな感じになるんか🤔
絶対にIMAXで見て欲しい。
ノーランが音と映像にめちゃくちゃこだわってる。構成が上手い監督って思われるし、俺も思ってた。
でも、こういう音と映像が主なガチンコで監督の技量が計られる映画でもこんなに魅せられると思ってなかった。
あっという間の2時間だった。
まめぞ

まめぞの感想・評価

5.0
書きたいことあるので
また後日に!
======>
ということで後日です。

私はこれ、すごい好きです。
純度が高い、単品感がとても好きです。
そしていろいろ言いたくなるけど言わない方が正しいような誰にもわかってもらえなくてもいいけどすごい好き!
って叫びたいほど気に入った映画。
という前提での個人的感想。

戦争を扱っているけど戦争映画じゃない
じゃあなにかな、なんとなく2001年宇宙の旅っぽいしSFかな、
実話をもとにしたSF。悪くないけどもっとしっくりくるのないかな
って考えた末の結果は「英国大好き映画」
すごい極端な言い方すると、英国版「インディペンデンスデイ」
なのかも
※

※の感想・評価

3.0
IMAX

娯楽作品ではなかった。

爆撃機や戦闘機の風切音といった音、映像から得られる迫力と臨場感は半端ない。
けれど史実の撤退劇はやっぱり娯楽として楽しめるテーマではなかった。

クリストファーノーランのこれまでの
作品とは違い、まるで記録映画のよう。
ana

anaの感想・評価

5.0
見終わるまでのスピード感。
圧倒的にセリフが少ないはずなのに、視覚で、聴覚で、感覚でわかる、伝わって来る作品。
秒針のなる音。
空の青と海の青。
主人公をはじめ、ほとんどが名前で呼ばれることのない主演者たち。
YuukiN

YuukiNの感想・評価

3.6
時間経過がわかりにくいし知識ないから後から調べて理解できた。最後までハリー誰だかわかんなかった。終わり方が感動的
Attic

Atticの感想・評価

4.2
ノーラン監督は「 メメント 」「 インセプション 」「 ダークナイト 」「 インターステラー 」などの作品を通じて自分が感じていたのは、ラストシーンですべてがひっくり返り、点と点で繋がれていたシナリオが線で繋がるという作風という印象がありました。
今回の「 ダンケルク 」もラストにどんでん返しがまっているのだろう。でも歴史物でどうやってそれをするんだろう?と思っていました。笑
「 ダンケルク 」は個人的にはノーラン監督ぽくない作品でした。でもノーラン監督の新たな境地が垣間見れた作品です。劇場を戦場にするという宣伝広告がありましたが、まさにその通り。これは劇場、そしてIMAXで観るべき映画ですね。笑 グロシーン無しでここまでリアルに戦争を表現するのは本当にすごい。。また、どうやって撮影しているんだ?というシーンが多々ありました。また民衆の力というものを大きく感じることが出来ました。いい意味でノーラン監督ぽくない映画。ノーラン監督の新たな境地。最高でした。👍