ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 921ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

ぷち

ぷちの感想・評価

4.1
IMAXで鑑賞。
銃撃音にはいつまでたってもビクついてしまうなぁ…。
小さな希望が出ては消え、絶望がまた襲ってくる。その繰り返しとBGMが不安を煽り終始安心できなかった。
いやトム・ハーディかっこよすぎでしょ!
そして、マーク・ライランスの息子役の俳優さんがめっちゃ気になる!!
彼のキリアンに見せた気遣いが…😭
あと、毛布配ってた盲目のおじいちゃんの言葉が沁みました。
登場人物の見分け、序盤からついてなかったけど、重油被った後マジで誰が誰だか見分けがつかなくなった。
MARS

MARSの感想・評価

4.1
ものすごい迫力…!
映画でしか感じ取ることのできない臨場感が戦いの恐ろしさを肌で感じさせてくれます。
少ない時間なのに長い長い戦いを兵士の気持ちになって乗り切ったような不思議な気持ちになりました。
前評判通り。

クリストファー・ノーランらしい作品な気がしました。

ストーリーは浜辺の兵士、空軍のパイロット、船で救出に向かう民間人の3つの視点で描かれています。とにかく必死で生きて故郷に帰ろうとする兵士達の姿がとても印象的です。

映像もさることながら、ずーんという重低音と時計の秒針を思わせる音響効果は緊張感を増幅させます。

ただ、イギリスから見たダンケルクってことなので、そこら辺が歴史特に戦争を取り上げている作品なので、ちょっと引っかかるかなと…
swimmy

swimmyの感想・評価

4.1
こ、これは…わたしの知識のなさと、事前知識をなるべく入れないで鑑賞するというスタンスが仇となったのか…分からなすぎて感想が殆ど持てない!!!!せめて歴史上のどんな事件だったのかくらいは頭に入れとくべきだったと猛省。

とにかく凄い映像ととにかく凄い音にまみれて、分からないなりに息苦しい100分少々だった(こんな浅い感想しか持てないのが申し訳ない)中身をよく分からない者をも、こんなに萎縮させる映像の密度がそこにはあったということなんだけど。すごく淡々と力強く描かれてた。全てが。

これから、戦争映画は少しくらい勉強してから観に行くことにする。
出だしの銃声が鳴ってから終始、緊張感と臨場感やべぇ。特に商船のシーンの緊迫感とか凄いんだけど、イマイチ物語に呑めり込めず、、そんなストーリーもないんだけど。

普通に面白いけどノーラン作品だから期待値高すぎた
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
IMAXにて鑑賞。撤退作戦の成功という美談とは裏腹な現実…生死を彷徨う兵士たちの壮絶なリアリティーを描く。ドラマ性溢れるEpが巧みに絡み合う見事な物語、体感する時間軸の縮尺率を活かす構成、H.ジマーの音楽に脱帽。秀作。


4DXで再鑑賞。凄まじい現場の臨場感…戦闘機の強度を思わせる不断のガタつき振動。乗船中の波の揺れ、水飛沫をガンガンに浴びて、あと残るは海中で溺れる苦しさぐらいか(笑)。首筋にかかる件の炎の熱風は寧ろ快かったよ。
kurumi1115

kurumi1115の感想・評価

4.0
期待以上ではなかったけど良かった。
ノーラン監督作にしては短い、よくコンパクトにまとめたなという感じ。
内容は濃くてあっという間。
どこかのシネコンで爆音鑑賞会?をやっていたと思うけど、
本当に自分が戦時下にいるような感じを受ける爆音でリアルだった。

主役の男の子、セリフが少なくて表情で演技してた感じ。
この映画で個人的に印象に残ったのはマーク・ライランスに
ケネス・ブラナー。作品にいい味出すのはやっぱり名優ね。

最後に気になったのは、トム・ハーディが敵地で捕まって
その後どうなっちゃうのかってこと。
同胞を救うかっこいい活躍をして、最後にこれ???と思った。

トム・ハーディが一番美味しい役どころかも。
男気あふれてる役だつた。
白くま

白くまの感想・評価

3.7
ダンケルク戦、空から見るか、海から見上げるか?的な。

期待してたよりは……普通かな。音は良かったし役者も悪くないけど、群像劇だとフォーカスの当たり方が眠い印象がある。
ノーラン個人が満足してる点は、別にそこまでドラマティックではないのかもしれない。
マーク・ライランスがマイケル・ケインに代わって新たなミューズになるのかな。

NHKでちょっと前まで放送してた「刑事フォイル」に、このダンケルク戦のイギリス側からの視点の話があるね。あれもお父さんがスピットファイヤに乗るパイロットの息子を持つ立場だった。
_hamashun_

_hamashun_の感想・評価

4.7
インセプションやインターステラーと同じ「スケールの異なる時間軸の同時展開」を、戦争映画(しかも史実に基づく)に取り入れた意欲的な作品です。メメントといい、ノーラン監督の「時間」へのこだわりは相当なもの。

とにかく脚本が素晴らしい。救助船に乗ろうと奮闘する二等兵の1週間、英仏兵を救出するため船でダンケルクを目指す民間人の1日、ドイツ空軍の空爆を阻止するために出撃した英国軍パイロットの1時間。3つのスケールの異なる時間軸を並行して描く。3つの時間軸は終盤で合流。

つまり序盤の時点でそれぞれの時間軸は全く時間が異なる。それが終盤に向かうにつれて徐々に差を詰めて収束していくのが面白い。中盤以降はそれぞれの時間軸の差を意識させる細かいギミックもきちんと用意されている(スピットファイアの墜落、戦艦の沈没、キリアンマーフィー等)

これだけ凝った構成にした上で、100分間常に緊張感を持続させるように、各時間軸での出来事を調整している。或いは、オランダ船内で溺れかけるシーンとスピットファイア内で溺れかけるシーンを重ねるといった遊び心も忘れない。とてつもなく完成度の高い脚本。脱帽。