ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

はち

はちの感想・評価

3.5
初IMAXで観賞。

画面大きいし音響が凄くて途中、私も一緒に撃たれた気分になりました。
寝た!(・ω・)

寝たらもったいねぇ!って言った自分を殺したい。。。

監督をはじめ、この映画に携わった全ての人に心からお詫び申し上げたい。。。


開始30分ぐらいで....


寝た!!!

そっと封印!!!
SACHI

SACHIの感想・評価

3.3
この映画、音響すごい
恐怖の連続
迫ってくる恐怖や喜びへの効果音、音響はすばらしいと感じた‼

後半、目が離せなかった
Insop

Insopの感想・評価

3.0
第二次大戦中のフランス北端の街ダンケルク。街はドイツ軍に包囲されつつある中で発動したのはダイナモ作戦。それはヨーロッパ大陸に駐屯しているイギリス軍とフランス軍をイギリスへ脱出させる作戦。なんとかイギリス軍の駆逐艦に乗り込み逃げようとする若いフランス軍兵、イギリス空軍スピットファイターのパイロット、イギリスの港からドーバー海峡を越えた先のダンケルクに向かう遊覧船業の親子の三場面を軸に「ダンケルク大撤退」を描いた作品。

非常にセリフの少ない作品です。
その分、わざとらしさが消え、リアリティが増してます。

沈没する船、尽きていく戦闘機の燃料、ハインケルによる容赦のない上空からの掃射などが恐怖をあおり、戦争の不条理を示しています。

反面、ドラマ性に欠けるのは否めません。

臨場感たっぷりの名作ドキュメンタリーを観てるような感じ。

絶望的戦局下、ダンケルクからの撤退を描きつつ、紡がれていく希望を表現した秀作。
すごい独特なストーリー構成で好みの分かれる作品だが撮影や音響にセンスを感じた。面白くはないが死ぬまでに1度は観るべき作品。
ヒサ坊

ヒサ坊の感想・評価

2.5
う〜ん、ちょっとよくわからなかった(^_^;)もうちょっと勉強してから見ればよかったかなぁ?(^_^;)
石

石の感想・評価

3.5
常に分かりづらい恐怖が付きまとっていて、その正体が現れるのは一瞬。それが去るとすぐにまた別の恐怖が辺りを覆う。ふとした弛緩の度に身を引き締めなければならず、結局緊張感が解かれることはないという精神状態を体験することができる。希望さえ人間の精神によって無視され、絶対に手放しで幸福になることができない絶望が、人生があるとはっきりと描かれており感謝します。
登場人物が皆どこかに良心があり救われると同時にそれでも戦争をするしかないということが恐い。
30万人救っただけで悦に入るなよとは思うけど救出作戦を描いた映画だとしたらこの終わり方で納得です。
絶望が人間の精神によるものなのであれば、希望もまた然りなのです。
この映画は、WW2の実話をベースにした話らしい。
民間人も自ら志願して、孤立した36万人の兵士を救出したという。

戦争映画でありがちな、感動を押し付ける感じが少ないのは悪くない。
たぶん、あえてそういう作りにしたんだと思う。

自己犠牲の精神や、生か死かという場面で、状況に応じてベストを尽くそうとする人の健気さが素敵。見て良かった。

あと思ったのは、クリストファーノーランはやっぱり時系列の使い方が上手い。
別の時系列の、水難のシーン同士を繋げたり。緊張感倍付け。

ただ実話ベースとはいえ、もっとエンタメに振ってる映画の方が好き。
koki

kokiの感想・評価

3.8
2018年11本目

緊迫感伝わる映像と音響が素晴らしかった。実写にこだわるノーラン監督ならではの味がよかった。
くわこ

くわこの感想・評価

4.5
映画館で見た方が良かったな。

海から空から陸から敵が攻めてきて帰るにも帰れない40万人。
助けに行くため小型船まで駆り出される。細かい描写のどこまでが本当かわからないけど、助けたい思いや、帰ってきただけで万々歳、最後まで仲間を助けに行くシーンは感動。

時間が遡ったり、現在に戻ったり、また違う視点から撮られていたりと慣れるまで時間がかかった。でもわかり始めると「この場面、こうだったんだ!」と思えて楽しめる。
>|