ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

もちゅ

もちゅの感想・評価

4.0
なんかよくわからないけど後半泣いた😭

前半は、すくってはこぼれすくってはこぼれ・・・

民間の船に助けられたパイロットの目が綺麗すぎた。


辛い時に助けがあるっていい。
アツシ

アツシの感想・評価

4.0
助かるために船にのり、沈められ、また船にのり(´・ω・`)
残酷すぎる
りんご

りんごの感想・評価

3.8
第二次世界大戦
ドイツvsイギリス、フランス

実話を元にした作品
沈黙や息遣いがリアルで臨場感がある

同日にチャーチルの映画を観たが、
より詳しく理解できるのでオススメ
戦場独特の緊迫した空気が肌で感じられるような、戦争映画として良質な作品でした。
第二次世界大戦中のダンケルクでの救出劇を知る史実的にも、アトラクション的なエンタメ性がありながら、戦争の恐ろしさを思い知るコンテンツとしてもとても良い映画だと思います。
直接的な表現は無くとも戦争の残酷さが痛いほど伝わってくる映画で、かつ戦争映画としてとても観やすい類なのでこれらのジャンルが気になる人にはオススメな映画です。
Chiaho

Chiahoの感想・評価

-
機内にて。
第二次世界大戦ものをこの時代に見たのは面白かった。
ヨーロッパではこんな感じだったのかと。
Train

Trainの感想・評価

4.1
ちょうど今日プライベートライアン見て思い出したこの映画

明らかプライベートライアンと違うのはバイオレンス描写が無いこと。
ノーラン曰く、ダンケルクは撤退作戦であるから従来の戦争映画のようにホラー(血)で語るのではなくサスペンス(時間)として語りたかったかららしい。
と言いつつも逃げ惑う主人公の兵士よりも攻撃する方のトムハの戦闘機パイロットの方に焦点を結構当ててた気がする。
「撤退作戦」がテーマなはずなのに最後の最後に戦闘機パイロットが美味しいとこ持っていくのどういうことやねん!と言いたい。(と言ってる自分もトムハのラストシーンはかっこよすぎてそんなこと忘れてた)

ノーラン特有の複雑な時間軸操作は勿論、ほぼノーCGにIMAXカメラのあの映像、音響…全てが良かった。今までIMAXで見た映画で一番良かったと思う。最初からドキドキが止まらなかった。

公開初日に大阪万博IMAXで見に行ったけど、あんなに席があるのに殆ど空いてないなんてSWエピソード7以来じゃなかったかな?

ノーラン作品コンプリートまであと3作。
Tatsumi

Tatsumiの感想・評価

4.0
これ見た1週間後にフェリーで大阪から九州に移動したんですがその時思わず避難経路確認しました。笑
観てる間中ずーっと緊張を強いられる。
特にカタルシスもなく、映画として収拾つけた感が否めなかった。
satton

sattonの感想・評価

3.9
映像ももちろんだけど、音のリアリティに圧倒されました。ライフルの軽く乾いた音とか、飛行機のエンジン音(ロールスロイス製?)とか。映画館で見なかったことを後悔しました。
ドラマ要素を排しているようでいて、しっかりしたメッセージを感じられるのも良かった。
Roxmaster

Roxmasterの感想・評価

2.5
ジャカルタ-羽田 ANA便で鑑賞
台詞A4一枚分くらい。
監督が言葉無しで伝えたいことが伝わらなかった方の人です。
>|