少女の作品情報・感想・評価

「少女」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

1.8
原作は未読。

最初のうちなぜか頭の中で混乱が続いて映画に入れなかったのは敦子の人物設定が原因だと思う。剣道で日本一になるようなトップアスリートはその練習の厳しさ、自己を律するストイックな生活ゆえに肉体はもちろん精神的にも並外れたスーパーマンレベルにあるはずでLINE いじめに興する女子高生のようなしもじもの連中とは生きている世界が違うはず。それも武道である。
原作者である湊がこの登場人物履歴を設定したのは原作者のミス、かつ山本をキャストにしたのは明らかに監督のミス。 

後半次々に判明する繋がりはまさしくイッツアスモールワールドであり、少女らの希望である「世界は広い」の真逆であり少し失笑。

とか突っ込みどころ満載の典型的な原作依存型話題最優先邦画なのであった。
mami

mamiの感想・評価

2.4
原作の小説は面白いんだと思う。
本田翼が観てられない。
ペティ

ペティの感想・評価

2.8
湊かなえさんの作品はいつも映像がモノクロよりでミステリー感がすごい。
新田真剣佑さんを探していたら出会った作品なのですがこのような役を演じてたとは…
全体の感想としては少し物足りない感じでした。
主人公の役柄の使い分けが難しいんだろうなって思った。厨二チックなところと、心の柔らかいところ。
世間は狭いなって感じさせる設定は、湊さんの小説の設定なんだろう。
バラバラなものがまとまっていくのは面白いと思った。個人情報流出のところに若干の無理を感じた箇所はあったが、面白かった映画。
SAKI

SAKIの感想・評価

3.4
ゆきが山本美月であつこが本田翼だと思ってたら逆だった
原作未読
湊かなえ原作、という時点でモヤモヤするだろうなとは思っていた。
その予感は当たらずとも遠からず、といった感じ。
前半の世界観や映像は好きなのだけど、うーん。
ただネットのレビューを見ると前半はだるいけど後半は面白いって人の方が多かったので、おそらく私の感覚がずれているのでしょう

個人的には色々と惜しいと感じる作品でした。悪くはないけど。(何様)
予告やキャッチコピーで感じたこととまるで違う感じで(特に後半)
さらに主人公2人の友情というか絆の描写を結構省いてしまっているので
夏休みに彼女たちが行った場所も唐突でしかなかったし、ラストのあの子も、うーん
描写で見せて台詞で描かないことと単なる省略は違うので
そこはもう少しきちんと見せてほしかったなぁ。
私が雰囲気や行間を読めてないだけなんだろうか

あ、ちなみに稲垣吾郎さんが高雄孝夫(たかおたかお)という普通のおじさんの役で出ています。
ふつうのおじさん、という設定なんですけど私にはやっぱり普通には見えませんでした・・・
夜のテラスで背中を向けてお茶を飲んでいる場面なんてロイヤルすぎて思わず笑ってしまいましたよ(笑)
まわって、かえる。
YM

YMの感想・評価

4.1
お気に入り
山本美月がとにかく可愛い
brouillard

brouillardの感想・評価

2.5
これは、予告編で煽り過ぎちゃったやつですね。

とは言え、面白い部分もあって、その面白い部分は原作由来で、そうじゃない部分はそうじゃない、映画オリジナル。小説を映画に変える難しさをここでも感じた。

あと、ちょっと思ったのは「本当は怖い女子高生」を描こうとした?

うん、でも、もう、それ知ってるから、驚かないし、ショックでもないし。

稲垣吾郎が出てますが、存在感が半端ない。よく出演してくれたなっていうか、よく出演依頼したよなっていうか?w
>|