YOU

映画 聲の形のYOUのレビュー・感想・評価

映画 聲の形(2016年製作の映画)
3.4
聴覚障害を持つヒロインに対するイジメがテーマ。
しかし、その重い作風とは対照的なアニメーションがとても美しいので、ずっとズッシリしたものを見せられる感覚も無かった。
今作は学園ドラマでもあるが、その人物配置が非常に現代的だった。徐々に本性が出てくる中で、あいつ最高!って思えるキャラからあいつ最低!となるキャラまでおり、自分を当てはめてみたくもなった。
ただ、いまいち主人公に感情移入が出来なかった。中盤で、過去に行ったイジメの罪悪感から自分の中である決断をするシーンなど、主人公が追い込まれるシーンがあることにはあるが、もっと「ざまぁー」感が欲しかった。ヒロインに感情移入した側からすると、主人公と元々親しかったあいつらとか、自分を常に正当化したがるあいつとか、そもそもあんなにヒロインを小学生時代に苦しめた主人公に対する「ざまぁー」感を足してほしい。
しかし、最終的には作品の持つメッセージも伝わってくるし爽やかに締めくくってくれるので、観終わった時にはそういうモヤモヤも無かった。