ひかる

映画 聲の形のひかるのレビュー・感想・評価

映画 聲の形(2016年製作の映画)
4.4
失われた存在意義を旧友との再会を機に再獲得する話に思えた。
聴覚障害者が来てからクラスの交友関係が崩れた、誰が悪いのか、誰に非があるのか、一見明確そうだが反面内面は非常に複雑。
登場人物等のキャラクターがタイプだってリアルに描かれていて、自身の過去の友人からそれぞれ同タイプを当てはめるのも容易だった。
兎に角面白かった、ただいじめっ子がターゲットの聴覚障害者と恋に落ちてーーとか単純な話ではなく、友人とはという広い範囲でのお話だったのが良かった。良作です。


ラストの演出いいですね、本当に聴こえてなかったのはっていう。