くーちゃ

映画 聲の形のくーちゃのレビュー・感想・評価

映画 聲の形(2016年製作の映画)
3.7
美しい背景に可愛いキャラクター、それとは反対に、かなり重い、メッセージ性の強い作品でした。

こういう作品をレビューするのは苦手です。
何と言っていいのか…

イジメ、人間不信、自己嫌悪、そんな自分は生きていていいのか…
いろんな思いがぐるぐる巡って…


もしこの映画を学生の頃の私が観ていたら、今とどう違った感想になるのだろうか。
( -᷄ω-᷅ )💭

リアルタイムに似たような問題に直面している子供達だったらどうだろうか。

人と人との関わりは、子供のみならず、大人になっても、ずっと悩んで行くもの。

劇中に表現される顔に✖は、なるほどですが、なかなかの衝撃でした。

癒し系の永束君がいなかったら、最後まで観なかったかもしれません。
凄い作品だと思いますが、好きではありませんでした。