けい

映画 聲の形のけいのレビュー・感想・評価

映画 聲の形(2016年製作の映画)
4.1
原作で泣いて、映画でも泣いた。

他人にどう接したか、それが良かったのか悪かったのか。意思疎通の難しさが様々な角度から描かれる。

何気ないかもしれないけど、手話をしている主人公を観ただけで涙が出てしまった。

この作品の見どころは、人は失敗をして、それを乗り越える努力をするところ、だと思う。

失敗したから分かること、それしかないのだから。自分の失敗、人の失敗に寛容でありたいと思える、そんな作品。