Keisuke

映画 聲の形のKeisukeのレビュー・感想・評価

映画 聲の形(2016年製作の映画)
4.2
人に優しく出来る人は人の痛みを知ってる人だと常々思う。
それに加えてこの映画を見て伝えることがいかに難しいかを改めて思い知らされた。
コミュニケーションの方法は多種多様であるが故に誤解やすれ違いも多い、相手と向き合って積極的にその人を知ろうとする心持ちでそれは無くなっていく。そうして信頼や絆が生まれる。今僕と仲良くしてくれる友達をもっと大事にしたいと思ったし人に興味を持つことも大切だと感じた。