映画 聲の形の作品情報・感想・評価

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置…

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

すごく期待してました。
「たまこラブストーリー」もすごく良かったし、aikoも好きだし。

でも正直、面白かったけど期待はこえられなかったかな、という感じでした。


自分は原作未読なのですが、原作を読んだ方が、”色々省いてる”ってのよく言われてて、おそらくそこも関係してるんだと思うんだけど、
説明し過ぎだったり、逆に消化不良だったり、原作を2時間半の映画にする時点の交通整理がうまく出来ていない印象でした。

「たまこラブストーリー」のときは”上昇のイメージ”だったり、あえて音楽と映像だけで表したり、あんなに巧みな語り口だったのに、、。今回はどこかとっ散らかった印象でした。

原作からの適切な取捨選択ができてない、という事なんだと思います。
もしくは原作未読なので断言できませんが、原作そのものが自分に合ってないのかもしれません。


たとえば、「友達になれるかな?」が大切な台詞のはずなのに、変に告白させるからテーマがぼやけるんじゃない?(西宮が将也に好意を持ってる事自体は良いと思うのだけど)とか、この尺ならもう少し登場人物を絞るべきでは?とかいくつか引っかかりました。

心に残るセリフはいくつかあったし、見て良かったと思える好きな映画ではあるのですが、それだけに色々整理不足なのが少し残念でした。





※ここからラストのネタバレ含むので、これから少しでも見てみよう、と思われてる方はご注意ください。









ラストについて。
”顔の✖︎が剥がれる”っていう演出は好きだし、すごく良かったのだけど、

それをやるなら中盤で中途半端に✖︎を剥がしたりしない方が良かったのでは?と思いました。
”仲良く話したりしてるけど✖︎はついたまま”で良かったと思う…。
実際には✖︎が付いてたりついてなかったりで良いんだけど、”✖︎が剥がれる”っていうのはラストだけにした方が良かったのでは、、



色々光るところはあるのに、”ここをこうしてくれたら”が多い映画でした。
次回作期待してます。

牛尾憲輔の劇伴は良かったです。
本人も語ってたけど、あえてピアノに手が擦れる音とか、ピアノの内部でハンマーが叩かれる音とかもマイクで細かく拾って録音してる感じ。劇場で聞くと気持ちいい。
ますこ

ますこの感想・評価

4.1
胸が痛い…😭
手話を少しかじっていますが、あそこまでできるようになった石田くんは相当繰り返し手で頭で学んだんだろうなと泣きそうになりました。序盤から←
私も大人になってからろうの友だちができたけれど、小学生で出会っていたらこうなっちゃうのかなーと妙にリアルで怖い。
こう思うのもあれかもしれませんが、いじめた側も後ろめたさや嫌な自分とずっと向き合っていかなきゃいけなくて辛い。
自業自得といえばそうだけども…
誰しもが自分と闘っているんだなぁ😭
上手く描かれていて胸がいたい←

でも大人になってもずっと引きずるより高校生で向き合えて良かった。
妹素晴らしいね。本当に泣ける。
京アニ綺麗で好きです!京都行きたい。
見ている間、ずっと心が痛くて震えて苦しくて。それでも彼らの青春、生活は続いていく。
まだ話し半ばに差し掛かってもないのに涙が自然と溢れてしまっていた。
自然に握りこぶしを作ってしまったり。
自分の学生時代に当てはめていて
思い返して苦しくもなった。
子供って、悪気がないとこが残酷でいつのまにか傷付けていて。それがずっとずっと残ってわだかまって、そのまま大人になって抜け出せなくて、自分が嫌いで、社会や他人のせいにしないと行きていけなくて
情けないけど、自分ではどうしようもできなくて、無力な自分に腹が立って行き場のない怒りをどこにもぶつけれなくて。
ずっと"家"の中が楽で。1人で居て。
けど、すごくすごくその楽なことが不安になって。最終的には家族や友達が救ってくれる、と信じている。自分から動けない。
わかってはいるんだ。
頭の中では。心の中では。
ほんの少しの勇気でガラリと身の回りの世界が変わるのをその時は気付いてないのに。
ああ、なんであの時もっときちんと勉強して、学校行って、友達作らなかったんだろうか。いじめも無かったのにな。
ただただ、友達もいない。うんこもらし+授業中に気分悪くてゲロったくらいなのに。クラスメイトが片付けて助けてくれたのに、周りの目ばかり気にして行かなくなって、行きにくくなって。
人の顔を、学校の人たちの顔をしっかり見て話すらできなくて。
小学4年から中3まで首を縦横に振る動作がほとんどで。人に声をかけることをしなくて。苦しかったなぁ。

だから、今、洋服売る仕事してがっつりお客さん、同僚、上司、バイトの子にペラペラと顔を見て接客したり、世間話したりお喋りになったのかな、なんて。
あの頃の自分からすればあり得ないんだけどなw

なんて!
昔のことを思い返しましたが。
映画として、お話として、とても素晴らしかったです。西宮さん、、苦しいのにな。とても強い女性だなぁ。周りが彼女によってまた色々心情変化していって。
主人公がほんと、自分とシンクロしそうで苦しかったけど。涙が止まらない。凄いデリケートなところだけど、この物語は沢山の人が見るべきだと。
はい。
ふぅ。
いぶき

いぶきの感想・評価

3.9
観てて息が止まった映画あんまない
めっっっっっちゃ面白かった
見応えあった
綺麗だった
繊細だった
衝撃だった
気持ちの移り変わりがとてもとても好きだった
語彙力なくて言い表せん
>|