映画 聲の形(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:129分
    監督
    山田尚子
    原作
    大今良時
    キャスト
    入野自由
    早見沙織
    悠木碧
    小野賢章
    豊永利行
    松岡茉優
    金子有希
    石川由依
    潘めぐみ
    あらすじ
    ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

    「映画 聲の形」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/09/21
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    すごく期待してました。
    「たまこラブストーリー」もすごく良かったし、aikoも好きだし。

    でも正直、面白かったけど期待はこえられなかったかな、という感じでした。


    自分は原作未読なのですが、原作を読んだ方が、”色々省いてる”ってのよく言われてて、おそらくそこも関係してるんだと思うんだけど、
    説明し過ぎだったり、逆に消化不良だったり、原作を2時間半の映画にする時点の交通整理がうまく出来ていない印象でした。

    「たまこラブストーリー」のときは”上昇のイメージ”だったり、あえて音楽と映像だけで表したり、あんなに巧みな語り口だったのに、、。今回はどこかとっ散らかった印象でした。

    原作からの適切な取捨選択ができてない、という事なんだと思います。
    もしくは原作未読なので断言できませんが、原作そのものが自分に合ってないのかもしれません。


    たとえば、「友達になれるかな?」が大切な台詞のはずなのに、変に告白させるからテーマがぼやけるんじゃない?(西宮が将也に好意を持ってる事自体は良いと思うのだけど)とか、この尺ならもう少し登場人物を絞るべきでは?とかいくつか引っかかりました。

    心に残るセリフはいくつかあったし、見て良かったと思える好きな映画ではあるのですが、それだけに色々整理不足なのが少し残念でした。





    ※ここからラストのネタバレ含むので、これから少しでも見てみよう、と思われてる方はご注意ください。









    ラストについて。
    ”顔の✖︎が剥がれる”っていう演出は好きだし、すごく良かったのだけど、

    それをやるなら中盤で中途半端に✖︎を剥がしたりしない方が良かったのでは?と思いました。
    ”仲良く話したりしてるけど✖︎はついたまま”で良かったと思う…。
    実際には✖︎が付いてたりついてなかったりで良いんだけど、”✖︎が剥がれる”っていうのはラストだけにした方が良かったのでは、、



    色々光るところはあるのに、”ここをこうしてくれたら”が多い映画でした。
    次回作期待してます。

    牛尾憲輔の劇伴は良かったです。
    本人も語ってたけど、あえてピアノに手が擦れる音とか、ピアノの内部でハンマーが叩かれる音とかもマイクで細かく拾って録音してる感じ。劇場で聞くと気持ちいい。
    nancyy
    nancyyの感想・レビュー
    3時間
    5.0
    やっと観れた
    音楽が牛尾さん....最高。。
    んん
    んんの感想・レビュー
    5時間
    3.6
    漫画を読んでみたいとは思いました。
    荒野のrollin棒
    荒野のrollin棒の感想・レビュー
    5時間
    3.5
    そもそも『聲の形』という作品は漫画という音の無い媒体でこのテーマに挑戦したことに意義があって、原作でボロンボロンに泣かされた自分としては映像化する必要は無いと思ってたし、全7巻でも目一杯な内容を2時間強で描くのは至難の技。

    実際映画を観てみると、危惧した通り本編のダイジェスト版みたいな仕上がりになってたね。彼らの映画づくりのエピソードもまるまるカットやから、何かを築き上げた様には見えへんし、良いと感じたところは全て原作の良いところ。登場人物を描くのにも圧倒的に尺が足りへんから、花火を打ち上げる為の着火剤となるエモーションも燻ってる。

    ただここまで文句を言っておきながらまたしてもボロンボロンに泣いてもーたし、故に涙の量が必ずしも作品の良し悪しの指標にはならんということも学びました。
    無茶な企画の割に一応筋は通ってるし、アニメのクオリティも高い。声優には詳しくないけど、各々とても役に馴染んでいたし、小学生時代の主人公を演じていた松岡茉優はめっちゃ良かったね。
    冒頭のMy Generationとaikoの選曲には苦笑い。被写界深度への理解も浅いし、もっとフォーカス送りを多用して視点の変化を利用するべきやね。

    音があるメディアやからこそ、音の無い硝子の視点で世界を描いて欲しかった。それこそ原作が目指した不可能性から可能性を描く『聲の形』やと思うねんけどな。
    あい
    あいの感想・レビュー
    6時間
    4.0
    最近では耳にしない日はないくらいの「いじめ」を題材にした作品。
    原作は違うのかもしれないですが、結構重たい話なのに、それぞれの関係修復というか、みんなの繋がりが出来る過程が軽いなという印象でした。きっと色々端折られているのだと思いますが、「え、こんな簡単に仲良くなっていいの?」と少し萎えてしまう部分がちらほらと…。
    小学生時代の頃の場面はとても辛かったです。しかし子供を持つ親の身としては、現代のいじめ事情を考えると他人事ではないなと感じました。
    ちきちきマシン
    ちきちきマシンの感想・レビュー
    6時間
    3.2
    主人公のうつむきな姿勢から終盤の解放された演出が綺麗で良かった
    けどもの足りない感があってよくわからない
    ももこ
    ももこの感想・レビュー
    6時間
    2.9
    原作未読だからかもしれないけど、置いてけぼり感がすごかった
    キギ
    キギの感想・レビュー
    6時間
    3.1
    めっちゃ期待しつつ観ましたが…正直全体的な雰囲気としては自分には合わないな〜と思った作品でした。

    テーマ自体の重さというか、幼少時代のストーリーはなかなか衝撃的です。目を逸らしたくなるような鬱な感じ。こういう現実あるよなと思えるテーマです。幼少期のこういうとこを描けるのはなかなか面白いなと思いました。

    ストーリーがはっきりしない感じというか、なんでこうなるのっていうのが残ってしまっていたのが一番合わないと思った理由です。なんでこれで恋愛に結びつくんだろうと思ったこととか…自分には謎すぎたな。

    うん、キャラクターの感情とか行動の理由がイマイチ理解出来なかったことがこのモヤモヤに繋がってるんだと書いていて気づきました。映画化のために駆け足になってる部分もあるのかな?
    mihofujita
    mihofujitaの感想・レビュー
    7時間
    3.7
    原作漫画もそうだったけど
    音が入るぶん余計に
    胸がずっと苦しい

    入野自由の声がピッタリだった!
    MUKAE
    MUKAEの感想・レビュー
    7時間
    3.4
    記録
    >|