映画 聲の形(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:129分
    監督
    山田尚子
    原作
    大今良時
    キャスト
    入野自由
    早見沙織
    悠木碧
    小野賢章
    豊永利行
    松岡茉優
    金子有希
    石川由依
    潘めぐみ
    あらすじ
    ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

    「映画 聲の形」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/09/21
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    すごく期待してました。
    「たまこラブストーリー」もすごく良かったし、aikoも好きだし。

    でも正直、面白かったけど期待はこえられなかったかな、という感じでした。


    自分は原作未読なのですが、原作を読んだ方が、”色々省いてる”ってのよく言われてて、おそらくそこも関係してるんだと思うんだけど、
    説明し過ぎだったり、逆に消化不良だったり、原作を2時間半の映画にする時点の交通整理がうまく出来ていない印象でした。

    「たまこラブストーリー」のときは”上昇のイメージ”だったり、あえて音楽と映像だけで表したり、あんなに巧みな語り口だったのに、、。今回はどこかとっ散らかった印象でした。

    原作からの適切な取捨選択ができてない、という事なんだと思います。
    もしくは原作未読なので断言できませんが、原作そのものが自分に合ってないのかもしれません。


    たとえば、「友達になれるかな?」が大切な台詞のはずなのに、変に告白させるからテーマがぼやけるんじゃない?(西宮が将也に好意を持ってる事自体は良いと思うのだけど)とか、この尺ならもう少し登場人物を絞るべきでは?とかいくつか引っかかりました。

    心に残るセリフはいくつかあったし、見て良かったと思える好きな映画ではあるのですが、それだけに色々整理不足なのが少し残念でした。





    ※ここからラストのネタバレ含むので、これから少しでも見てみよう、と思われてる方はご注意ください。









    ラストについて。
    ”顔の✖︎が剥がれる”っていう演出は好きだし、すごく良かったのだけど、

    それをやるなら中盤で中途半端に✖︎を剥がしたりしない方が良かったのでは?と思いました。
    ”仲良く話したりしてるけど✖︎はついたまま”で良かったと思う…。
    実際には✖︎が付いてたりついてなかったりで良いんだけど、”✖︎が剥がれる”っていうのはラストだけにした方が良かったのでは、、



    色々光るところはあるのに、”ここをこうしてくれたら”が多い映画でした。
    次回作期待してます。

    牛尾憲輔の劇伴は良かったです。
    本人も語ってたけど、あえてピアノに手が擦れる音とか、ピアノの内部でハンマーが叩かれる音とかもマイクで細かく拾って録音してる感じ。劇場で聞くと気持ちいい。
    ぴぐぴぐら
    ぴぐぴぐらの感想・レビュー
    8時間
    2.5
    ファーストデイ
    Fukuhara
    Fukuharaの感想・レビュー
    2日
    -
    なけちゃう
    なおっさん
    なおっさんの感想・レビュー
    2日
    4.0
    よかった。
    masa
    masaの感想・レビュー
    2日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    こういうアニメはあまり好きではないのだが、映画館で観れるので観てみた。ストーリーははっきり言って斬新でもなんでもない。障害を持った女の子といじめっ子が仲が良くなり心が通じるようになるというどこにでもあるストーリー。
    上野という女の子が性格が強すぎる。高校生になってまでなぜいじめるのか?ヒロインの硝子はいじめられすぎ。
    そしてあれ?と思うことが二つ。将也は小学生の時いじめっ子だったのが、急にいじめられっこになってる。その辺りの表現があやふや。そして彼の小学生の性格と高校生の姿はまるで別人。ちょっと最初は理解できなくて戸惑った。
    物語の設定自体、「聴覚障害の女の子」が出る設定で、最初から感動させようとしてるんだなと思ったり。思った通り、自殺をしようとしたな、とか。
    あと、映画が長すぎて中だるみした。なんか話が進まないところがあって、テンポが遅くなり飽きてきたところがあった。
    などなど、ツッコミどころが多かったのだ。

    でもね。なぜかわからないけど、何度も涙が出てくるのよ。涙がにじむ程度じゃなくてボロボロ泣くくらい。何度も泣いた。なぜかわからない。自分は結構冷めて見るタイプなので、お涙頂戴ならシラケるんだけど、最初のオープニングから、そして予告編を見ただけで、泣けるのよ。なんなんだろうこれは。観たばかりでまだ興奮冷めやらずなので良くわからないけど、表に見える物よりも見えてこない何かが、この映画にはあるのかもしれない。それが、心を突き刺しているのかも。だから、これを書いている今も、涙が出てきて困ってますww
    よっちゃん
    よっちゃんの感想・レビュー
    3日
    4.0
    10回ほど映画館で鑑賞。
    なかた
    なかたの感想・レビュー
    3日
    3.8
    原作再現
    中庭
    中庭の感想・レビュー
    3日
    1.6
    悠木碧さんの妹(兼弟)CVに敵なし。主人公の独白のみで進むものと思いきや、そんなこともなかった。
    >|