映画 聲の形の作品情報・感想・評価

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置…

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

ゼリーがめっちゃきれい
きさき

きさきの感想・評価

4.0
原作が大好きだったので京アニ製作と聞いて不安だったけど良かった。特典も嬉しかったし観に行って良かった。
本作も泣けたけれど原作ももっと事細かに描かれていて、少年少女の生きる事に必死なところが青臭くていいなと思った。もう少し若い頃に読みたかった、観たかった作品。
konchan

konchanの感想・評価

-
いじめられた過去のトラウマから立ち上がる。
身体障害を抱えながらも果敢に生き、周りへの優しさを兼ね備えた西宮が美しい。
はたからみるとそれすらも偽善に見え、自分を守るためだけの偽りの優しさに見えてしまうことが、むずかゆくも印象的。
原作既読。映画5本分は泣いた。とはいえ、決してお涙頂戴ではない。周囲の社会と向き合い生きていくことに勇気をくれる、すばらしい映画。
広い海

広い海の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

申し訳ないのですが、私には合いませんでした。


この先はファンの方は読まない方が良いかも知れません。



美術や音楽は素晴らしかったのですが、

「西宮さんにとって、本当に幸せな事は何なのか」を考えると、疑問符がつく作品でした。

この作品の中で、繰り返し語られる「自分自身を好きになって」という言葉が、私自身が嘘くさいと考えているのが、一番の原因だと思いますが、

結論から言うと、西宮さんにとって、本当の幸せは、そんなお題目よりも、「自分が嫌だと感じる事」をきちんと伝える事が出来て初めて、達成される事だと思います。

それを今か今かと待ちながら観ていたのですが、それが達成される事が無く終わったので、残念でした。

自分の嫌な気持ちを押し殺して、周りに合わせて波風立たない様にしているばかりだと、それは自分を責める事につながり、自分を殺す事につながるという事は示唆されていただけに、残念です。

母や妹から言わせるのでは無く、自分を主語にして、「私はアンタに虐められて、クラスの皆から虐められて、本当に辛かった。こちらは波風立たない様に仲良くしようとしたのに、それを踏みにじったアンタを殺したかった。補聴器はお金で変えるけど、私の傷の責任どう取るのよ!?」と主人公の男に伝える事が出来る方が、より西宮さんにとって幸せで、自尊心を高める事になったでしょう。

映画のままだと、都合のいいオンナで、とても幸せにはなれないと思いますよ。
何となく借りて鑑賞。
本当にリアルな描写、話の構成、映像の美しさ全て良かった✨✨

本当に引き込まれました。
また鑑賞したい作品です。
原作からどこをスポイルするかがネックではあるけど、それがすごく難しい作品だと思う。
いじめっこがいじめられる側になって消せない過去と葛藤して、希望を持てたと思った次の瞬間に暗い気持ちが胸に差し込んで…、といったような微妙な心理描写が原作は恐ろしく上手い。

映像の方が動画と声の両面で表現出来て、実際この劇場版もその良さがあるのだけど、濃厚な原作から出来るだけエピソードを抜き出そうとした結果、ただ展開が早くなりすぎてただのいい話程度に落ち着いてしまってる。
社会的に言われている善悪じゃないところで石田や西宮があーでもないこーでもないやってるのがこの作品の良さなのになぁ。
みさき

みさきの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

相手の気持ちを汲み取るとか、思ったことをはっきり言うとか、ふさぎ込まないで勇気を出して周りを見てみるとか、そういう「友達」と言える関係をつくるためのあたりまえのようで難しいことを、耳が聴こえない女の子を通してみんなが気づいていく映画と解釈した。だから私的にはいじめがどうとか、障害がどうとかはまた別の話で、この映画の主題はコミュニケーションなのかなと思った。
個人的に花火のシーンは、自分が2年連続で友達と観に行ったいろんな花火大会を思い出して、あぁみんなに会いたいなぁって泣きそうになった。あとはそこからのラスト30分はもう胸が苦しくて涙が止まらんかった。
最近では簡単に「コミュニケーション能力が高い」とか言うしわたしもたまに言われるけど、そんな薄っぺらい関係築くのなんか簡単で、私からしたら本当に友達と呼べる関係を築くのって相当価値観とか性格が一致する人とじゃない限りはありえないくらい難しいと思うし、コミュニケーションは1人じゃ生きていけない人間からする最大の課題だよな。。。知り合いを作るのってめちゃくちゃちょろいけど友達を作るの難しすぎる。。。(人間不信拗らせマン)
どの登場人物もいいところと悪いところがあって、人間の本質を本当によく突いてたし、それぞれの性格が全然違くて誰でも感情移入できる作品になってるんじゃないかと思った。
これは良かった♬
>|