映画 聲の形の作品情報・感想・評価

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置…

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

ゼリーがめっちゃきれい
Ami

Amiの感想・評価

4.8
泣けた。すごく良かった。
mame

mameの感想・評価

2.5
映像や音楽はすごく良かった。
ヘッドホン必須。
ストーリーやキャラクターは最初から最後まで好きになれん
The WhoのMy Generation流れてきて、ビビりました。
栞

栞の感想・評価

-
珍しくアニメ映画
しんどい
ああよかった〜とか薄い感想にはならない
anakuma

anakumaの感想・評価

4.2
素晴らしい

あんまムダない
説明せず一見でみせる大事さよ

以下
1.カメラと手話の機能
2.自転車の後ろに乗ってくる登場は
ありそうでなかった気がする
3 場面がセリフ(心情)リンク
ジェットコースター(佐原のくだり)
4一見
タイトルの通り、
音にすごくこだわってます。

川のせせらぎや夜空を飛ぶ飛行機の音まで。
そして、ラストシーン。

目だけでなく、聴覚でも観る映画。

映画館で見るか、音質のいいオーディオで見てほしい。
先にマンガを読んでいたのだけれど、ストーリー、伝えたいことはほぼほぼ変わらない。
ただし、やはり映像の美しさや音に乗せてストーリーを紡げるという点においてはアニメ映画という表現手法はとても有利だと感じた。

映像に反して、原作の内容もあって(当たり前)内容はとてもリアルで、幼さ故の好奇心からくる過ち、人の不器用さがよく描かれる。
主人公達は大人になり物心がつき、「何が悪かったのか?」「誰が悪かったのか?」を考えているのだが、私の考えとしては全員が悪く、全員悪くないのではないのだろうかと思った。
過ちを犯さない人間などいない、ましてや小学生という多感な年頃の「子供」であるのだから尚更だ。
大事なのは過去のしがらみを取り払って、しかし忘れずに進むことではないだろうか。

映画の内容は決して他人事ではない。
アニメ作品という解りやすい媒体を通して、人々が関わりたくない様な問題に切り込んだ、良作だなと思いました。
Hiroya

Hiroyaの感想・評価

4.5
名作。作画もいい。

思春期の頃に色んな立場(いじめの当事者だったり、同調者だったり)してて、今その事を客観的に理解してる人にはぶっ刺さる。逆に思春期の頃から変わってない人には何も刺さらないと思うから賛否両論ある映画だと思う。

あの時こうしてれば、とか大人になったらわりと早い段階で察すれるけど、思春期の頃の子供に求めるのは酷だし、そこを少し美しくドロドロ描いてる。

大人もいつまで経っても子供だし、自分の悪い所って指摘されたらムカつくし認めたくないし。

生と死という点では刺さらなかったけど、登場人物に共感しながら苦しく見る映画だったなw

とりあえず俺はましばや川井みたいな闇から逃げるやつがいっちゃん嫌いやwww
おもろかった
>|