映画 聲の形の作品情報・感想・評価

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置…

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

ゼリーがめっちゃきれい
yumi

yumiの感想・評価

3.3
子供って....
意外と残酷だったりするよね....

小さな子供の世界...

感受性豊かな世界.....


なつかしいなぁ~♪
seatea

seateaの感想・評価

4.0

見たくても見れなかった中の一つ
やっと見れた
深く考えさせられるなあと
でも何回もは見れないなあ…
つの

つのの感想・評価

4.0
原作と同じくいい作品
miumiu

miumiuの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

内容が重い
いじめは永遠になくならないんだろうなって思った
どうやって終わりにするのか
どうすれば許されるのか
小学生の時って見て分かるみんなとの違いに敏感で。違う人はいじめの対象になりやすい。誰でもあることで大人になると後悔する。大人でさえ他人の辛さとか相手の気持ちを考えるとか難しい。

ただいなくなれば解決するものじゃない
またそこから負の感情が起こって連鎖する
最後は前向きになれてようやく自分と向き合えた主人公に感動した
極上

極上の感想・評価

4.1
泣いた。
nk

nkの感想・評価

3.8
アニメ映画に抵抗があったのですが、予想以上に引き込まれました。面白かった!あと絵柄が好み!

聲の形というタイトルは、その通りだと思いました。ろう者が題材だからだと思ってたけど、それだけじゃなくて。他人に向かって突きつける言葉の惨さや、心に突き刺さる痛さ、他人に救われ、誰かを癒すこと、そういう言葉の持ちうる力を感じました。

川井さんが受け付けなかった…ああいう人嫌いです。見てて凄くイライラしたし、誰かガツンと言ってやれ!と思ったけど、特に何もなく終わっていって。そこがこの作品らしい所だと思いました。
誰かを変えよう、良い悪いをハッキリさせよう、嫌な性格を治そうってことが目的じゃない。変わる人は自分の意思で変わろうとして踠いて、自分を貫く人もいる。みんな自分の都合のいいように、自分が正しいと思う道を生きたいけど、そのための立ち振る舞いは1つじゃないと感じました。

誰もがこの映画の誰かに自分の過去と重なる部分を感じる作品だと思います。というか、私が重なったからこそ凄く作品に入り込めたのかな。選り好みせず、アニメ映画も見てみよう!と思わせてくれた作品でした( ´▽`)
かぴ

かぴの感想・評価

3.0
原作読んでた。
重みのあるテーマやストーリーと、それとは対照的にも感じられる、爽やかなオープニングや作中の穏やかな音使いが印象的。
 
キャラクターもそれぞれ個性的で、全体的に思春期の難しさがリアルに表現されている部分も多いように思われ、見応えも見る価値も充分。
>|