映画 聲の形の作品情報・感想・評価

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置…

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.8
泣かせるな〜ストーリーといいキャラといい!
泣けた
でも苦しくなる
m

mの感想・評価

3.3
思っていた以上に重めの内容だった。
SHINAME

SHINAMEの感想・評価

4.0
ハッピーエンド(?)だけどもやもやする。
登場人物全員に嫌悪感。でもそれが現実なんだろうな。リアル。

とても重い内容で、
すごくいい意味で裏切られた。

このレビューはネタバレを含みます

メモ
耳が聞こえない少女と
耳を塞いだ少年の物語
しょーちゃんがいい子すぎて、、、
拭い切れない過去との対峙。
人を傷つけることは、自分を傷つけていることと同じ。この映画の登場人物を見ていて、誰に自分の10代と重ねただろう。自分にとって、1番近かったのは、主人公だった。人をいじめてしまったこともある。それが原因でいじめられたこともある。程度の解釈の違いはあれ、自分の認識レベルの話でいうと、いじめの範囲に収まってしまう過去がある。

そして、登場人物を見ていて、自分の10代のときの同級生にも当てはめてみてしまった。そんな自分にとってのこの映画のハイライトは、橋の上にみんなが集まり、主人公がそれぞれの登場人物に吐き捨てたシーンだ。

あのシーンに至るまで、小学6年から高校生になるまで、それぞれの登場人物は色んなことを抱えながら、小学6年の時のことを抱えながら生きてきた。しかし、主人公以外、誰一人本質的な意味で変わった人はいなかったことが分かるシーンだった。そこにリアルを感じた。

書いている自分自身も暴論だと思うが、いじめた経験があって、それによって、いじめられた経験があって、自分は生きていてもいいのかと、生まれてこなければよかったと、心の底から思ったとき、人は変わる。変わらざるを得なくなる。そうしないと生きていけないからだ。

自分と関わる人はみんな不幸になってしまう。そんな経験をしないと分からないことがある。自分のせいにした登場人物、人のせいにした登場人物、誰のせいでもなければ、みんなのせいでもある、この矛盾。どちらに偏りすぎてもいけない。

状況が変わり、自分が変わったり、周りが変わったりする。良いのか悪いのかも分からない。どう変わるかは分からない。ただひとつ言えるのは、傷はないに越したことはない。でも、その傷こそが生きている証でもあるのだ。
がも

がもの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

良い映画でした。
漫画も読みたいと思った。

レビュー書き忘れて観てから二日経ったので少し間違った事書くかもしれません。

本筋とは違うけど、
幼少期に悪戯してる時点からもう硝子への好意があったのかな。
好きな子に意地悪しちゃう、みたいなのは描かれてなかったけど、
どの時点で将也は恋をして、どの時点で自分の気持ちに気づいたのか。

高校の手話サークルで結弦ごしに成長した彼女を見かけた時に一目惚れしたのかなぁ。
映画ではよくわからなかったのですが、主人公の彼女に対する微妙な気持ちの流れが気になった。

とりあえずもう一度見ようと思う
みー

みーの感想・評価

5.0
なにに泣いているのか分からないくらい涙が溢れてくる作品
yanopiss

yanopissの感想・評価

3.2
一人一人のキャラクター達の心情がリアル。「自殺」「いじめ」「コミニュケーション」 などの 社会問題をこの作品を観て再度 考える必要ありかな。
>|