映画 聲の形の作品情報・感想・評価

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

うさ

うさの感想・評価

4.1
2、3回映画館で観てしまった(*´ω`*)
なみだがとまらなかった
y

yの感想・評価

3.6
聲の形の原作がとても好きで、映画化されることが決まった時にあの素晴らしさを表現できるのか少し不安だったけど、京アニが制作することを知って安心した。

内容もやっぱりめちゃめちゃ面白かった。色々省かれているけどしっかりまとまってて、作画も素晴らしい作品。
Caiman

Caimanの感想・評価

-
記録用です
交錯

交錯の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

友達が観たいと言ったので映画館で一緒に。
自分も彼女もボロッボロ泣いていた。こどもって残酷だな、と思いながら、大人も残酷。死ぬことを選んじゃだめだよ、と思いながらもそうするしかないと思った彼女の気持ちは計り知れない。
とにかく入野自由さんの声がたまらなくて、彼の声の演技力に心を鷲掴みにされました。とにかく、すごい。
✍🏻✍🏼✍🏽✍🏾✍🏿
長期休暇終了後、三日目にして、社会人生活に穏やかな疲れを覚えて鑑賞。

「君に生きるのを手伝ってほしい」がドチャクソに名シーン。
いくつになっても生き方無免許運転というか、フリースタイルダンジョン感が拭えなくても、人生は長いので、少しずつやっていけばいいのではと元気になれる。



よくも二時間で作り上げられたものだと感服。
牛尾憲輔さんの音楽もちょうよくて、台詞もアニメーションにしては自然なトーンなこともあり、BGM代わりに何度でも聴いていられる。
藤井凛

藤井凛の感想・評価

4.0
京都アニメーションのお勧めは、ということで観た。事件まで京都アニメーションの作品は観たことがなく名前しか知らなかった。被害に遭った方々にお悔やみを申し上げると共に会社の再建に向けて尽力して欲しい。寄付もした。

小学校6年生。聴覚障害の転校生、硝子をいじめていた石田は硝子がいなくなったら逆にいじめられることになる。。
障がいのある子供をいじめる理由がよく分からなかったが、子供というには大きくなっているし、もしかしたら石田は当時から硝子が好きだったのか。それにしても陰湿。
一つのいじめが石田の人格に大きな影響を与え、高校生になっても人と上手く付き合っていけない。
顔をまともに見られない人達には大きなバツが付いている。石田は健常者だけど閉ざされた世界で生きている。
5年ぶりに硝子と再会し、石田にも変化が訪れるが硝子の耳が聴こえないことは以前と同じ。
思春期の人間関係の危うさと人との距離感、生きていることの意味、短い時間の中に凝縮されていてゆらゆらと何層にも重なり合っている。
不安定なバランスの上をこれからも歩んでいくんだろうと思わされた。

映像が綺麗で落ち着いたトーンで話しが進むがより深く心に刻まれる。
>|