映画 聲の形の作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

初めてアニメ映画見た
避けないでもっと見とけば良かった
これからは見ますわ
西宮さんがいい子すぎて泣けた。その一言に尽きる。あと登場人物の関係性が良い。
アフロはいらない。アフロなぁ、、
子どもたちと鑑賞。それぞれのキャラクターが生かされて、それぞれの感情も分かりやすく画に表されている。「その後」も観てみたい!
あおき

あおきの感想・評価

4.9
主人公が小学生の時にしてしまったことは許されることではないけど、自分がした事は自分に跳ね返ってくる事を知り、高校生になっても、過去から逃げずにしっかり向き合うことで自分自身を変えようと努力する姿には胸を打たれました。
どうしても視点上、西宮さんが”可哀想”と捉えがちだと思うけど、植野さんが観覧車の中で言っていたことは間違っていないと思う。
この映画でお互いがお互いを知ろうとすることが大切なんだと思いました。まさに最後のシーンだと思っています。あのシーンでは気付いたら自然と視界が霞んでいましたね。笑
「聲の形」は見れば見るだけ気付けることがあり、同時になにかを得ることができる素晴らしい映画だと思います。次にもう一度見る時は、また新たな視点からレビューがかけそうです!
sussu

sussuの感想・評価

4.7
切ない
原作も感動。素晴らしい作品。
映画版だとどうかなって思ってたけど
良い具合にまとめられてる感じ!
大事なところとか、感動ページはしっかりそのまま残ってるから原作ファンも十分楽しめる!
さささ

さささの感想・評価

2.6
虐めてた奴が後に虐められてた子に近づこうとするとか何様なん?きもすぎ、、あといろいろ不愉快なシーンが多かった。何が言いたいかもよく分からなかった絵は綺麗。

このレビューはネタバレを含みます

金曜ロードショーでやってるのを見かけて2回目の鑑賞。映画公開日に観に行ったくらい好きな映画。

思春期を切り取った映画ならどの作品にも言えることだけど、どこかに自分みたいなタイプの人間がいて悪い意味で共感をして心に刺さる。この映画も然り。他人に抱く、特に自分と違う人間に抱く違和感ってある程度歳を重ねたらその違和感の正体が嫌悪なのか興味なのかわかるようになると思うんだけど、小学生の石田達には西宮への感情をいじめという形でしか表現することができなかったんじゃないかと思う。冒頭の描写を見る限り、石田は初めから西宮が好きだったんじゃないかと思うし。じゃなかったらハブられはじめた西宮に「お前うざがられちゃうよ」なんてひっそりアドバイスなんてしないよね。
中盤、橋の上でみんなの身勝手さが嫌になって石田がみんなに吐き捨てる言葉、画面のこちら側の気持ちを代弁しているなって思った。私もその通りだとウンウンうなずいてしまったくらいには川井って鬱陶しく見えるんだよね、「偽善者だ」って。笑。でも結局偽善者なのはそんな石田に同調する私たちなんだろうね。作品柄弱者に見える西宮や石田ばかりを擁護しようとする幼稚な思考はナンセンスだなと反省した。

あとはもうね、西宮が爆裂に可愛いんだ。京アニすごいって感動した。純粋にみんなと友達になりたい、楽しく過ごしたいって思う西宮がまっすぐで強くて尊敬する。自殺を図ったのも結局みんなの関係を壊したことを悔いているからで、昔も今もみんな仲良しでありたいっていうスタンスが変わらない。小学生時代の西宮だけがずっと素直できちんと個人の良さが見えている。最後の、石田がふさいでる耳を開くと×印が剥がれて周りの音が聞こえてくる描写は、大事なことは自分から見ようとしないと見えないし聞こうとしなければ聞こえないってメッセージだと解釈してるんだけど、そう考えると西宮は音こそ聞こえてないけどみんなの気持ちをとらえているという意味では聴こえているなと思う。
映画の宣伝が西宮の言う「好き!」の場面であることや主題歌がaikoであることから恋愛映画だと思われがちというか先入観ある人が多いけど、実際は重たいメッセージを青春映画にカモフラージュさせてる倫理映画だなと思う。自分のだめなところも愛するしかないって西宮を抱きしめて言った川井は、皮肉か?って思ったけどまあ本当にその通りで、嫌な自分は受け入れて、変えられるなら変えて自分で自分を愛するしかないんだよなと思った。自己課題つきつけられてグウっつった。
各描写まとまりのない感想だけどとても好きな映画。一緒に観に行った友人が当時「えーなんかよくわかんなかったー('Д')」と映画館出てから言ってて面白かったな。ごめんな、誘って。
Kasumi

Kasumiの感想・評価

2.7
いじめてる側はいじめられてる側がどんな気持ちかなんかわからない。

自分がいじめられて、その側にたってどんな気持ちなのか気がつく

それで今までのことを反省するけどなかったことにはならない
LEO

LEOの感想・評価

4.0
漫画が連載されていた頃話題になっていただけある 良い作品 面白い面白くないというものさしではなかなか語れないが良い作品でした
人間の描き方が非常に丁寧でとてもよく考えられている 尺の問題で人物の背景は色々すっ飛ばしてはいるだろうが各自に割けられた時間はそれぞれ短いはずなのに各々がどういう人かがちゃんとわかる 多分子供でもわかる そこがすごい
前半この映画のキモとなるいじめっ子いじめられっ子の始まりの部分が子供目線で何ともない日常のようにほんわか描かれていてとても残酷で怖くなる いじめっ子もいじめられっ子もその周りの人もはっきりと善悪を示しておらず受け取り手に委ねているのが効果的 見終わった後共感や感動とは言えないざわつきが残る
原作をしっかり読みたくなった
川井は何故あそこまでクソ野郎に描かれているのか
haru

haruの感想・評価

3.0
素敵で綺麗なお話だと思う
自分はどの立場にもなったことあるけど、深い傷、罪に感しては、当事者と距離を置いて、穏やで安全な場所で時間をかけてゆっっっっくり癒していくものだと思ってたから驚いた、フィクションだけどさ
人間誰でも間違えるけど、許されようとするから苦しいんじゃないの、罪を背負って今後の行動改めればそれでいいよ、被害者の人生にわざわざ関わってひっかき乱すなよ、、、
あとかわいさんめっちゃ批判されてるけど、大多数があれでしょ
Moe

Moeの感想・評価

-
手話勉強してみたくなる!
小学生の頃からキャラ変しすぎじゃない?と思ったけど(笑)