ジャッキー君に恋してる

ウィッチのジャッキー君に恋してるのレビュー・感想・評価

ウィッチ(2015年製作の映画)
3.6
前から気になっていた作品☆

不気味で陰鬱なおとぎ話風ホラー。

衣装や景色の雰囲気からか、シャマラン監督の「ヴィレッジ」を思い出した。

"魔女"

ファンタジー作品に出てくるような魔法使いの格好をした魔女ではなく、森に住む"妖怪"や鬼"といった怪物的イメージの"魔女"が描かれていた。

娘を疑う両親の愚かさ。その背景には宗教的概念と、それに頼りきってでしか生きられない人間独特の弱さがある。

憎たらしい口をきく双子の子供。
まさに小悪魔の象徴。

"悪魔"や"魔女"は、別の人種などではなく、醜く変化した人間の心そのものを表すとも言えるのではないかな。

民話やおとぎ話をたどる事は、過去の行いを戒め歴史を重んじることでもある。

なぜ魔法使いが善なイメージなのに対し、魔女と聞くと悪のイメージが強いのか、この作品を観て分かった気がした。

*☆Keyword*☆
『舞い堕ちた天使』