ウィッチの作品情報・感想・評価

ウィッチ2015年製作の映画)

The Witch/The VVitch: A New-England Folktale

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる…

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

「ウィッチ」に投稿された感想・評価

ISに合流してく若者とかこんな感じなんだろうな。
UTAMETAL

UTAMETALの感想・評価

3.2
世界観はすごく良かった!魔女といういるか、いないか分からない者に翻弄される家族もいい感じで描かれていた。ただ、もう少しゾクゾクする怖さが欲しかった
観たよ

正にウイッチ!!
アーニャは相変わらず最高

疑心暗鬼に陥る家族の話でもある

時系列を別に考えるとまた面白いなぁ
女はこあい。
kinishiki

kinishikiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

これこわ…笑

今年公開のホラー映画色々あったけど、これが一番怖かった…(ある意味ね…)
今のところホラーばっかりなアニヤテイラージョイがピカイチ!この子の顔力まじ最高。「キャリー」のクロエちゃんを彷彿とさせるね。

まさかの魔女生誕ものにびっくりだし笑、いや〜これはなんとも胸糞だよ…でも振り返ってみると、面白かったなぁ…ってじわじわ…

宗教色強くて自分では分かりきってない部分が多いと思う。時間あけてもっかい観たい。
レンタルiTunes
ウィッチというかビッチ。
病的な親父が斧を振り回し、神経質なババアが金切り声をあげる。怖え双子まで登場して音楽がリゲティ風とくれば、これはもう黒山羊の皮を被った『シャイニング』なのである。
インディアン墓地だった場所に建設されたのがオーバールック・ホテルらしいが、本作冒頭の追放された家族が街を出て行く場面、馬車の荷台からの主観ショットでインディアンがこちらを振り返るのが印象的だった。
梨

梨の感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

うさぎはなに
パンズ・ラビリンスみたいだった。
原題のvvitchが伝承っぽさを出してていい。wがなかったらしい。
セイラム魔女裁判の。弟の病床でトマシンが魔女だと告発した双子がおかしくなっていたのがすごく魔女裁判に忠実だと思った。
お母さんの言うようにイングランドにいればなあと思った。宗教の云々で村を追放されて追い詰められた家族の間で魔女狩りが始まるのは、小さめのコミュニティの方が魔女狩りが過激だったっていうのを聞いたことがあるからなるほどと思った。
森とか双子とか山羊とか歌とか不吉なもののオンパレードでわくわくする。
魔女の解釈の仕方を色々に示してくれているかんじ。病気だったり集団ヒステリーだったり
あのシーンの、どれが事実の部分でどれが誰かの証言の部分なのかって考え出すとわからなくなる。
映像はとにかく絵画!素敵!
陰影が濃くて明暗がはっきりしてる。レンブラントとかルーベンスみたい。ルーベンスほど壮絶ではない。
とにかく人が綺麗!ブグローの絵みたいな白磁の肌。アーニャさん綺麗
画面の色が良い、寒そうで。
解釈も分かれそうな地味だけど良作。
セリム

セリムの感想・評価

2.9
魔女とはなんぞや?どこから来たんだ?
そんな映画。結構難解。。。

ドキドキ感はすごくあるんだけど、怖さはあんまり^^;
サスペンス・ミステリー的にはとても秀逸なんだけど……単純にホラーとしてはどうかなぁ〜。
魔女という得体の知れない怖さがうまく描かれていましたね。また、それによって翻弄される家族の様子が痛々しかったです。じわじわと面白かったな。
>|