ウィッチの作品情報・感想・評価

ウィッチ2015年製作の映画)

The Witch/The VVitch: A New-England Folktale

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる…

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

「ウィッチ」に投稿された感想・評価

魔女狩り伝承を基にしたお話
かと言って火炙りがどうだとか分かりやすい悪意云々のお話ではなく、もっとジワジワと猜疑心に責め立てられるような息苦しいお話でありました
暗いなあ大好きだよ

閉塞感
この時代の敬虔なクリスチャンったら、この世に生を受けた瞬間から罪人であり子羊であって、精霊の導きがなきゃもうほんとダメな存在であったようです
ですが神に許しを請えば請う程どんどん身動きのとれない状態に陥っていくように見えました
オーマイゴッドたまには救えや
(弟くんの解放シーンは救われたと言っていいんでしょうか、素晴らしく怖かった💦)

どのシーンを切り取っても薄ら怖いのに絵画のように美しくてアーニャちゃんは艶めかしく、流行のホラーとは一線を画した大人向け宗教色かなり強めのダークファンタジーでした

小さなコップが切っ掛けで生まれた猜疑心がラストを生んだんだな
ラストの余韻もすごく良かった
山田

山田の感想・評価

1.5
つまらん
だから何?てなる話
krk

krkの感想・評価

-
ハラハラするけど特に何も起きなかったです。
せがわ

せがわの感想・評価

3.3
地獄って感じ
こわくて雰囲気も良かった
魔女の不気味さが上手く表現されててよかった。
うみ

うみの感想・評価

3.6
宗教ってコワイという感想って、日本人だからなのかな
うに

うにの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なにこれぇ……
セイレムに代表されるピューリタン王道正統派本格魔女映画!と思っていたし実際ウィッチスペルなどはかなり資料を参考にしたらしいんだけど、肝心の話がちょっとなにこれぇ……
スリーピーホロウほどファンタジックでもなければジャンヌダルクほど史実感もない「よくある魔女の話」としてはまとまっている
低予算でここまでよく頑張ったねみたいな感じなんだろうか。薪割りが上手いし、ヤギも強い
バフォメットがどうのとかではなく、物理的に「これで刺されたら死ぬからヤギ怖いわ!」という印象が残ってしまった
ていうか見落としただけかもしれないけど双子どこ行ったの……
映像がすごく良く、演技も良かった
不気味な雰囲気に入り込んだ。
主題や演出もよかった
よかったしか言ってないけど
あとで解説を読んだらより整理されて面白かった
歴史や宗教により興味が出る作品
toshi

toshiの感想・評価

2.6
舞台はかなり昔。村を追い出された、厳格なキリスト教一家が、家族だけで家を建て暮らしはじめるたところに、魔女が様々な災いを起こし一家を不幸に貶める物語

魔女の存在も含め、時代背景や強い宗教的概念を押し付けられるので、日本人で気持ちよくこの映画を観れる人は少ないと思った。

魔女の存在が明らかになるわけではない部分や、キリスト教ならではの、動物と宗教の因果関係を後から調べて知れたのは良い経験でした。
宗教や、偏った世界観を覗きたい人はこの映画がぴったりだと思う
ゆり村

ゆり村の感想・評価

3.3
出てくるもの全部不気味だった……………
見終わって「魔女」調べたらめちゃくちゃ怖いしそれを忠実にこの映画で再現してるって思いました…うぅ

※スプリットに出てた女の子が金髪でめちゃくちゃかわいかったのが唯一の救い🙏
>|