ウィッチの作品情報・感想・評価

ウィッチ2015年製作の映画)

The Witch/The VVitch: A New-England Folktale

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる…

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

「ウィッチ」に投稿された感想・評価

魔女狩り伝承を基にしたお話
かと言って火炙りがどうだとか分かりやすい悪意云々のお話ではなく、もっとジワジワと猜疑心に責め立てられるような息苦しいお話でありました
暗いなあ大好きだよ

閉塞感
この時代の敬虔なクリスチャンったら、この世に生を受けた瞬間から罪人であり子羊であって、精霊の導きがなきゃもうほんとダメな存在であったようです
ですが神に許しを請えば請う程どんどん身動きのとれない状態に陥っていくように見えました
オーマイゴッドたまには救えや
(弟くんの解放シーンは救われたと言っていいんでしょうか、素晴らしく怖かった💦)

どのシーンを切り取っても薄ら怖いのに絵画のように美しくてアーニャちゃんは艶めかしく、流行のホラーとは一線を画した大人向け宗教色かなり強めのダークファンタジーでした

小さなコップが切っ掛けで生まれた猜疑心がラストを生んだんだな
ラストの余韻もすごく良かった
怖いです。宗教くさいです。悪いことばかり起きてお父ちゃんは娘を魔女じゃないかと疑い始めます。ああ怖。と思ったら黒ヤギが話しかけてきます。すえおそろしい。
Kosuke

Kosukeの感想・評価

3.5
弟の死に際カッコいい!
ムー

ムーの感想・評価

3.5
ホラーというよりは、歴史の教科書のような映画
独特な色味で静かに不気味さを増していく作りは、びっくり箱的な脅かし方に辟易してる自分にはちょうどよかった
バイオリンの弦一本で奏でられる不吉な旋律がとても印象的

無宗教な自分からすれば、申し訳ないけども宗教という存在そのものが一番のホラー
自分たちの都合のいいように全ての物事を決めつけで解釈して、そぐわないものは徹底的に排除していく
なんとも勝手で恐ろしい
ぽ

ぽの感想・評価

3.8
人が魔女へと墜ちる映画。
閉鎖的で陰鬱な世界に佇むアーニャテイラーが美しい。
スプリットといい、彼女はかわいそうな役が似合いますね。
R

Rの感想・評価

4.8
すすすすすげーーーーめちゃくちゃ面白い!!! 最近のホラーでこんな面白いのかなり久しぶりじゃなかろうか! 興奮でテンション上がってしまってるけど、映画自体はものすごローでダークな緊張感で、じわじわ来る系です。1630年アメリカニューイングランドにて、教会に反対したため破門になり、村からも追放されて、外れの森で自給自足の貧しい生活を始めた一家。過剰なほど厳格に神の掟に従って慎ましく暮らす彼らだが、突然森の中で自分らの赤ん坊が消えてしまう。それを皮切りに、次々と災厄が彼らに降りかかる。その原因が森に住む魔女の仕業であることは、結構初期の段階で見てる側に明らかになるのだが、彼らはそのことを知らないので、娘のトマシンに、コイツが悪魔に魂を売ったせいだ! と罪をなすりつけ始める。すると、トマシンは双子の兄弟が黒山羊と話してるのを見た! お父さんが嘘をついてるのを知っている! 悪魔の仕業よ! とやり返す。みんながスケープゴートをでっち上げ、疑心暗鬼のぐちゃぐちゃになっていくうえ、明日食うのに困るという赤貧状況も重なって、全員がおかしくなっていくという流れ。最初から異常なほど不穏だった空気が、どんどんどんどん重苦しく、ダークになっていく感じが、そういうの大好きな私からしたらホントたまらない。ショックで怖がらせるのでなく、自分をコントロールできなくなり我を失っていく人間の恐ろしさに、何度も何度も鳥肌が立った。あとやっぱ見てて思うのは、キリスト教にそもそも内在している思想の危険度。劇中でお父さんが言ってたけど、現世にいる人に対する愛への執着に苦しむよりも、神への愛を貫くべきだ的な。それはつまり、目の前の問題に取り組むのをやめて、いるのやらいないのやら分からんものにすがってしまおう、ってこと。それはどーなの。そら、お母さんもパニックになるわな。そして、やっぱり、問題の原因の所在が自分にあるんじゃなくて、ぜんぶ外部にあるって考えてしまわせるのが非常に恐ろしい。そうなると物事がうまく進まなくなったときに、すぐ諦観によってしまったり、魔女のしわざだ!ってなってしまったりするんだよね。それが大いなる悲劇に繋がってしまった歴史もある。そのいやーな感じがよく出てて、大いに見応えがあった。後半の断末魔の叫びと世界の飛躍はほんまにすごい。美しき戦慄のホラーに振り切る快感! さいこーーー!!! からのあのエンディングね。オレ的にはアレはハッピーエンドやわ。クリスチャンライフ過酷すぎるねんもん笑 映像の美しさも、音楽の不気味さも、全身全霊を喜悦で満たしてくれるたまらないホラー演出。これはどう考えても買いでしょう。この監督の新作が早く見たくてたまらない。
ゆうじ

ゆうじの感想・評価

3.9
「魔女はみんなの心の中にもいるんやで」というお話。
ぶっ飛び展開や、安易なオチはなく、正統派の古典的ホラーでした。
なんのために宗教はあるのか?
>|