ウィッチの作品情報・感想・評価

ウィッチ2015年製作の映画)

The Witch/The VVitch: A New-England Folktale

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる…

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

「ウィッチ」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.3
まず、とっても沈鬱で暗澹として重苦しい作品。

とっても敬虔すぎて我々日本人には着いていけないところもありました。

とはいえ、アニャ・テイラー=ジョイは注目女優なので、ということですが、彼女の主演作としてはこれが最初のようでやはりまだ「おぼこさ」が残っており、魔女と疑われ苦悩する生理の始まった頃の苦悩の少女を悩ましく演じています。

鑑賞中、些細なことなのですがとても気になったのが、家族の衣装でした。観た感じ当時の雰囲気なのですが、アップで映る衣装の縫製がどうみても現代風で、これってユニクロで売ってるんかいな?みたいな感じがずーっと気になって観てました。

あまりに強い宗教社会であるからこその魔女伝説は人間に様々な原因を見出そうとする欧州キリスト教社会、それに対して我々に日本人は人智の及ばない世界であることころの「自然」に様々な理由を求めます。

大きな価値観の違いがあり、とっつきにくい作品ではありますが、フォークロア・ホラー作品としてさっくりと観ることが出来ました。

アニャ・テイラー=ジョイの更なる活躍が期待されます。
らみ

らみの感想・評価

1.1
ストーリー、登場人物共に好きじゃなかった。なんじゃこりゃな映画。
ももそ

ももその感想・評価

3.2
暗い。雰囲気は良かったけど、どう見ていいかわからなかった…
満天星

満天星の感想・評価

3.3
魔女文化は嫌いじゃないので、まぁアリなんですけど、面白くはないわね。
アニヤテイラージョイいいよね
アニャ・テイラー・ジョイは可愛い。
武蔵野館 2017/7/27
ほくと

ほくとの感想・評価

3.9
映像・音楽・表情・声色・内容全部暗い、個人的にホラー映画のラストで一番衝撃的だったかも
tmtkhzm

tmtkhzmの感想・評価

3.7
熱心な信仰心と生活の不安から
疑心暗鬼になり
家族が崩壊する様が凄い。
ナコ

ナコの感想・評価

4.0
かわいそう(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
おちょくるチビちゃんもヤギも可愛い
>|