ウィッチの作品情報・感想・評価

ウィッチ2015年製作の映画)

The Witch/The VVitch: A New-England Folktale

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる…

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

「ウィッチ」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.3
まず、とっても沈鬱で暗澹として重苦しい作品。

とっても敬虔すぎて我々日本人には着いていけないところもありました。

とはいえ、アニャ・テイラー=ジョイは注目女優なので、ということですが、彼女の主演作としてはこれが最初のようでやはりまだ「おぼこさ」が残っており、魔女と疑われ苦悩する生理の始まった頃の苦悩の少女を悩ましく演じています。

鑑賞中、些細なことなのですがとても気になったのが、家族の衣装でした。観た感じ当時の雰囲気なのですが、アップで映る衣装の縫製がどうみても現代風で、これってユニクロで売ってるんかいな?みたいな感じがずーっと気になって観てました。

あまりに強い宗教社会であるからこその魔女伝説は人間に様々な原因を見出そうとする欧州キリスト教社会、それに対して我々に日本人は人智の及ばない世界であることころの「自然」に様々な理由を求めます。

大きな価値観の違いがあり、とっつきにくい作品ではありますが、フォークロア・ホラー作品としてさっくりと観ることが出来ました。

アニャ・テイラー=ジョイの更なる活躍が期待されます。
riko

rikoの感想・評価

3.8
ラスト凄いよね
ゆーま

ゆーまの感想・評価

3.5
タイトルwitchなのに、表記はvvitchにしてるのはなにか意味深ですね。調べてみよっと。
友達にはオススメできないけど、個人的には、独特な宗教色強い映画の雰囲気好きよ
もず

もずの感想・評価

3.7
アニャテイラージョイがかわいい
昔しの西洋の不気味さがじわりじわりとくる…
boubo

bouboの感想・評価

3.1
信仰のために、村と対立し追放となった家族。冬を越すために家族一丸となって新しい生活を始めたが…。

全体的に素朴さと薄気味悪さがあります。昔ならの言い伝えや伝承、考え方からの繊細な怖さが伝染してきて始終注目しちゃいました。
トマシン(姉)が可愛いです!弟との川で会話が素敵です。

双子とママが不安を煽ってくるからウガーとなりますが、ラストにかけてなんの仕業なのか…どんどん破綻していく様が見事です。
みぃ

みぃの感想・評価

2.5
鑑賞記録
この作品の怖さは想像力にあります。

逆に言えば、直接的にビビらせてくる描写というのはほとんどなく。
一般的なホラーというよりはオカルトに属する類の作品かと。
何より宗教要素の強さが実にオカルトしています。

宗教的な背景で描かれる陰鬱な雰囲気と漂う不気味さ。
家族そろって敬虔なカトリック信者というやつなんでしょう、神への祈りや信仰を大事にしているんです。
でもこの作品においてはその心神深さはむしろ折れれば脆い一本の柱。神が晴れ渡る青空を見せてくれることなんてただの一度もありません。あぁ無情なり。

神を信じているからこそ疑い、自分たちが心神深いと思っているが故の疑心暗鬼。
家族愛以上に神への信仰が優先されているんですかね?もしくは同列?だからなのか、もうとんでもないレベルでギスっています。

もはや狂気のレベル。


直接的にビビらせる演出はないんですが、社会から隔絶された環境下で、それでいてあんなギスギスした雰囲気の家族ですから、木々のざわめき、登場人物の一挙手一投足が想像力を掻き立ててきます。
ただの一度も晴れることのない曇天がさらに「なにかあるんじゃないか」といった恐怖を煽り、そのせいでかわいい動物でおなじみのウサギだってなんか怖い。


BGMと無音、環境音のコントラストが全てを包み込んで人間の孤独と未知への恐怖をずっしりと刺激してくるんですよ。
いやぁ気味が悪い。



欲を言えば一回でいいのでビジュアルでパンチのあるシーンが欲しかったですね。
謎と絶望を孕んだあのラストは嫌いじゃないが好きでもなく。
空気で感じる恐怖は散々味わわせてもらったので、そこにさらに“一目見てヤバイと思える何か”が欲しかったなぁと。
信仰心の相違から、片田舎で家族だけの生活を選んだ父親。

赤ん坊の失踪を娘のせいだと非難する母親。

思春期で多感な弟。

山羊と話せると豪語し、生意気で減らず口の双子。

母親からは辛辣な扱いをされ、父親からは魔女だと疑われる娘。

そんな彼らを取り巻く、黒山羊、ウサギ、そして、不気味な森。

災いは魔女のせいなのか?誰が魔女なのか?そもそも魔女は実在するのか??

何か起きそうで何も起きない前半。
観客の興味が尽きかけた絶妙なタイミングで怒涛の展開に雪崩れ込む後半と、
92分を巧みに演出する田舎オカルトの傑作!

雰囲気としては『悪魔の追跡』に近いものを感じるが、こちらの方が宗教色が強い。
しかし、それを抜きにしても、森の映し方に代表されるように、心理的な恐怖の煽り方が素晴らしい!
>|