ごえもん

ディナー・ウィズ・フレンズのごえもんのレビュー・感想・評価

2.5
四人二組の親友同士の夫婦のうち、片方が離婚するという事件を通して、結婚と友情は何かという問いかけと、それに対するそれぞれの答えを探す映画。

設定は面白いが、問いかけに対する掘り下げと人物の描写が甘い。結局夫婦生活とは堪え忍ぶものという何も新しさがない答えに落ち着いてしまっているし、その答えの説得力も弱い。
NYタイムズの評価が高いのはキリスト教の結婚観が強いアメリカだからか。
作業中に見るには耐える映画ではある。